北陸。。  釣り

北陸へ一か月ぶりに行って来ました。
仕事終わりから走り1ヶ所目、なかなか反応が出ない中やっとアタリ・・・

アワセからの巻きでバレた、久しぶりで少し遅れたか。
次は絶対捕る!

少しして クッ ほら食った!アワセからの巻きで魚の動きが伝わるがー
また抜けた,,,ヤバイな。

またしばらくして クッ アワセ!魚が水面に出た!
一気に寄せて1匹目ゲット。

ヤレヤレですゎ。
次もバラシ・・・

チビは上がって来るんだなぁ〜
さすがに場所移動してみる。

投げていても魚っ気が無いので移動、
次の場所では冬場の荒れで足場が崩れている。

投げてみるが魚からの反応が無いのでレンジを下げつつ探っていると、
竿が跳ねた。

構えていなかったのでしょうがないが もう一度投げ直してー
食った!---けど小さい、一応キープ。

しかし後が続かないので移動してみるが次でも反応が無い、
場所を動いてみるがどうもベイトっ気が無いので---よろしくないな。

それでも投げていて なかなかうねりがあるので 着水からリグをなじませる、
竿を立て気味からスローに巻きながら竿を下げていく途中で 触った!

リールの巻きは止めず竿先に集中していると押さえた!!
アワセ!掛かった〜〜〜 ラインのスラッグが取れて来ると魚の実際の強さが伝わって来る、

ドラグは触らず足場がいいので締め込んだ時は前に出て竿を曲げ魚を止める!
シーバスか?飛ばないけど、何とか魚の走りは止めたので問題は手前の駆け上がりだ、

竿は大きく曲がったままだが何とか大丈夫そうだ さぁ魚はー クロダイ!
それもナイスサイズ、捕った!

腹パン乗っ込みクロダイですゎ。
これにて打ち止め、その後アタリ出ず夜明けにて終了。

昼間はゆっくりしてまずはアジ探し・・・
爆風なんですけど、そんな中でも アタリ!

上がって来たのはチビカサゴ、
ネコに渡すが,,,欲しそうにするなよー

この猫 稲荷をやろうとした瞬間にいきなり爪で手を引っかかれる(汗)
そして雑な食べ方でポロポロとこぼしながら 食べやすいところだけ食べて少々のことはお構いなし。

猫なんでそんなもんだろうと思うけど だから猫は と言われるところでしょうね、
キャストで一番使う人差し指のラインを掛けるところを負傷。

そこからは結構投げるのが大変ですゎ。
結局カサゴを回収して 空を見上げるとトンビが居たので アイツこっちを見たな〜

のタイミングで魚を投げると かなり遠くから一直線で舞い降り一撃で魚をゲット!
飛び立っていきました、あまりに見事だったので私は鷹匠か?(笑)

波風が強いのであきらめ夕暮れに場所移動してメバル探しをするが不調ー
こんな時は釣れない魚に比重を置くのではなく釣れる魚を探す。

場所移動、で曲がる場所を間違え元来た道に出る(滝汗)
時間が無いので慌ててますね、釣り場は空いていたので即投げ出す。

するとセイゴが顔を出す!居たね〜
修理後初参戦のソアレのテストも兼ねているので全然いけます。

地味なアタリにも対応して何とか7匹確保、
1発地味なアタリをとらえると 竿が大きく曲がる!

ナイスシーバスかと思ったが何か違う、
それほど突っ込む訳でもなく---重い。

上がって来たのはボラでフックは口にセンターガッチリでございます(笑)
今回はキープする魚も少ないので血抜きをして持ち帰ります。

12時ちょうどに釣り場を後にして2時間ちょうどで帰宅からの魚をさばき寝たのは朝5時、
少し寝て仕事に行きましたとさ。。

0

休み。。  釣り

この前の休みは午前中に何とか車を洗い、
午後はダウン… 1時間のつもりが3時間(滝汗)

何とか今回折れたソアレを直す。
ワンガイド分短くなったので硬くなるが〜

実はこれからの時期には必要な硬さなんです。
魚が強くなるので負けてられない(笑)

問題は夏場のハゼ!
これではハゼの微妙なアタリは乗せられない。

かなり細い部分が長く魚に違和感を与えにくいタイプの竿で
魚が離さない時間が長くなりアワセのタイミングが取りやすい。

旧ソアレを使った瞬間それが体感出来るんですょ、
完全にソリッド部分が短い。

アジで使うならそれで問題ない、
しかし シマノのティップは細くて強い!

その為 ソリッド部が長くてもティップがホイホイ曲がらないから(ソアレでも曲がる竿はあります)
必要な分だけ曲がってくれてアタリを読み取りやすい。

しかし魚を掛ければブランクが細い分曲がってくれて釣り味を損なわない。
ガマの宵姫だったか(T君もオーナー)は細いのに硬い....

T君は釣りなれているので何の問題も無く魚を掛けるが、
通常の人が使ったら使いにくいと思います。

ココでオリジナルをブランクから買って作っていけば微調整がしやすくなる訳やね。
軽量化もしやすくなり竿全体で30g台なんてことも、

でもねそれでは資金が続かないですゎ---
なので私は市販品を手直しして使える様にしてまんねん(笑)

ガイド代だけで軽く5000円、
1本足にしたら7000円ぐらいか?

アジングセットのガイドで税込5000円ちょいじゃね?
これだと2本足でしょ。。

片足切り取るか!?
交互に切り取ればバランス良くね(笑)

極限チューンも忘れずに。。
ブランクは安くて5000円、ちょっとコレどうよ〜7500円、

これいいねー11000円(高っ!)
グリップ周囲もあるので25000円ぐらいあれは・・・

ソリッドティップを高反発なタイプを組んだり〜
アレコレやったら30000じゃね!?

なのでー11000円ぐらいの竿でSICガイドが組んであって
先が細くてピッとして折れない竿!「それソアレ!」

私はこれぐらいでジューブンです。
無茶出来るしね♪♪



あら、忘れてた---
そんなこんなでソアレはティップをツメて固定してないバット部分を伸ばしてます。

なので長さは ほぼ替わっていない、
強度が上がっただけに仕上がっていますチャンチャン♪

0

詳細。。  釣り

今回は鹿が凄かったな。
行に道の真ん中に仁王立ち、パッシングしても 仁王立ち。

コチラが避けるのかよ、鹿肉で食っちゃうぞ!
最近イノシシは見ないけど尾鷲方面は鹿が多いな。

帰る方向で鹿の群れに遭遇、
7-8頭空き地に群れていました。

やっぱり尾鷲違うな〜
そんな違う尾鷲の釣果は
クリックすると元のサイズで表示します
コチラ、
今まで釣れたキビレ最大41aですから40aのキビレはまずまずだと思います。

以前 熊野川でデカキビレが釣れてー
測ってみると39aでしたから40aの壁は厚いのは実感しております。

1発バレているので狙い方でまだイケると思います。
しかし そろそろ北陸へ走らないとメバルでコケル…

5月は釣りで逆襲できるか!勤務シフトでコケるか、マジでシフト次第。。
0

無理。。  釣り

土曜の仕事が応援の出作業だった。
終わる時間が9時を予想していたのだが8時になる、

作業で疲れているのに走り出すと雨---
月が出るので釣り場は鳥羽を想定して走っていたが雨か,,,

松坂で高速に乗り尾鷲方面へ。
行先変更ですがこれが吉と出るか、

一ヶ所目に入ると土曜の夜なのでルアーマンが多く投げられる範囲が狭い。
移動して2ヶ所目、ここでも先行者ありで狭い範囲で投げる。

即 カツカツカツ、ヒットしたのはフグ。
水温が上がれば出て来るだろうね,,,

そこからはフグ掛からなかったが他に魚が触らず、
少し移動してモゴモゴ、と来て乗らなかった。

もう一度同じ場所を通すとクク、と来てキスが上がって来た。
少し投げる方向をかえてもう1匹追加して場所移動。


3ヶ所目に入るもルアーマン3名で投げる範囲が狭いがこれ以上移動している時間が無い、
浅いレンジでは当たって来ないのでボトムバンプに変更。

その数投目 底を切ってフォールに移行して コン!
ラインにテンションが無いが迷わずアワセ!

ロッドが一気に絞り込まれラインが走り出す。
一瞬ヤバイ魚が掛かったかと思ったが???

何とが魚を浮かすことが出来た。
結構突っ込んだがスーパーウグイか??

魚が見えないのでランディング場所まで移動するとデカキビレでした〜♪
ワニグリでガッチリつかんでゲット!

キス2匹とキビレだけでは少ないのでもう一度初めの場所に戻ることに、
ルアーマンは消えて探れる場所は増えたが時間が・・・

慌てているところでセイゴがヒット!
しかしバレる、バレた瞬間ラインがティップに絡んでティップが折れる。

マジか、このソアレも良く使ったから折れてもしょうがないか。
とスペアの竿に変更して出したのも旧ソアレ(笑)

竿をかえて投げていると コ  コ と間隔を空けてアタリが来る、
もう一度引くラインをかえて投げると アタッ ギュン!

良く引いて上がって来たのはチビクロでした。
アタリが出た瞬間に竿を一気に引き込んでいきましたね〜

ジグヘッドの掛かり方が下アゴに下向きに掛かってました。
反転しながら食ったのからかね、もう1匹狙うが夜明けにて終了。

帰り道は2度休憩して津〜弥冨まで高速を使い11時に帰って来ました。
キビレはちょうど40aてチビクロは26.5a、

キスは17と18aでした。
釣り場選択を間違いましたね、やはり鳥羽の方がセイゴが居たかもしれません。

ただ土曜なので釣り人は多いのでナイスキビレが釣れた尾鷲で正解だったのか、
キビレとチビクロがなかったらキスだけで終了になっていたから尾鷲もヤバかった(汗)
0

病院。。  釣り

とりあえず、病院にて薬を買い取り。
それだけで 疲れ,,,金額で もっと疲れ,,,

午後はうつらうつらしてからロッドをいじり出す。
自分用ではないので気を使うね、すでに時間はAM2:00・・・

なんでそこまで夜更かしして竿をいじっているのだろうか、
昼間居眠りしてたからってコトにしときます。

なので竿は仕上げずにお渡しする先方に仕上げてもらいましょ〜♪
まだ少し竿動かせたりするようにしてあるので微調整可能なんですょ。

ナニロッドかって、クロダイ用ですゎ〜
元竿だけが来たので 自分用のなけなしティップを使って組んどきました。

試し釣りをかなりしたソアレ改も調整できるように固定してないのでそろそろ固定しないと---

0

ムリ。。  釣り

マジ無理だな。。
全然釣りに行ける状況に無い...

どうしたものだろうか。


先日の休みは疲れたのもあり遅めに起きて
グリップエンド側が折れたグラップラーを修理開始したのだが、

つなぐ部分の合わせは出来たが かぶせるブランクが無い。
ブランクが見つかればすぐに直るのだが見つかるだろうか…



それとトイレの明かりを点灯するスイッチが壊れていたので修理。
専門の人を呼ぶとお金がかかるので自前で直すことに、

ホームセンターで600円かからないぐらいで部品は売っているので
サイズだけ確認してパナソニック製を購入。

パナしか売ってなかったけどね(笑)
壊れたスイッチはバラシてみると 細いバネが折れていましたね〜

スイッチ本体のフレームを外しホームセンターの実物で合わせて買うのがベストだと思います。
サイズが2種類ありましたから合わないモノを買うと返品交換が面倒になりますょ。

コードを全て外し差し込めば準備完了ー
ネジでフレームを固定してカバーを装着したらOK

日当が出たかな(笑)


少し前にキッチンの明かりが点灯しなくなり、
原因はこれもスイッチ不良でしたね。

この時も本体全体を交換しました。
明かりは蛍光灯からLEDに、何が良かったかと言うと---

即点灯すること。
消費電力は見た目にわからないので不明ですが,,,

本体を取り付けるのにプラのカバーを外すと中身がスカスカ〜
蛍光灯が無いところへテープ状になったLEDが張られているだけみたい。

内部はスカスカでも点灯してみるとなかなか明るい。
トイレの電球もLEDにしているから次はリビングの大き目の明かりをLED化か〜

ボチボチやっていきますょ。

0

詳細。。  釣り

今回の尾鷲はこんな感じでした。

チビクロとキビレ、
クリックすると元のサイズで表示します
小さ目だけどなかなか脂がのってて鯛飯になりました。

セイゴはこんな感じで、
クリックすると元のサイズで表示します
チビヒラばかり。

そいてボラとコノシロ、
クリックすると元のサイズで表示します
コノシロは32a、ボラは,,,
どちらも美味しかったです。

コノシロは骨切りして刺身で、
ボラも刺身でマジ旨いっす。

そしてマルとヒラ、
クリックすると元のサイズで表示します
マルが35aだったかな、ヒラが31aと30a。

そしてー激ヤバなのがコチラ!!!!!!
クリックすると元のサイズで表示します
コレ何だかわかりますか!?
本来はコレが全てつながっているのが全体像なんですが、

さばいているのでこーなりますゎ。
セイゴがコレを食べている訳ですょ-----

何がヤバイか、それは全て白いのが生きていてモゴモゴ動くんです。
切れた部分も動くからキモい...

それともう1匹セイゴが食べていて、結構居るのだろうか?
まだ問題点がある。

それは食べられても胃を通り越して腸でもこの生物は生きていること。
他の食べれた生物はもちろん死んでいるのだがコイツは違う、

普通に生きているから驚き…
まだまだ知らない生物が海には居ますね。。



0

尾鷲。。  釣り

今月の釣行は今回の尾鷲で終了です。
なんだか変なシフトになっていて後半にあった連休も出勤になり4月はドツボ,,,


なので尾鷲頑張って来ました。
仕事終わりから走り1ヶ所目am2:00、投げ始めてすぐ、

1匹チビヒラが釣れてから、う〜〜〜ん と押さえるアタリ!ヒット!??
一瞬重さが乗ったが抜けた---

絶対に掛けられるアタリだったのに、
少し投げていると ウン 〜〜〜ヒット!??えーまた抜けたょ、

ナニさ、
3度目の正直で掛けにいくと掛かった!

ドラグをジッジッっと出されたところでバレる。
あっ、これはマズイ!あることに気づく,,,

4度目のアタリを見逃さずアワセ!ヒット!決まった!
何度も突っ込んで上がって来たのはチビクロだ。

抜ける訳だ、すぐに〆て次!
誘いを即ボトムバンプに変更すると コッ 食った!

元気なチビクロを追加したところでアタリが途絶える。
3つも掛け損なえば釣れなくなるわ、場所移動。

すでに4時過ぎで時間が無い、
セイゴを2-3匹釣って反応が消える。

すでに空が明るくなりかけているのでズドン!ダバダバダバ,,,
マルタですゎ、こりゃ駄目だなー

少し場所を動いても反応が出ないのでボトムバンプをしてみると
コ、と来たので ラインテンションが抜けていたが迷わずアワセにいくとヒット!

ジッジッジィ ジィ---------- こりゃキビレでしょ!
丁寧に寄せてキビレゲット!

すでに周囲は明るくなってもう無理かと思いつつボトムバンプをして コン、
一呼吸おいてアワセると 元気なヒラセイゴが飛び出して来て一晩目終了。

車に戻ると6時でした。
ココで休憩....



お昼少し前に起き出し次の狙いに行く。
投げサビキを試しにポイントへ、

しばし打ち返しするが 反応が出ないので少し左へ投点を変更。
根に触ったのでアオって外した瞬間にゴゴゴ!ヒット!

9fの竿が結構曲がっているのでこれはアヤツだな〜
かなり遠くなので慎重に寄せてー 見えた!

デカコノシロ!魚バサミでつかんでゲット!
次を狙うが・・・・ 上手くいかんな・・・・

こうなったら置き竿作戦しかない と竿から手を放すとすぐに ゴゴゴ!
来た!コノシロとは少し違う引きだが何だ?

時折突っ込むのはー ボラー 狙って釣れない魚だから〆てキープ。
少ししてエサ切れで終了。

夕暮れまで休憩...


5時頃からリグってみたので試してアチラコチラと試すがアタリが出ない。
魚っ気はあるが全然ダメだ、ジグ単に戻し投げてみるが1バラシのみでPM11時、

こうなったら場所移動するしかない。
ポイントに入ってすぐに1匹掛けるがバレる---

どうもジグ単ではバレやすいので、
リグってスローに誘い地味なアタリをキッチリアワセに行く作戦にする。

アタリは少ないがポツリポツリと追加して小さなアタリをアワセるとジャンプから突っ込む!
結構引いてナイスマルセイゴを追加、もう1本同じサイズを掛けるが突込みでバレ、

これで今回今月の尾鷲は終了です。
前回と違いかなりシブかったですね、そろそろ北陸が気になるところですが---

まだ寒いので次回も尾鷲になるのかな、
天候を見て仕事のシフトを見てですが尾鷲も北陸もボツになりそうな気が・・・

ここまで釣りに行けないと仕事を考えないとイカンですね。。

0

詳細。。  釣り

こんな感じです。
とてもコンデションがいいでしょ。
クリックすると元のサイズで表示します
30aぐらいのヒラセイゴと〜
クリックすると元のサイズで表示します
38aまでのマルセイゴに〜
クリックすると元のサイズで表示します
41aまでのマルセイゴナイスバデー♪
走るは重いはじゃいごう!!

ブッチ切って逃走した魚も強かったなぁー
ただ竿が負けている訳ではないのでライン強度を上げていけばってところです。

ココで思う訳ですょ。
50aや60aのナイスプロポーションシーバスを掛けても負けない竿でー

20aそこそこのアジを釣っているのはバランスがおかしくないかと,,,
確かにドラグは滑らせてますけど、ラインを落としてアジでもドラグを滑らせて---

ならアジ専用をもっと何とかなるんじゃね?!的な。。
キャストなども視野に入れないとダメなので限界はあると思うけど、

それもあって短い竿でハゼ〜アジ〜セイゴ〜セイゴ大までやってます。
楽ってものあるけどやらないよりは色々やって色々体感した方がいいと思うょ。

ただ市販のアジングロッドは高価過ぎてバンバンセイゴ〜(大)まで掛けて試せない。
市販で強度のあるのがシマノソアレ辺で竿の強度ハンパナイのは間違いない!

繊細なティップも持ち合わせているので「改」にするには最高!
しかしノーマルの長さではティップは生かされていない。

ロッドの長さがティップを安定させないのとプルプル感を演出してくれる。
それがオートマチックなフッキングを実現させてくれる??のだろうけど、

釣った感ゼロ。
アレコレ言っても自分で作れるのは市販の竿やブランクしか使えないのだから限界はあるけどねー

短い竿を体感すると竿の特性がわかりやすいから長い竿を使った時に細かなところに気がいく、
出来れば使う竿を徐々に試しながら長くしていければ最高だと思いますけどね。

ただボケーっと釣りをしているよーで結構考えているオヤジなのでありました。
何の詳細だ?オヤジの考えていることの詳細かも(笑)

セイゴは魚の居るところへ優しく送り込めば結構食ってくれます(詳細・爆)


0

尾鷲。。  釣り

今回は尾鷲に行ってきました。やはり尾鷲は楽しい!ですね〜


ポイントの一ヶ所目へ、さほど 寒くないのでー
しかし雨がパラついていてカッパ着用。

さぁ魚が居ないぞ、どこだ?絶対に居ると思っているから投げ投げられるが...
正面右側でアタリ!ヒットからの1匹めゲット!

どうも足元ではなく沖目に居るのかもしれない、
遠投も交え探っていると小さくアタッた、ヒット!

ゴボッと魚が反転してドラグを引きずり出す。
ちょっとサイズがいいけど問題ないのでブチ抜く。

30後半が2匹目で釣れて一安心、
もう2つ追加してアタリが途絶え場所移動。

すでに時間がなく次の場所でラスト・・・(滝汗)
なのに魚からの反応はない、やらかしたか〜

そう思った頃 やっとヒット!5匹目、
次はウグイーからのセイゴで一晩目は6匹で終了。

休憩を挟んでサッパ探しをしてみる。
しばらく投げるが当たらない、ライズを見つけ投げるがー

ゴゴゴ!ヒット!しかし上がって来たのはイワシ?
毎回思うが食べても大丈夫な魚なのだろうか?

少ししてまたあいつだ、3連で来た真ん中がサッパでした。
しかしそこからはサッパの反応はありません、

その変な魚が反応するばかり。
でも魚っ気はあるので次回に期待、今回の空サビキ調査は終了です。

次回はエサも持ち込んでみよ〜っと。


休憩して夕暮れ前 雨はあ相変わらず降っているのでアジをちょっと見にいくがー
行くまてもありませんでした。

貴重な時間を無駄にしつつ移動してポイントに入るとすぐにアタリ!セイゴゲット〜
魚のサイズがいつもよりいいので009号のタックルから02号に替えようと考えていたら、

クッと押さえたのでアワセを入れると魚が水面で反転!
これはアカンサイズかも〜 やはりドラグを引きずり出されながらポジションを移動、

何とか足元まで寄せるが魚の底力がリーダー1号を勝った。
沖に向かい走ったところでラインブレイク。

超ヤバいサイズではなかったが60a超えで魚のコンディションが良くー
リーダーをあっさり切って逃走、問題はタックルチェンジのタイミングでしたね。

そこからは強いタックルで挑むがロッドの長さにアワセが送れ、
その遅れを修正すると今度はロッドの硬さで早アワセになってしまいバラシ連発。

やはりタックルチェンジは早目に行うべきでリールチェンジにするのがベストだったな。
アジングロッドでここまでセイゴをガンガン掛ける あんぽんたん もいないだろうなー

毎回そんなことを思う。
なので今シーズンはラインを0.2号メインでいこうと思ってます♪

なんだタックルはそのまま使いメインラインを上げるだけかよ!!
自分の背丈よりも短い竿で更に10aちょっと竿の長さが違うのと、

少しティップの入り具合が違うだけでバラシにつながる。
これは6f以上のロッドでは体感しにくいと思う訳ですゎ。

何とかアワセのタイミングを考え魚を追加しつつ〜
40aクラスも出て15匹でアタリが途絶え場所移動。

ラストの場合で投げると微妙なアタリが〜
アワセっ!ヒット!アレッ?メッキか〜

一気に抜くとキビレ!かと思ったらクロダイでした。
あんな浅いレンジで食うとは---

そこからは反応がなくなり 魚を探すが風も邪魔するのでリグる。
やっとアタリが出るが見事なショートバイト、

魚は居るので食うまで投げる!
5回当たり20投以上投げ6回目のアタリをで魚を掛けた!

食い気はあってここまでショートバイトとは、
魚を抜いてリーダーをつかんだらリーダーが切れました。

30超えのマルセイゴで今回の尾鷲釣行は終了ー
セイゴ16匹にチビクロ1匹、サッパ1匹でした。

やっぱり尾鷲はいいですね〜❗

0




AutoPage最新お知らせ