ガンにも負けず高気密・高断熱の家づくり日記

kokkoいい家ネット管理人の新築日記です。
 鹿児島で高気密・高断熱にこだわり、2008年12月、ヤマサハウス「絆の家」完成 甲状腺ガンを乗り越え、37坪狭小地に住宅が完成するまでの苦難の記録。民主党 住宅ローン減税 配偶者控除 扶養控除廃止 シミュレーション 2011年入居 上棟式 餅まき 不動産取得税 固定資産税 家屋評価 Web内覧会 平成23年確定申告書 ローン控除 Low-eガラス ウンベラータ 太陽光発電

 
 

平成23年11月10日以降の記事は、新しいブログでアップします。

   → 施主のための家づくり情報サーチ〜ガンにも負けず

   *現在、2013年入居者のための住宅ローン控除を解説中
       → 住宅ローン控除、確定申告書の書き方(認定長期優良住宅・連帯債務にも対応)

kokkoの新築日記「ガンにも負けず高気密・高断熱の家づくり日記」(新着順) 鹿児島ヤマサハウス絆の家

INDEX  新着記事はこのINDEXの下をご覧下さい。

全記事表示(投稿日時の古い順に全て表示) 

以下の項目をクリックすると各カテゴリの記事を投稿日時の古い順に表示します。

プロフィール
  ・kokkoのプロフィール
着工まで 
  ・家づくりコンセプト(我が家の仕様)  ・ガンの発症  ・ハウスメーカー選び
  ・ヤマサハウスについて  ・土地さがし  ・見積り依頼〜業者決定  
  ・間取り設備の検討
工事の状況
  ・地鎮祭〜上棟  ・屋根工事〜引渡し  ・気密施工・気密測定   
完成後
  ・Web内覧会   ・住み心地  ・寒さ対策   ・インテリア  ・ガーデニング
お役立ち情報
  ・断熱材の施工 ・住宅ローン減税 ・固定資産税、不動産取得税
  ・太陽光発電 ・長期優良住宅  ・おすすめの建築関連サイト
 

【各ハウスメーカー・工務店の住み心地リンク集INDEX】 

【ただいま建築中】
◆南国で暮らす快適な家

◆陽だまりのおうち★  

◆家づくり 〜ゆらりと行こう〜


【Web内覧会リンク集】

*タイトルバックの写真は我が家ではありません。右上の写真がヤマサハウスで建てた我が家です。よくヤマサハウスらしくないですねって言われます。 アクセスランキング  

自由項目1








 
ランキング参加に登録は必要ありません。 
当サイトへリンクを貼っていただくと自動で集計します。
 

汎用インクのレビュー記事は  →こちら




カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

カレンダー

2017年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:usa
それはよかったです。安心しました。

これからもはりきってブログを続けて下さい。
最近の私の家に関する悩みは、床にワックスをかけたいけどどうしたらいいものか悩み中です。
投稿者:kokko
usaさん、ごめんなさい。

 全然、そんな皆さんにご心配かけるような内容じゃないんです。
 ひょっとしてブログのブロバイダを替えるかもしれませんが、それでも家づくりのブログは続けていくつもりです。

 ご心配かけてすいませんでした。
 これからも応援よろしくお願いします。
投稿者:usa
こんにちは。

>が、ここに来て、当ブログは開設以来、最大のトラブルに見舞われています。
 ブログ存亡の危機と言ってもいいくらい。

ってなんですか??
まさか入院とか。とりあえずクリックはしました。落ち着いたらお話下さい。
少し前に見たテレビで、ブログをやることで救われた女性の話をやってましたよ。
投稿者:こだわりの家
kokkoさん

お教えいただきありがとうございました。

鹿児島は雨もすごいですものね。降灰しても流されてしまうんですね。kokkoさんのお家は屋根勾配もついているし、大丈夫ですね。

ずっと抱き続けていた素朴な疑問が解消されて、さわやかな気分です。

ありがとうございました。
投稿者:kokko
 野田メタボ赤どじょうさん、コメントありがとうございます。
 理想としてはおっしゃる通りだと思いますが、現状としては買取制度と補助金が普及に多大な効果を示しているのは否定しがたい事実です。
 この2つがなければ現在の半分も普及しなかったでしょう。
 それに私自身、そいう不満を言いたくないから設置したという面もあります。

 出荷量が増えればメーカーの収益も上がり、コストダウンのための開発費にも余裕が出ますので、現時点での政策としては有効だと思います。
 ただし、将来的には経済的に設置できない世帯での普及をどのようにして進めていくかが問題になると思います。
投稿者:kokko
 こだわりの家さん、コメントありがとうございます。

 鹿児島市は今年も降灰が続いていますので、他の地域に比較すれば不利になるのは間違いありませんが、メーカーのシミュレーションでは降灰の影響は加味されていないようです。そこまで影響は大きくないということだと思います。
 どか灰が降っても少し強い雨が降れば洗い流されますし、実際、設置されたご近所さんの話でも、ここ2年間で目に見えて発電量が落ちたのは1回だけだったということです。
よその地域の皆さんには、鹿児島では毎日のように大量の降灰があるというイメージでしょうが、地元の人はあまり気にせず太陽光を設置しているのが現状です。

 我が家も瓦屋根ですが、ヤマサハウスの家は太陽光を設置するしないで構造を変えることはありません。いつでも設置できるだけの強度にはなっています。
 我が家の敷地は公道から1mほど高くなっていますし、その公道も、前面の私道も狭くて残念ながら屋根が見えません。
 なので外観面での支障も全くなかったという訳です。嬉しいのやら、悲しいのやら・・
ですが、
投稿者:こだわりの家
お久しぶりです。

わが家はいぶし銀瓦命一家なので、電気代がいくら高くなろうと、瓦文化を守るべく太陽光発電は搭載しないと思いますが、少しに気になることがあります。

鹿児島って、櫻島とか霧島とか火山灰の降下がすごいところだと思うんですが、ああいうところで太陽電池の上に火山灰が積もったら、発電効率は落ちないんですか。

太陽光発電は少なくとも瓦並みの重量があると思いますが、kokkoさんのお家はもとから搭載を見越して屋根を頑丈に作っておられたんですか。

差し支えなければ、是非、後学のため教えて下さい。
投稿者:野田メタボ赤どじょう
太陽光発電をした電力を電力会社の電気料金よりも高い価格で電力会社に売電することができる。
その差額は電力会社が電気料金に上乗せする。
従って、太陽光発電をしていない人々が負担しなければならない。
その結果、貧しい人々はますます貧しくなる。
その上、国や自治体が税金を使って太陽光発電設備の設置に補助金を出している。
太陽光発電をしない人々はその税負担もしなければならない。
このような、貧乏人にしわ寄せがいくような制度は改めなければならない。
改善されれば、太陽光発電はより普及すると考える。

http://www.justmystage.com/home/holyweb/minshuto/minshuto.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ