2013/2/27

高単価でお客をGET  

高単価でおお客をふるいにかけ、特定の動機だけをつかみ取る、一種の排他ビジネスというようなものが有ります。料亭なんかもそのことである。宿泊場所等はそれの典型と言えますね。こういう排他ビジネスは、初期投資が莫大となる。投資額それのものが参入障壁そのためすから、当然と言えますね。だれにも真似の出来ないような投資をして、そのことでバリアを築いてしまう。



 巨大投資でペイしている為には言うまでもなく、経営費用を下げないと成りないでしょう。宿泊場所は、人件費や家庭賃はかかりますけれど、宿泊の原価は普通的に無料である。ビジネス宿泊場所は巨大投資には成りませんけれど、やはり自前の飲食施設を持たないケースは原価ゼロの業界である。人件費も低く抑制しられますから、稼働率さえ上がれば、メチャクチャ儲けられるビジネスである。



 飲食業のケースは原価率ゼロというようなわけにはいきませんけれど、高投資型のビジネス形態も「アリ」というようなことは、頭に入れておきませんか。市場所は限りされますけれど、特定の動機を狙い打ちしている店で、高単価が取れて、高荒利益率を確保出来る商売である。詳しくは贅沢料亭、フレンチやイタリア料理、または寿司等の贅沢専門店、さきほどの高単価喫茶店等である。いずれも初期投資は高く、高クオリティの居住性を具備して居ないと成りないでしょう。その上、高単価を取れるだけの品のクオリティを持っていますか、それに、そのことを支えるだけのサービスの高クオリティ性が保有されていますかどうか、ここがテーマになることでしょう。言い換えると、品力、サービス力、居住性の三拍子がそろって居ないと、こういう排他ビジネスは成り立つたないというようなことである。

簡単に作れる美食料理

 もう1つ、高単価、高荒利の商売というような分野には、絶対カテゴリーキラーやディスカウンターが登場所して、それのバリアを突き崩しましょう。「私のイタリア料理」「私のフレンチ」が今、人気を呼んで居ますけれど、これは贅沢専門店のカテゴリーキラーと言えますね。値段をおもい切り引き下げ、原価を50%近くかけ、それのかわりお客数(回転数)で稼ぐスタイリングである。荒利を抑制してこれまでと本当違った利益構造で商売をしている旗手の登場所である。
0

2013/2/7

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ