2013/2/4

ビジネス実務法務検定の研修  

こういう資格もありますよ⇒中小企業診断士試験

ビジネス実務法務検定には、1級から3級までの級があり、3級に合格すればビジネス法務リーダー、2級に合格すればビジネス法務エキスパート、1級に合格すればビジネス法務エグゼクティブの称号が与えられます。
ですが、1級に合格できなかった人でも、得点上位者を準1級として認定する制度があります。
2008年度から開始された準1級認定制度です。
1級に合格するためには140点から200点までの得点がなければいけませんが、不合格者のうち、110点以上140点未満で、正答率50パーセント未満の問題があった140点以上の得点者は準1級として認定されます。
ビジネス実務法務検定の1級に対応している講座は少なく、独学や通信講座で1級対策をすることが難しい状況ですが、産業能率大学の通信講座や、商工会議所でおこなっている【研修プログラム】を通信講座で受けることが可能となっています。
1級コースの学習期間は3ヶ月で、在籍可能期間は6ヶ月、受講料は29500円です。
2級コースも学習期間は3ヶ月で、在籍可能期間は6ヶ月、受講料は24500円です。
3級も学習期間、在籍可能期間は同じですが、受講料が19500円となっています。
どの級にもテキスト4冊と添削課題3回分、過去問題2回、質問票が入っています。
1級はとても難しいので、独学で合格できなかった場合には、通信講座を利用したほうがベターです。
準1級はあくまでも準1級ですから、早く1級の資格がほしいときには、効果的な学習をするようにしましょう。
こういう資格もありますよ⇒税理士試験
0

2013/2/4

ビジネス実務法務検定の勉強法  

こういう資格もありますよ⇒公認会計士試験

ビジネス実務法務検定は、対策講座もたくさんあり、短期間で合格が目指せますが、費用をかけない方法がいいなら、独学でやりながら、セミナーや講習会などを積極的に参加してみましょう。
商工会議所で、ビジネス実務法務検定の試験対策セミナーを実施しています。
実施している級やセミナーの日程は、商工会議所によって異なります。
各商工会議所に問い合わせて確認してみましょう。
また、ビジネス実務法務検定の公式テキストが市販されていますから、独学でやりたい人は、公式テキストの利用をおすすめします。
公式テキストは
【ビジネス実務法務検定3級 公式テキスト】
【ビジネス実務法務検定2級 公式テキスト】
【ビジネス実務法務検定1級 公式テキスト】
【ビジネス実務法務検定3級 公式問題集】
【ビジネス実務法務検定2級 公式問題集】
【ビジネス実務法務検定1級 公式問題集】
です。
商工会議所でおこなっている通信講座もあります。
ライフスタイルに合わせた勉強方法なら、独学や通信講座でも短期間で合格が目指せるでしょう。
「予想以上に問題の難易度が高かった」という感想を持つ人が多く、簡単な検定と考えていると、合格することができなくなります。
これまで資格試験を受験した経験がない人なら、参加できるのであれば、公開模擬試験を受けてみるようおすすめします。
本試験を疑似体験できることと、公開模試を受けることで、本試験までの手ごたえを確かめることができるからです。
試験慣れしておかないと、本試験のときに緊張してしまいます。
時間配分を間違わずに解答できるようにするためには、公開模試に参加しておくことが大切になってきます。

こういう資格もありますよ⇒行政書士試験
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ