2012/8/21

充電式乾電池は予備を用意しよう  

充電式乾電池は予備を用意しておくと便利です。どの程度使っているのかにもよりますが、最低でも2本は欲しいところですね。

例えば小型の時計に充電式乾電池を使っていたとしましょう。残量がなくなり、小型の時計が動かなくなってしまったら困りますよね。

すぐに今まで使っていた充電式乾電池を充電したとしても、充電が完了するまで結構な時間がかかるため、その間は時計が止まった状態になります。

それが時計を必要としない時間帯であればさほど問題はありませんが、時計を必要とする時間帯だと少々困ってしまうと思います。

その時計が目覚まし時計で、これからまさに寝る直前だったとしたら大変ですよね。朝の合図をしてくれる時計がなくなれば寝坊はほぼ確定です。

しかしここで充電式乾電池の予備があれば安心です。すぐに新しい受電式乾電池をセットすれば再び動き出してくれます。

充電式乾電池は繰り返し使えるのがメリットですが、残量がなくなると再び使えるようになるまで時間がかかります。

1秒や2秒で充電が完了するわけではありません。それを考慮したうえで、予備を用意しておくと役立つでしょう。

予備はいつでも使えるよう、頻繁に充電しておくと良いと思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ