2017/7/18

鹿児島考古47号刊行  会誌『鹿児島考古』

『鹿児島考古』47号が刊行されました。
価格は会員2000円(非会員2200円)です。
ご購入希望の方は,以下の要領で事務局にお申し込みください。

<購入方法>
 購入ご希望の方は、郵便振替の払込用紙記述欄に購入号数と冊数が分かるように明記してください。振込み確認後、発送いたします。
 送料につきましては、送料が1冊購入でレターパックライト(360円)となっております。2冊以上、またはその他不明な点や発送のご希望がありましたら、事務局(e-mail:kakenkouko.jim●gmail.com,●=@)までご連絡ください。

<郵便振替払込先>
名義:鹿児島県考古学会
番号:02020-4-16846

**********************************

特集 南西諸島の縄文時代後晩期の南北交流
堂込秀人「特集にあたって」
新里亮人「貝塚時代前4期奄美諸島の土器様相」
亀島慎吾「貝塚時代前4期沖縄諸島の土器様相」
山野ケン陽次郎「琉球列島における縄文時代後晩期の貝製品と製作技術」
横尾昌樹「琉球列島における貝殻施文土器の研究」
真邉彩・小畑弘己・新里亮人・鼎丈太郎・面将道「南西諸島の縄文時代後晩期資料の圧痕調査成果」

長野眞一「山ノ口遺跡考」
相美伊久雄「大平式土器再考−東南部からみた九州縄文時代中期後半期の様相−」
川口雅之「弥生時代における大隅半島の農耕文化について」
橋口亘「補遺・薩摩南部の中世考古資料をめぐる諸問題−南さつま市上宮寺跡の中国製石仏・南さつま市及び三島村の磁竈窯系稀少製品を中心に−」
岩下直樹「垂水島津家墓地の葬送の仕儀(予察)−心翁寺跡の石造物から見る葬送について−」
長野眞一「<<追悼>>中山清美さんを偲んで」

鹿児島県の考古学動向 平成28年度(2016.4〜2017.3)


**********************************

クリックすると元のサイズで表示します




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ