修正。。  釣り

そういえば、折れたセイゴ竿を直して使ってみた。
やはりブランクの関係で鈍い、しかしアタリは取れるし魚も掛けられる、

直しにしては上出来ではないかと思います。
1発アワセ切れをしたのはビミニツイストが上手くいっていなかったからで、

ラインが傷んだ訳ではない。
ただラインの交換時期ではあるのでライン選びもしていかないとね〜

竿も何とかイケるのでセイゴは問題無しだが肝心の魚の食いが悪い、
ソコでアジングロッドを投入した今回はアジでは折れないがセイゴだとヤバイ...

そんなコトも考えるとアジングと言うよりハゼング用にスペアーを作っておかないと---
折れたらスペアーが無い。。

ソアレも折れたモノの直しだしセイゴ竿も少し前に折れた、
ハゼロッドも折れたのでティップを直している。

なのでロッドを制作して調子いいモノばかり折れている訳、
ほぼ折れた原因は使い過ぎですが 買った竿だったら泣けるぜ〜(笑)

なので1本追加で制作開始、
ブランクが先だけあったのでツナギだけは済ませました。

元が見つかれば何とかしていきますが 一番の問題はつないだブランクの長さをどーするか、
これが一番難しい!その長さで竿の全てが決まるから。

ツメ過ぎればただの硬い竿になってしまうし長ければポョ〜ンとなる、
そこの持っていき具合が絶妙に決まれば使い込める竿が出来上がる。

それは間違いない!
テッップを極限までに細くすることはすでに卒業しているので

ソリッドをどの長さで使うか、そして微調整でブランクを削るぐらいかな。
ブランクの重さも気にしない、なぜなら使っているリールが軽いものではないから(笑)

アタリの出しやすく扱いやすい竿を作らないと意味が無いからね〜
メーカーは今頃先の細〜〜〜〜い竿をだしてきているが遅いょ。

細いティップは疲労で折れるから買う方は気をつけてください。
そんなコトより自分の竿さお〜〜〜
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ