2013/5/3  そして雇用情勢  よもやま話

わたしたちんは、住む場所や、職業についての選択権があるのではなかったかな? 
というようなことを、この頃、よk考えます。そういうことを、真面目に考えたくなるほど、
昨今の、雇用情勢の劣悪さ、というのは、ほんとうに、どうにもならないな・・・というふうに、
わたしは考えております。

職業選択の自由、と言ったって、能力がないのに、その能力が必要な職に就くことが
できない、といって、駄々をこねている、といったような様子を是とする、ということでは
ないのです。これだけインターネット環境が広まって、携帯電話が普及して・・・そういう
時代ですから、どこに住んでいても、仕事が出来る、という環境の整備が進めば、住む
場所と、仕事とを、もっと自由に選べる、という時代が・・・。

これから、そう遠くない将来に、訪れるのではないかな? というふうに思いたいのです。
そうであれば、Iターンだとか、転職だとかいったことも、現在よりももっと自由に出来る
ようになるでしょう。

Iターンと転職、ということばかりでなく、Uターンと転職、ということだって、同様ですよね。
日本は、人口が減っていく時代に突入しましたが、だからこそ、都会にばかり集まって
こないで、地方で、コンパクトに暮らす・・・という選択肢も、これから、もっともっと出てくれば、
いいのにな・・・というふうに、強く感じます。

Iターンと転職・・・頭の体操をするには、本当に面白いテーマですね・・・。是非、わたしも、
Iターンと転職について、更に考えてみたいと思っております。
0

2013/4/3  下調べも重要  決意するとき

そして、いよいよ、あなたは、Iターンをして、Iターン先で、転職もしよう・・・現在在の職は退いて、
転職いよう・・・というふうにお考えになるとします。あなたにとって、めぼしいIターン先は、もう、
候補として、幾つか上がっているのです。で、まずもって、Iターン先を絞り込むことですが・・・
Iターン先で、首尾よく転職出来る、ということが、あなたにとって重要ですから、Iターンと転職、
ということを、セットで考えて絞り込んで行く、ということが要求されるわけですね・・・。

あなたは、これは、もう、下調べをしっかりとやって、情報を収集することだ・・・と考えて、休日には、
せっせと、Iターン先候補地へ、ご家族と共にお出かけになるわけです。そこで、ふたつのIターン
候補地を絞り込んだあなたは・・・そのどちらで、事前の転職活動を行なうか・・・ということをお考え
になっている、と致しましょう。

なにしろ、Uターンではなく、Iターンです。Iターンであっても、コネクションがあれば、幸いなのです
が、あなたには、ふたつのIターン先の候補地のどりたにも、めぼしいコネクションがありません。

それなら・・・と、あなたは、思い切って、Iターンしてから、腰を落ち着けて、転職活動を行なおう・・・
とお考えになるわけですね・・・。それは、もう、どちらのIターン候補地で事前に転職活動をしても、
成就するのが難しいだろう、という、あなたの判断になるわけですね・・・。

0

2013/3/4  更に、慎重に・・・  決意するとき

また、慎重に転職活動を行ない、転職先をほぼ確定させてから、その土地へIターンすることを
決定する・・・という考え方もここに、あるでしょう。転職というのは、本来、リスキーな営み
ですから、それは、もう、慎重を期する、ということが、とても望ましい、ということになりますよね・・・。

わたしなども、どちらかというと、転職、ということに関しては、慎重に考える方です。しかし、
こと、わたしも、Iターン、ということになると・・・実際にIターンしたい土地があるものですから・・・
転職ではなく、現在の仕事で独立・・・というふうなことを、Iターン先で実現したい・・・というふう
に考えるわけですよね。

これは、もう、わたしの夢みたいなものです。夢だ、というふうに言っていては、いつまでも、
夢のままなんですけれどもね・・・。では、是非、望みの土地にIターンしようとすれば、転職
ならぬ独立です。こちらを先に・・・ということになります。あるいは、いつの時点でIターン
をしてしまうんだ、というふうに決めてしまう・・・というのも、実は、有効であるのかも知れません。

期限を決めてIターンをするとなれば、それまでに、転職ならぬ独立を実現させてしまわな
ければならなくなるからです・・・。わたしに、果たして、転職ならぬ独立することができるで
しょうか? 

それには、いかに、Iターンしたいか? というところの、モチベーションの高さによる、という
ふうにも、わたしには、思えるのですが・・・。
0

2013/2/5  いよいよ、Iターン  決意するとき

よくよく下調べを行なって、ふたつのIターン候補地に絞ったあなたは、ご自身でふたつに絞った
Iターン候補地のどちらかへ、実際にIターンしてから、腰を落ち着けて転職活動を行なって、
その土地で転職をしよう・・・というふうにお考えになったとしましょう。

実際には、Iターンされる前に、前職を退かれたわけですから、Iターン先では、転職活動では
なく、再就職活動、ということになるでしょう。それでも、あなたは、転職先を探せた土地にIターン
をする、というよりは、自分が本当に気に入った土地にIターンすることが先で、そのIターン先で、
転職、いや、再就職するんだ、という方を選択された・・・ということになります。

このような、Iターンと転職、の、あり方、も、実際のところは、あるわけです。それは、Iターンと、
転職、それぞれに対する考え方が、実際に、Iターンをされる方、転職を企図される方によって、
それこそ、それぞれである・・・ということが言えるわけであるのですね・・・。

ああ、そうか、そういうことであるのか・・・というふうに、わたしなどは、実際に、Iターン先で、転職
(再就職)された方のお話をおききしたときに、そのように感じました。転職、再就職、ということに
関して、ある程度の自信がなければ出来ないことでもありますし、また、どこにIターンしたいか、
ということについて、拘りがあれば、Iターン先に、まず、実際にIターンしてから、という考え方も
あるにはあるでしょう。
0

2013/1/30  仕事出疲れた体を引きずって  よもやま話

最近仕事が忙しくて、残業続きの毎日です。
でも、残業代も上限があるので、ある程度のところまで働くと
それ以降はお金にならないサービス残業ということになります。

家に帰るのはその日のうちに帰れる事の方が少ないのです。
そして風呂入ってビール一本飲んで寝ると言う毎日ですが
最近ビール飲んでも気持ちよく寝られないのです。

というか帰って目がさえてしまって2時3時までふとんの中で
ウダウダしてる事の方が多い。

このような生活を続けてると身体が参るので、何とかしようと
して始めたのがノニスピリットというドリンクです。

そのおかげか、最近はまた良く眠れるようになりました。
こころなしか仕事もはかどってきたので、サービス残業しない
ように、早めに切り上げるようにします。
0




AutoPage最新お知らせ