2015/1/21

図・絵を描きながら覚える  受験勉強 全体的なこつ


図や絵というのは理解したり、記憶するのに役立ちます。自分の手で、自分にわかりやすい図・絵を描きながら勉強する癖をつけるとよいですね。図や絵は、その表す内容全体を把握するのに威力を発揮します。例えば、世界史で、第二次世界大戦時の国同士の関係を1枚の絵に表せば、直感的に覚えやすくなります。


どんな図や絵を用いるかは内容次第です。また、人それぞれの好みの違いもあるかもしれません。いわゆる「絵」やブロック図、地図、フローチャート、集合図、グラフ、線表、2次元のマトリックス、マインドマップなど、実にいろいろな図・絵があります。自分が最もわかりやすいと思うものを利用しましょう。


図や絵は直感的に理解しやすい情報源です。ということは、自分の書いた図・絵を使って復習すれば勉強がはかどるのではないでしょうか。少なくとも復習時間を短縮できるはずです。

0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ