マス。。  釣り

アジの詳細も無いままエリアフィッシングですょ。
道中道に迷う迷う、いい加減に地図を見てパンフレットを持って来ていない(笑)

員弁の山の中で迷う、明らかに道が無くなるタイプ(滝汗)
神社仏閣で突き当ったり・・・

釣り仲間を拾ってから走り出しているので3時間もかかりました(爆)
員弁のサンクチュアリー初参上。

待ち合わせに時間に 2名30分遅れ---
4300円を払い釣り場へ、プラグでは面白くないと言うコトでスプーン縛り。

開始するも反応無し、
しばらくすると 何か微かにじゃれている感覚が---

ジグヘツドは泳がないので竿先が安定する、
スプーンは泳ぐのでそれだけでストレスです。

あの擦れた感じをアワセにいくのか??
スレを掛けにいっている感じなんだが,,,

そんなことを思っているとフォールでヒット!
フォールで食えば気持ちいいですゎ。

この辺りからやっと魚がヤル気になって来たのか反応しだす。
レンジをつかむのは難しいと判断したので底狙いに、

すると何匹かゲットすることが出来た。
底が何とかなれば今度は表層(笑)

ハンズアップしながら水面直下を遠投で行うとボチボチ反応が出る。
エリアでこんな釣り方している人を初めて見たと言われましたね。

0.9gでは飛距離が出ないので1.8gを遠投して警戒心の薄いマスを
水面で食わせる方法です。

まぁこれも魚が移動すれば釣れないので色を替えウエイトを替え頑張りましたが
終始渋い状況はかわらず12-3匹で終了。

同行者はサイトで釣っていました。
サイトは苦手なので(見ずらい)パス。

一番の問題は勧められたフックで 始めから装着されたフックは大き目の太目、
進められたモノは細軸の小さ目、明らかに掛けバラシが多発したのでー

掛けバラシではないな、スプーンに魚が触るが針先が魚に触れていない。
軽量なフックが踊るのはないでしょうか?完全にフックの選択ミスです。

スプーンのフックを外しスプリットリングにスナップを通しそこにフックを掛けて投げると
すぐに釣れましたから間違いないデス。

触っていても掛からないのにとょっとイジったら釣れたのとバラシは増えました。
マスがスプーンにマジでチェイスしていないのにフックが軽量小型では難しいじゃね。。

また「無理やり」行きましたら検証して来ます。


本日鳥羽に行けたら行きます。
仕事をしてみないと行けるかわかりませんので,,,
0

マス。。  釣り

アジの詳細も無いままエリアフィッシングですょ。
道中道に迷う迷う、いい加減に地図を見てパンフレットを持って来ていない(笑)

員弁の山の中で迷う、明らかに道が無くなるタイプ(滝汗)
神社仏閣で突き当ったり・・・

釣り仲間を拾ってから走り出しているので3時間もかかりました(爆)
員弁のサンクチュアリー初参上。

待ち合わせに時間に 2名30分遅れ---
4300円を払い釣り場へ、プラグでは面白くないと言うコトでスプーン縛り。

開始するも反応無し、
しばらくすると 何か微かにじゃれている感覚が---

ジグヘツドは泳がないので竿先が安定する、
スプーンは泳ぐのでそれだけでストレスです。

あの擦れた感じをアワセにいくのか??
スレを掛けにいっている感じなんだが,,,

そんなことを思っているとフォールでヒット!
フォールで食えば気持ちいいですゎ。

この辺りからやっと魚がヤル気になって来たのか反応しだす。
レンジをつかむのは難しいと判断したので底狙いに、

すると何匹かゲットすることが出来た。
底が何とかなれば今度は表層(笑)

ハンズアップしながら水面直下を遠投で行うとボチボチ反応が出る。
エリアでこんな釣り方している人を初めて見たと言われましたね。

0.9gでは飛距離が出ないので1.8gを遠投して警戒心の薄いマスを
水面で食わせる方法です。

まぁこれも魚が移動すれば釣れないので色を替えウエイトを替え頑張りましたが
終始渋い状況はかわらず12-3匹で終了。

同行者はサイトで釣っていました。
サイトは苦手なので(見ずらい)パス。

一番の問題は勧められたフックで 始めから装着されたフックは大き目の太目、
進められたモノは細軸の小さ目、明らかに掛けバラシが多発したのでー

掛けバラシではないな、スプーンに魚が触るが針先が魚に触れていない。
軽量なフックが踊るのはないでしょうか?完全にフックの選択ミスです。

スプーンのフックを外しスプリットリングにスナップを通しそこにフックを掛けて投げると
すぐに釣れましたから間違いないデス。

触っていても掛からないのにとょっとイジったら釣れたのとバラシは増えました。
マスがスプーンにマジでチェイスしていないのにフックが軽量小型では難しいじゃね。。

また「無理やり」行きましたら検証して来ます。
0

鳥羽。。  釣り

9時半に走り出し11時半着。
ポイントは空いていたので即開始〜

風が微妙に吹いているけど問題無し、
今回は手持ちワームオンパレード。

チビキャロスワンプから、各色試すがオキアミ系カラーがアタリが出ますねー
でも食い込まない。

グローオキアミの青ラメ?でアジ確保。
アタリは出るが連続で乗せられない,,,

マサカのアタリでワンテンポ遅らせる、
ワンテンポ遅らせ過ぎると放される(汗)

半テンポに切り替える(笑)
上手くハマると掛かる。

ポツポツ追加するのがやっと・・・
ふと 足元にアジアダーのピンクが落ちていた、

誰?こんなところに捨てる輩は〜
そのアダーを使うと食うわ食うわ(笑)

小細工はしましたがアジアダーバブルピンク釣れました。
プチラッシュが終わった頃にT君登場〜

そして風が変に吹き出す---
微妙に釣りにくいがポツリ・・・ポツリ・・・

ここで私は場所移動、T君にその場を任せて他を調査。
ポイントに入ると風が巻いて微妙な感じ、

釣れ具合も微妙だな〜
夜明けまで微妙なままでした。

そしてタックルを試していてやっとハマった!
硬目に仕上がった竿を試していてジグヘッドも試しましたがリグった方が合います。

リグって遠投すると 遠くで見事に食う!
明るくなってからポンポンと追加してT君が合流、

分かれてから18匹を確保したらしい、さすが!!
明るくなってまずまずのサイズのアジが顔を出す。

そしてエソからのグ-フー終了〜
T君とお話しタイム。。

前半27匹、後半18匹で45匹でした。
キス1も居ましたね、T君お疲れさんでした。

やはり1本の竿で通すのは できないこともないが対応の幅が広がらない、
場所で水深や明暗の感じや流れなどが変化するのでアレコレ試さないとね。

なんでも買えば済むがそれでは面白くない、
なのでアレコレ悪あがきをするんです。

それで釣れるからね、釣れなかったらやるまでもない。
今回の激ショートはアワセが早く鋭く入りますゎ。

そして風さえ無ければ微妙なアタリもとらえるので少しティップをシェイプすればオツケー
全然イケるね。

もう少し遊んだら正規のブランクで竿を組んでみようかな。。
0

明日。。  釣り

仕事が9時終わりなので鳥羽に行くかな、
風が吹くだろうけど これが今シーズン最後の鳥羽になると思います。

次に行くのはエリアですゎ、
マスを釣ってもしょうがないですけどね。

北方に2回、サンクに2回、瑞浪に2回、6回も、
6回尾鷲に行けたら素晴らしい釣果が出ると思いますけど・・・

さぁ鳥羽の準備をしないとね。。
0

黄鰭。。  釣り

本日休みでドクター]デー(笑)
貯め撮りしてあったドラマを見てました。

完全休養で竿を仕上げてました。
そしてアジングロッドではなくキビレロッドが出来上がりました(汗)

あれ〜 硬めにはしたけどここまで硬いとは・・・
硬めのティップに はじめから軽めのガイドを組んだから硬さが強調されたね,,,

まぁいつでも削れるからとりあえずこのままでテスト釣行だな。
管釣りに行くか海に行くかどうするかね〜
0

詳細。。  釣り

釣ってる感覚では40匹ぐらいなんですけど、
並べたら60超え。

ココには前半で釣ったアジ6匹にセイゴ6匹が写っていません。
クリックすると元のサイズで表示します
帰ってからも写し忘れて魚をさばいてしましました(汗)

これで20匹さばいて刺身40切れ、
クリックすると元のサイズで表示します
この皿が3皿ちょっと出来上がるの以外にセイゴ・メバルが居た訳です。
差し上げたのですでに手元には魚はありませんけどねー

今回は爆風でしたが 誘ってからのポーズで竿を見ていなくても
小さく微かにアタリが伝わって来ました。

そんな中 竿先が クッ とオジギをしてもアタリが伝わらないタイプもあり
やはり見ていないとダメなのは確実、竿をカリカリに仕上げていませんのでそうなります。

地味なアタリが出るようにアレコレしている訳ですが、
その時の状況でジグ単だったりリグったりしないといけない。

派手なアタリはわかりやすがバレる確率が上がるのであまり喜ばしくない。
それと魚を見失った場合に近距離の魚を効率的に狙えるようにしないといかんな〜

普通に投げて広く探ったラストで手前の魚に合わせているが手返し的には良くない。
それと逆のキャストからのフォールで違和感をアワセる場合、

フォール途中で食っているのだからレンジが上がっているのに気付くのが遅れやすい、
この前も3回途中で食って コレ浮いてないか?

カウント3から誘いを入れるとすぐに魚が掛かった、
カウント15前後まで沈めているのは時間がもったいない。

そんなことも今回は試せたので良かったのではなかろうか---
そして近距離用の竿を作ってます。

通常使っている竿よりワンガイド分短いかな、
それがどう影響するのか試してみようと思います。

鳥羽に行ければの話ですが。。
0

細太、、  釣り

今回は爆風を予想して走る道中、
鈴鹿辺りで雨が止む「マジかー」早く止まれると風が吹くので雨を推奨!

松坂辺りから雨!これでないと。
釣り場まで下道だったので3時間、高速代が浮いた。

釣り場に着くと小雨なので何とかなりそうだ、
しかしド干潮...カッパを着込んで投げ出すとすぐに雨が止む。

干潮で雨が止んで爆風が、
すぐに止むなょー

すぐに1匹アジが釣れたのでー少し空いてもう1匹、
風が巻いて釣りにくい。

遠くのアジを探していられないので中間に居るであろうアジに合わせていく。
すると違和感アタリが出る!これで4匹追加するが更に風が威力を増す。

アジは狙ってられないのでセイゴ狙いに切り替える、
すると食うは食うは!バレるバレる!

PEにすれば確保率は上がるが6匹キープで場所移動、
動いた先でも爆風が吹き荒れる。

ジグヘッド単体で魚を探すとポツリポツリとアジが釣れる。
なんともアタリがわかりにくい,,,

ラインがとにかく安定しない、
ロッドもそれに合わせて安定しない。

ここでソアレ軟を投入、そしてラインをエステルだが03に交換!
そしてリグる、ウエイトを調整して これでどうなるのか。

少しラインの扱いが楽になる、
底も取れる、そしてレンジが思い通りになると魚が掛かる!

ツ ヒット!- ヒット!いい感じに小さなアタリが出るので魚を追加していく。
軽い竿でティップを曲げてテンションを作り出すと風の中でもアタリが出せますょ。

それと02号より伸びの少ない03号が有利、
フロロにするほどでもないのでエステル03ゴ―(笑)

群れを見失うと水面に直下に居たり何とも難しい…
すると徐々にアタリが派手になってきた〜

リグが合わなくなって来たな、
わかってはいるがすでに夜明け前なのでそのまま通す。

時折ナイスな魚が掛かるがバレてしまう、
どうしてもアタリが派手になると魚が泳ぎながら咥えているのでバレるな〜

少しいいサイズはワンテンポ空けてアワセにいきたいのだが
竿が入ってしまってはアワセるしかない。

そんなコトを考えていると夜が明けてしまった。
それでもポツポツ釣れて7時半に終了〜

終わってみればアジ68匹でした。
セイゴ6匹メバル1匹で帰ってからアジを全て刺身にしたのでー

刺身136切れ、疲れましたね。
何とか釣れて良かったですょホント。

軽くて細い竿で太目のラインとのバランスでアタリが呼び込める、
カリカリな竿もいけどナチュラルな竿で掛けるのもアリですね〜

前回はジグ単でその前はリグで---とコロコロ変わる状況に合わせるコトが出来れば
鳥羽のアジは釣れますょ。。
1

急遽。。  釣り

琵琶湖のバス釣行が飛んだ!
爆風の予報なので鳥羽に行きます!

鳥羽も爆風なんですけどね〜
0

詳細。。  釣り

今回は なんだかんだ 苦労しました。
地味に深いレンジで食ったりするとバラしたりして〜

ブランクを選定して準備をしましたょ。
鳥羽スペシャル中近用ですね〜

珍しく現地で魚を並べました(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
今回は3匹ちょっと大きめが居ました。
20a弱ですけどねー でも少し大きいと太ってます。

明るい時間の方が魚のサイズが良かったなぁ〜
そして後半の釣果他です。
クリックすると元のサイズで表示します
やはりセイゴは癒してくれますょ、
暴風雨でも反応してくれてたすかりますょホント。

アジをさばいて〜進呈、
クリックすると元のサイズで表示します
一気に魚が無し!
なのでまた確保に行かないとね〜

そろそろアジフライを自宅で食べたいので次回は進呈無しかね。
自分で食べようと思うと釣れない、寒波襲来ですゎ...

そろそろ来月のシフトがわかると思うので作戦を練らないと、
と、その前にまさかのブラックですゎ----

付き合いとは言えいまさら琵琶湖なんて浮きたくない。
何でバスボートに連行されないといけないのか訳がわからん。

この風の吹く時期に長浜なんて風裏なんてありゃしない、
ボツになってくれたら尾鷲に行けるのに〜
0

鳥羽。。  釣り

ハイ、鳥羽に行ってきました。
船での不調を忘れる為に(笑)

ワンデイのWヘッダー、
仕事終わりからそのまま走り鳥羽へ。

ポイントに入り投げるがイマイチ,,,
まず1匹、少し空いて2匹、手前パターン発動な感じ。

一応広く探りラストを掛けにいくがポツリポツリはかわらない。
う〜ん、月も顔を出し ここで動くか!

場所移動してみると1名アジング1名エサ、
エサの釣り人はすぐに帰っていったが もう1名が居座る。

それほど寄せなくても釣れるのでー
しかし風が左から邪魔をする。

右へラインが流されるので左に投げたいが---
なんて思っていたら右にエサ釣りの人が入る。

更に右が厳しくなったのに左にアジンガ〜
もっとT君みたいに釣ってくれたら参考になるが 参考になりゃしない。

釣れないからプラグを投げる始末,,,
コチラがしびれを切らして場所移動。

明け方前の状況はどうか、
ジグヘッド単体で釣れて来るがどうもしっくり来ない。

緩い向かい風でライントラブルが発生〜
もう1本がリグってあるので投げるといい感じで食う!

ポンポンと追加していると 空が明るくなりかける、
ここでウエイトアップ、するとチョイといいサイズが釣れる。

朝8時頃まで釣れてアジを数えてみると56匹でした。
キスも2匹釣れて休憩。

この時点で帰ればいいものを昼間休憩して夕暮れからに備える。
しかし4時に釣り場にエントリーするが雨、

すぐに ん?誘いを入れてみると ク 食った!
アジが釣れた。

すぐに2匹目、そして船が通り沈黙。
しばらくしてもう1匹追加して船が通り沈黙。

そして爆風の爆雨で2匹追加するのがやっと、
アタリが取れやしない。

そんな中でアタリが取れるのがセイゴ、
セイゴ狙いに切り替えて6匹ゲットして今回の鳥羽は終了しました。

7時に走り出して下道で3時間ちょうどで帰り
そこから魚をさばいて本日仕事でした。

もうこれで鳥羽に行けるかどうか、難しくなると思われます。
0




AutoPage最新お知らせ