頼りない  

女性は100万〜200万個の卵子を持って生まれてくるが、そのうち75%は思春期までになくなる。
卵子は日々消滅するが、生き残ったものには 「出生時に創られた本来の遺伝的要素が含まれている」。
 これに比べ、精子はもっと頼りない。射精のたびに数百万個の新しい精子細胞が再生成されるが、
細胞が再生されるたびに、「遺伝コードにエラーが生じる確率が高まる」。
それら「新しい」精子には受精能力があったとしても、突然変異が含まれている危険性がある。
04年に刊行された『The Male Biological Clock』(男性の体内時計)の著者、ハリー・フィッシュ氏は、
「男性が年を取るにつれ、受精可能な精子はなくならないとしても、そのDNAの多くは異常である可能性がある。
犬の食事 おやつもしつけと大いに関係あり
犬の身体 ヒートの対応について
犬の身体 子犬の段階では遺伝病はわからない
犬を飼う心がまえ 主人を慕う気持ちはどの犬も同じ
犬の病気 口内の異常
犬の体調管理 健康のシグナル
犬の種類 カーリーコーテッド・レトリーバー
犬を飼う心がまえ 迎え入れるときには落ち着いて
女性重視の店づくり
犬を飼う心がまえ 近隣とトラブルにならないために


0




AutoPage最新お知らせ