Don't worry, Be happy.(Top page)

2016/3/22

正論は正しいがつまらない  

クリックすると元のサイズで表示します

Здравствуйте !

さて、このブログを見て下さってるとても優しい方はどのぐらいいるのかな?と思いながら徒然なるままに
書こう。

お遍路さんどうぞ、が始まって2カ月。早い。とても1日1日が早い。
しかしその流れる時間の中で深く深く考える時間がないわけではなく。公演が始まる前後の時間に沢山の事を見聞きし、考え、何か舞台に活かせないかと考える。

お遍路とは自身を見つめ直す、発心の旅である。
だが、お遍路が終わればその旅は終了ではなく、生ある限りずっと続くものである。

だからなんだ、という話ですが。これが当たり前じゃんと軽くは言えない。
お遍路を経験した人にしかわからない世界は確実にあるから。
想像では補いきれない出会い、別れ、の連鎖。それは偶然でもあり必然でもある。

自身が20代後半になったからだろうか。自身の人間としての未熟さが、10代の頃よりハッキリとわかるようになり、
急に自信を失うこともしばしば。こんなんじゃダメだ!と奮起して空回りすることも(笑)

ここで、今回のテーマに触れる。
やはり正論は正しい。だがつまらない。特に演劇においては。

あらかじめ決めたことや自分のこだわりは、捨てること。全てを投げ出すのでなく、最低限のレールを維持した状態で、ということ。
そして新しいことや遊ぶことに対して、好奇心を持って本気で取り組む
事が、成長することにつながるのだと。

しかし、それは同時に恐怖心との戦いでもある。失敗は誰だって怖い。失敗した後の自分の評価や自身の自信を失うことへの恐怖を想像すると、どうしても守りに入りたくなる。

その守ろうとする自分を認め受け入れて、遊ぶ自分を信じ抜く勇気を持つこと。

これは俳優としても、人間としても一生抱える課題だと思う。

自分1人ではなく、周囲の人を巻き込むケースなら尚更そうだ。








2



2016/10/30  7:31

投稿者:沙希

こんにちは。時々ブログ拝見させていただいております。先日は楽しい舞台を観せていただき、終演後のロビーでもお時間いただきましてありがとうございました。先日とその前に観た詳しい感想はブログの方に長々と書かせていただきましたが、「お遍路さんどうぞ」は観る度に違う発見、感動があって、宇高さんのさりげない動きや体勢のきれいさにめっちゃ感動してます。

特に前方席でしか観れなかった和尚の回想シーンでの宇高さん演じる若い兵士の、撃った瞬間の戸惑いとか、確信とか、想いとか、いろいろな物が凄く伝わってくる一瞬の熱演が観れたことに激しく感動しました。この熱演は通路より後ろの席の時には細かいところまでは観れなかったので、それが観れたこと本当に嬉しかったです。

それと、先日、宇高さんで登録していた坊ちゃん劇場のメールマガジン来ました!宇高さんの常に向上心を持って臨んでらっしゃる舞台への想いが凄く伝わってきました。私も今まで4回観劇させていただきましたが、観る度に、どんどん宇高さんの魅力が増えて行って毎回いろいろなところに感動しています。

それと、今更ですが、このブログの内容。「自分のこだわりは、捨てること」という言葉に激しく共感してます。私の場合は、知的障がいを持った息子を育てるに当たってですが、必要なこだわりはきちんと持ったうえで、要らないこだわりは捨てて、常に心を柔軟な状態にしておくこと、これが本当に凄く大事なことだと実感してます。常に前を向いて上を目指して頑張ってらっしゃる宇高さんに本当に凄く感動です。

5日の「えひめ家族」は東京行きと重なって残念ながら観れませんが、公演のご成功をお祈りしています。頑張ってください!「お遍路さんどうぞ」は、千穐楽を迎えるまでにまた何回か観劇に行きたいと思ってますので、宇高さんの毎回全力でのお芝居が観れること楽しみにしてますね!

http://ameblo.jp/sakiyumesaki/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ