ガンにも負けず高気密・高断熱の家づくり日記

kokkoいい家ネット管理人の新築日記です。
 鹿児島で高気密・高断熱にこだわり、2008年12月、ヤマサハウス「絆の家」完成 甲状腺ガンを乗り越え、37坪狭小地に住宅が完成するまでの苦難の記録。民主党 住宅ローン減税 配偶者控除 扶養控除廃止 シミュレーション 2011年入居 上棟式 餅まき 不動産取得税 固定資産税 家屋評価 Web内覧会 平成23年確定申告書 ローン控除 Low-eガラス ウンベラータ 太陽光発電

 
 

平成23年11月10日以降の記事は、新しいブログでアップします。

   → 施主のための家づくり情報サーチ〜ガンにも負けず

   *現在、2013年入居者のための住宅ローン控除を解説中
       → 住宅ローン控除、確定申告書の書き方(認定長期優良住宅・連帯債務にも対応)

kokkoの新築日記「ガンにも負けず高気密・高断熱の家づくり日記」(新着順) 鹿児島ヤマサハウス絆の家

INDEX  新着記事はこのINDEXの下をご覧下さい。

全記事表示(投稿日時の古い順に全て表示) 

以下の項目をクリックすると各カテゴリの記事を投稿日時の古い順に表示します。

プロフィール
  ・kokkoのプロフィール
着工まで 
  ・家づくりコンセプト(我が家の仕様)  ・ガンの発症  ・ハウスメーカー選び
  ・ヤマサハウスについて  ・土地さがし  ・見積り依頼〜業者決定  
  ・間取り設備の検討
工事の状況
  ・地鎮祭〜上棟  ・屋根工事〜引渡し  ・気密施工・気密測定   
完成後
  ・Web内覧会   ・住み心地  ・寒さ対策   ・インテリア  ・ガーデニング
お役立ち情報
  ・断熱材の施工 ・住宅ローン減税 ・固定資産税、不動産取得税
  ・太陽光発電 ・長期優良住宅  ・おすすめの建築関連サイト
 

【各ハウスメーカー・工務店の住み心地リンク集INDEX】 

【ただいま建築中】
◆南国で暮らす快適な家

◆陽だまりのおうち★  

◆家づくり 〜ゆらりと行こう〜


【Web内覧会リンク集】

*タイトルバックの写真は我が家ではありません。右上の写真がヤマサハウスで建てた我が家です。よくヤマサハウスらしくないですねって言われます。 アクセスランキング  

自由項目1








 
ランキング参加に登録は必要ありません。 
当サイトへリンクを貼っていただくと自動で集計します。
 

汎用インクのレビュー記事は  →こちら




カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

カレンダー

2017年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:kokko
pandaさんへ
 全館温水のセントラルヒーティングが最良の暖房機であるということは、私が愛読している「俺の家は高性能」や「めざせ!Q1住宅」などのブログでも知っていますが、それは寒冷地の話であって、温暖な地ではコスト的にエアコンになってしまうと思い込んでいました。全館温水パネルヒーターについても研究してみたいと思います。
 ご指摘ありがとうございました。
投稿者:panda
鹿児島に比較的近い、愛媛県松山市で全館温水パネルヒーターを標準にしている住宅会社をご紹介します。
ヨゴホームズ
http://www.yogohomes.com/houses/facilities.html
私たちは住宅の点検などでお伺いさせて頂く際に必ず同じ質問をさせて頂きます。『お家を建てられた中で一番良かったことは何ですか?』不思議なことに皆さん同じ答えを返して下さいます。『暖房ですね。予想以上に快適ですが思っていた程ランニングコストがかからないので助かっています。』と。寒い朝でもベッドから寒くて起きられないということがありません。赤ちゃんをお風呂に入れたり夜中にミルクをあげる時にもあわてなくてすみます。嫌だった窓の結露からも開放されました。
・・・など本当に多くの喜びの声を頂いています。

投稿者:panda
こんにちは。換気に関しては新しいブログにコメントさせて頂きました。
エアコンという採暖機器はセントラルヒーティング目的の機器ではもちろんありません。音がうるさくて風が煩わしいこの最低の機械は必要悪そのものであり、低断熱的気密の熱移動が大きい住宅で人がいる場所居るときだけその人の近くで採暖するだけの最低の機器です。
鹿児島で全館温水パネルヒーター標準の住宅が無いのは単に国際的に住宅性能。・住環境がおくれた地区というだけの事です。
全館温水パネルヒーターは高効率の暖房設備で省エネである事はもちろん無音無風時間自動運転で高気密高断熱住宅では1日の運転時間は1〜4時間程度です。温度設定だけして秋から春までスイッチ入れたままで、夜中もパネルには温水は流れておらず冷たいまま、それで全館24時間22度以上です。このような生活は谷山の全館温水パネルヒーター住人以外、歴史上鹿児島県内では全く存在しないため、ヨーロッパか北海道などの寒冷地のセントラルヒーティングでで暮らした事のある人にしか分かりません。実際済んでみないとあなたが住んでいる家(高気密高断熱だけの住宅)との大きな違いは分からないですよ。
投稿者:kokko
 pandaさん、コメントありがとうございます。
 約1年半前の記事ですので、その後、換気・湿度管理については十分、勉強しました。それでも梅雨時の湿度管理はむずかしいですが、、、
 谷山でセントラルヒーティングとはびっくりしました。
 温水パネルヒーターの建物も30年前ならあったような気がしますが、今ではほとんどエアコンになっています。給気口の下にパネルヒーター設置を鹿児島で標準仕様にしているハウスメーカー・工務店はないでしょうね。

 ただ、断熱・気密に関しては、優秀な工務店がいくつも出てきています。昔とは雲泥の差です。
 30年前は断熱材も入れていなかったヤマサハウスが高高住宅を造る時代ですから。
 新しいブログの方へも遊びに来てください。
投稿者:panda
こんにちは。「寒冷地で給気口の下にパネルヒーターが常識というのは私も知っていますが、鹿児島でこのような施工をすることはありません。」との事ですが、自分は鹿児島で全館温水パネルヒーターの集合住宅に住んでいました。各部屋にパネルが備えられ、とても暖かかったです。30年以上前です。セントラルヒーティングが常識のカナダ人設計の住宅でした。今も現役で谷山にあります。
その後寒冷地に引っ越し、さぞ寒いだろうと身構えて行ったら、30年前でも十分な暖房で日本で最悪に寒い鹿児島より全然暖かく快適でした。鹿児島時代は無暖房も珍しくなく、暖房(部屋を暖める)というもの自体が珍しく、最低レベルの採暖(火鉢、炭こたつ、小さな電気ストーブ)があればましなほうでした。今も大して変わらないでしょう。
鹿児島もパネルヒーターが省エネ快適性耐久性低維持費音・風皆無の面で最良ですが、今は全館空調が省エネ高耐久低維持費音風ほとんどなしになっているので関西以西では全館空調を高気密高断熱計画換気に組み合わせるのがベストです。
記事をざっと拝見しましたが、換気不足、湿度管理不足が目立っているとおもいました。時間換気量0.5回という指標がどこから来たものか、その価値と意味が何かお調べ頂くことをお勧めします。
投稿者:通りすがり
コメント有難うございました。
投稿者:kokko
失礼しました。24時間計画換気設備図に「微弱」と書いてあるのであれば、それで間違いないと思います。
配管の延長が短めで分岐も少なめなら、そういう計算結果になるんでしょうね。
「ありえない」は、素人の思い込みですので、ご容赦下さい。
なお、計算上、戸別の気密性は考慮していないと思いますが、少ない風量で計画換気ができるというのは高気密ならでは の利点ですから、ご心配は要らないものと思います。
投稿者:通りすがり
こんばんは。
回答、有難うございます。
図面名は24時間計画換気設備図ですよね。
赤字で微弱とかいてあるんですよ。
ありえないとは、やはり気密に問題ありですかね?
プランナーはkokkoさんと同じTさんです。
投稿者:kokko
通りすがりさん、初めまして

レギュレーターの「微弱」は、ありえないんじゃないかと思います。
24時間換気の図面にちゃんと計算書が出ていますので確認されるか、ヤマサさんに問い合わせされた方がいいと思いますよ。
投稿者:通りすがり
こんにちは。kokkoさんと同時期にヤマサで建築したものです。
kokko宅様では、レギュレーター目盛位置「中」とありましたが、拙宅では当初より微弱にマジックで印が付けてあり、運転しておりますが、微弱ということは、拙宅が機密性が低いと言う事なのでしょうかね?
住宅仕様は同じです。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ