中国経済2017年に世界一か

2013/2/7 
最近停滞ぎみの中国ですが、やはり無視できないというニュースです。世界金融危機が経済の重心の移動を加速させたため、中国は早ければ2017年に米国を抜いて世界一の経済体になるというのです。

これによると、21世紀の初めの20年間には、中国の経済成長ペースが政府の設定した最新の目標値7%に達する見込みで、購買力平価で計算すると、中国の経済規模は早ければ17年に米国を抜く。50年には1位から3位を占める中国、米国、インドと4位のブラジルとの差が大きく開き、5位から8位には日本、ロシア、メキシコ、インドネシアが並ぶという。

人口高齢化の加速と実際の労働力コストの継続的上昇により、中国は輸出依存型の経済体から内需推進型の経済体へのモデル転換を促される見込みだ。2021〜50年にかけて、中国経済は徐々に成熟するとともに、成長率が鈍化していくことが予想されるということです。

やはり人口に勝るものはないですね。
0


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ