カレンダー

2016
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

掲示板

掲示板の設定が行われていません

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

アニキが打てば止まらない!猛虎打線が燕圧倒

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100719-00000000-sanspo-base

(セ・リーグ、ヤクルト4−11阪神、14回戦、阪神9勝5敗、18日、神宮)アニキや!! 逆転や!! 連夜の猛虎祭りや!! 阪神は七回、金本知憲外野手(42)の右中間二塁打などで一挙6点を挙げヤクルトに逆転勝ち。スタメン復帰2戦で音なしだった役者の復活で、首位・巨人との差は再び0・5ゲーム。19日からは球宴前ラストの3連戦となる広島戦(甲子園)。聖地でも夏祭りは続きまっせー!!

 打った!!打った!!打った!! 終盤だけで奪いも奪ったり11点−。連日の猛虎祭に虎党の大歓声が神宮の空にこだました。

 中盤までのイライラをふきとばした七回のビッグイニング。6番・金本の一撃がつなぎになった。

 「大きい、大きい」

 真弓監督も手放しで称えた一打は一発でも適時打でもない。しかしその価値は6打点以上。主砲の一打が、大逆転を導いたのだ。

 ヤクルト・由規の剛球に“お手上げ状態”で迎えた、2点を追う七回無死一塁。1ボールから4球連続ファウルし、6球目。高め152キロを叩いた金本の打球が、舞い上がった。中堅右のフェンスを直撃する特大二塁打で、無死二、三塁。これで打線が目覚めた。怒濤の攻撃で6点。ひと振りで空気を変えた。

 16日のヤクルト戦から「6番・左翼」で復帰も2試合無安打。右肩の状態などを見て休みながら出場の方向だ。試合前に山脇守備走塁コーチとこんな会話があった。

 山脇コーチ「(負担のかかる)人工芝だし、様子を見るか?」

 金本 「出ます」

 “予定外”の3戦連続出場への思いを同コーチが代弁した。

 「安打は出ていなかったし出たいというのがあったんじゃないかな」

 四回一死ではバットを折られながら右前打。16打席ぶりの安打が呼び水だった。和田打撃コーチも変化を感じ取った。

 「1本出たことで、明らかにスイングが変わった。(七回は)ファウルのスイングを見て『ああ戻ったな』と思っていたよ」

 さらに、復活を予感させる一打は通算408二塁打目。あの川上哲治氏(巨人)に並ぶ歴代8位タイとなった。自ら「長距離打者ではない」と話す金本。本塁打、安打、打点ともトップ10に入っていない中、打撃の神様に並ぶ8位の価値は大きい。この日1つ加えた得点も、1358は歴代7位。一発長打だけではない魅力。それが偉大な数字に示されている。

 これで貯金は今季最多タイの11。巨人とは再び0・5ゲーム差に肉薄。

 「首位とかより、とにかく1つでも多く貯金を作って後半戦に臨みたい」と真弓監督は口元をひきしめた。

 守備面ではまだ万全ではない。七回の守備では青木の二塁打のクッションボールを誤った。カットマンへの送球もワンバウンド。出場は日々の状態次第だ。しかし、役者が揃った虎に、追い抜く準備は整った。

【フェチ情報サイト】 【風俗情報サイト】 【出会い総合サイト】 【婚活・ガールズバー情報】 【高収入サイト】 【派遣・出張・ネット・ホストサイト】 【厳選情報ブログサイト】 【高齢者の出会い情報サイト】 【無料ブログ作成サイト】
0
投稿者:a0y46r4r
1 | 《前のページ | 次のページ》
/1 
 

記事カテゴリ

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数
AutoPage最新お知らせ