2015/3/25

試験の特徴と対策  受験勉強 全体的なこつ


どんな試験にも特徴があります。例えば、


● 完全に選択式の試験
● 記述式・論述式の試験
● 標準的難易度の問題を大量に出す試験
● 比較的少数の難しい問題を出す試験
● マークシート方式の試験
● ペーパー以外(口述や機械利用など)の試験


などが直ぐに思い浮かびます。もちろん、これらの組み合わせや、これら以外の特徴も考えられるでしょう。


大事なことですが、けっこうな実力者でも全てのタイプの試験をまんべんなく得意であることは意外と少ないのです。


例えば、難しい問題を出す試験では安定して良い得点を得る受験者でも、やさしい問題を大量に出す試験で足をすくわれたりします。やさしい問題の試験では平均点が高くなるので、ちょっとしたミスが命取りになったりするからです。


国立大学の入試で、難しい問題の多い2次試験の論述対策ばかりやって効果が出ても、平均点の高いセンター試験の得点が思ったほど上がらず、不合格になるケースが少なくありません。


やはり、受験する全ての試験の特徴に対処できるように対策を行うべきです。


0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ