富士通5千人削減へ

2013/2/7 
不振が続く電機業界ですが、今度は富士通でした。
富士通は国内外の従業員5千人を削減すると発表しました。半導体事業でパナソニックや台湾企業とつくる合弁会社にも4500人が転籍し、あわせて全従業員の5・5%にあたる9500人が富士通を去ることになります。赤字の半導体を中心にコスト削減を進める狙いです。

5千人のうち約2千人は半導体事業で削減します。約8600人いる半導体関連の従業員を1千〜2千人に減らし、事業を大幅に縮小して黒字化を図る。残る3千人は、海外の工場などで削減するということです。

今回のリストラでは、退職金を割り増しする早期退職制度を実施する方針で、今後、労働組合と時期などを協議する。富士通は赤字に陥っているシステムLSI事業を切り離すため、開発設計部門はパナソニックと、製造部門については台湾積体電路製造(TSMC)と合弁会社を作り、工場や従業員を移す方針です。

退職金割増ならいいですよね〜。
0


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ