iPhoneの音楽機能  

iPhoneは、携帯電話とiPodの機能を組み合わせた産品といった方が最適でしょう。


次に、音楽機能に関しては、来しかたの携帯電話以上に力を注いでいると思われます。


まず、音曲ライブラリのレイアウトに関してはわかりやすさを重視して大きな源流になっています。


今度、iTunesと同じようなふたを写真ライブラリでマークする事が可能となっています。


そこで、何といっても最大の利益は、iTunesをそのまま活用できる事です。


近年コンピューターなどで音楽を聴く人はiTunesのインターフェイスで慣れている人が多いでしょう。


一層、維持動画再生時間:は約7時間、持続曲再生時間は約24時間となっています。


携帯電話は日常充電する人が多いので、この時間は何ら問題ないでしょう。


ただ、完全に万能というわけでもありません。


iPhoneはiPodと比べれば、ボリュームはあながち多くはありません。


多くの曲を入れておきたいという人には、やや憤慨のある設置といえるでしょう。


なおさら、iPhoneのiPod機能を活用する際は、根城画面にある『iPod』スイッチを押し、スクラップブックや曲を選択します。


この際、画面下部にあるスイッチから、演戯名簿、アーティストごとのジャンルなどが裁量可能となっています。




速報芸能ニュースちゃんねる


無料で出会える優良出会い系サイト完全攻略!


ダイエット情報満載♪美しく本気で痩せるダイエット法♪



0

iPhoneのSMS  

iPhoneには多くのミニ活用が搭載されていますが、その中の単数にSMSという物があります。


このSMSとは、ふきだしを使って、戯画のような会話形態での辞標識ができる機能です。


iChatを使用した事がある人は、これとほぼ同じ仕樣なので、一瞬に核来るでしょう。


ただ、このSMSは、iChatのような喋り進展での辞差し替えはできません。


それでも、往年のSMSと比べし、iPhoneのSMSは見やすく、使いやすいという恩恵があります。


合理的な、このSMSというのは『ショート・演説・サービス』の略です。


メールを送るほどの文句ではない事例に用いるのが一般的ですね。


このSMSのスピーチを送る例も、メール機能と同じく、ヒントパッドがない分少々難儀します。


とはいえ、それほど長い文を打つ内容ではないので、ここに関してはオンラインの要諦ボードでも残り物苦にはならないかもしれませんね。


SMSの優位性は、気軽に対話を楽しめる事です。


メール機能でひとこと話を送るのは何かもったいない感触がするし、喋りは早すぎてついていけないという人には最適なサービスと言えます。


親しい相手に対して何行も字を送るという行動は余分必要ないですよね。


そういうケースは、書くにしても、SMSならなかなか気楽に取替えっこができます。
0

iPhoneのウェブページ閲覧  

iPhoneの画面に合った大いさに改正できるという点です。


換言すると、幾らサイトが大きくても、低減して画面の幅に合わせる事が可能という事です。


携帯の画面はコンピュータと比べしてかなり小さいので、どうしても一度に写せるのはサイトのごく一部のみで、スクロールさせるのになかなかの時間がかかる、というのが一般的です。


しかし、この大きさ変化機能があれば、すぐ全体を見る事ができる内容です。


もちろん、字体など元々小さいマークは、低減すると読めないくらい小さくなってしまいますが、これは部分一部を強化表示する事が可能なので、必ずしも課題にはなりません。


成長、縮小を行う為のおこないも、せいぜい指を若干動かす水準なので、少しも苦にはならないでしょう。


iPhoneでWebページを監査する事例、AT&TのGSM/EDGE放送網を介してブラウザを作動させるのは、あながちお奨めされていません。


原因は、極端に通信速度が遅いからです。


ブロードバンド化が進み、本当に円滑でスピーディーなInternet縦覧ができる今、ダイアルUP乗り換えよりはマシ、程度の速力では、いやでもストレスが溜まります。


しかし、iPhoneはEDGEでしかネットページ閲覧ができないという解釈ではありません。

0




AutoPage最新お知らせ