ガンにも負けず高気密・高断熱の家づくり日記

kokkoいい家ネット管理人の新築日記です。
 鹿児島で高気密・高断熱にこだわり、2008年12月、ヤマサハウス「絆の家」完成 甲状腺ガンを乗り越え、37坪狭小地に住宅が完成するまでの苦難の記録。民主党 住宅ローン減税 配偶者控除 扶養控除廃止 シミュレーション 2011年入居 上棟式 餅まき 不動産取得税 固定資産税 家屋評価 Web内覧会 平成23年確定申告書 ローン控除 Low-eガラス ウンベラータ 太陽光発電

 
 

平成23年11月10日以降の記事は、新しいブログでアップします。

   → 施主のための家づくり情報サーチ〜ガンにも負けず

   *現在、2013年入居者のための住宅ローン控除を解説中
       → 住宅ローン控除、確定申告書の書き方(認定長期優良住宅・連帯債務にも対応)

kokkoの新築日記「ガンにも負けず高気密・高断熱の家づくり日記」(新着順) 鹿児島ヤマサハウス絆の家

INDEX  新着記事はこのINDEXの下をご覧下さい。

全記事表示(投稿日時の古い順に全て表示) 

以下の項目をクリックすると各カテゴリの記事を投稿日時の古い順に表示します。

プロフィール
  ・kokkoのプロフィール
着工まで 
  ・家づくりコンセプト(我が家の仕様)  ・ガンの発症  ・ハウスメーカー選び
  ・ヤマサハウスについて  ・土地さがし  ・見積り依頼〜業者決定  
  ・間取り設備の検討
工事の状況
  ・地鎮祭〜上棟  ・屋根工事〜引渡し  ・気密施工・気密測定   
完成後
  ・Web内覧会   ・住み心地  ・寒さ対策   ・インテリア  ・ガーデニング
お役立ち情報
  ・断熱材の施工 ・住宅ローン減税 ・固定資産税、不動産取得税
  ・太陽光発電 ・長期優良住宅  ・おすすめの建築関連サイト
 

【各ハウスメーカー・工務店の住み心地リンク集INDEX】 

【ただいま建築中】
◆南国で暮らす快適な家

◆陽だまりのおうち★  

◆家づくり 〜ゆらりと行こう〜


【Web内覧会リンク集】

*タイトルバックの写真は我が家ではありません。右上の写真がヤマサハウスで建てた我が家です。よくヤマサハウスらしくないですねって言われます。 アクセスランキング  

自由項目1








 
ランキング参加に登録は必要ありません。 
当サイトへリンクを貼っていただくと自動で集計します。
 

汎用インクのレビュー記事は  →こちら




カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

カレンダー

2017年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:kokko
sugyfumyさん、こんにちは

 ヤマサのオリジナル工法で京セラなら防水層を貫通しませんが、シャープでは貫通してしまいます。
 その点もシャープでちょっと残念な点ではありますが、しっかりと施工してもらうことで信用するしかないなと考えています。
投稿者:sugyfumy
こんにちは

我が家もご存知の通りシャープ製を導入しましたが、気がかりなのはモジュール設置の
時に防水層を貫通している事ですね。

ちゃんと防水施工されているのは施工写真で確認はしていますが、10年後を考えると
多少、不安は残ります。
投稿者:kokko
読者さん、コメントありがとうございます。

 シャープも確かに屋内設置も可能ですよね。しかし、C値0.3以下という素晴らしい数値が出るのであれば、施工さえしっかりやってもらえば安心ということですね。
 良かった。
 ヤマサのオリジナル工法で京セラなら防水シートは貫通しないのですが、残念なことにシャープは貫通します。
 それでも必ず垂木にビスが当たる施工方法なので心配はないと思います。
 耐震性については、幾分、心配な面もありますが、読者さんのコメントで気密性については安心できました。
 情報いただきありがとうございました。
投稿者:読者
訂正
入れて組み設計→入れて設計
投稿者:読者
シャープの太陽光を載せてます。パワコンは屋外設置ですが、機種によっては例外もあるようで屋内設置も可能なようです(騒音があるかもしれません)。モジュールのケーブルは図にある×印の箇所から小屋裏に引き込みました。
また、穴が開いた箇所は発砲ウレタンのスプレーで補修してもらいます。
気密検査してもらいましたがC値0.3以下なので特に問題ないかと思われます。
一番怖いのはモジュール設置の際に釘などで屋根の防水層をつきやぶることや、モジュールの重さが耐震性に与える影響ですかね。
自分の場合は設計時に太陽光パネルの設置を考えていましから、構造計算でモジュールの重さを計算に入れて組み設計しました。
ソーラーパーネルは楽しいですよ。モニターを付ければリアルタイムで発電量と消費量がネットのLAN環境で把握できます。
障害があればすぐにシャープのコントロールセンターに連絡がいき対応してもらえます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ