東京から船で約8時間。
伊豆諸島の御蔵島には約200頭のイルカがいます。

私はイルカが大好きなので、ぜひ御蔵島でイルカウォッチングをしたい!と思っていました。
でも、実際に行く計画を立て始めてみると、個人手配で行くか、ダイビングショップを使って行くか…など、いろいろ悩みました。

そこで、御蔵島で実際に出会った旅行者たちからの情報も交えて、私が調べた「御蔵島へ行きたい!」という人へのお役立ち情報を残しておこうと思います。

2008/12/17

御蔵島でイルカウォッチングができる時期  

御蔵島にイルカを見に行きたいと思ってから、さっそくネットを利用していろいろ調べ始めました。

まず、御蔵島観光案内所のホームページで情報収集。

御蔵島ではイルカウォッチング=水中に入ってイルカと一緒に泳ぐこと、のようです。
船上からイルカを見るだけということもできるようですが、泳ぐ人たちと同じ船で、同じ料金だそうです。

上のホームページには書いていなかったような気がするのですが、実は御蔵島のイルカウォッチングは『3月15日から11月15日まで』というルールがあるようです。
11月16日から翌年の3月14日までは、イルカウォッチング禁止期間になり、宿も休業するところが多いようです。
まあ、寒い時期に好んで海に入りたいとは思いませんが…

トップシーズンはやはり7・8・9月と聞きましたが、大変混み合うそうです。
また、3月・11月は海が悪くなる(=イルカウォッチング船が出港できない、東京行きの船が出港できない)ことが多いし、海が冷たいとのことです。
イルカウォッチング船の方に聞いたところ、『3月は条件は悪いけれど、イルカのご機嫌は良い』と言っていました。

夏になるとイルカが人に追い掛け回されすぎて、逃げるようになるらしいです。

そういうことも加えて考えてみると、イルカウォッチングに行くベストな時期は4〜6月と10月で、時間に余裕があって寒さに耐えられるようであれば3月の解禁時期と同時に行くのが良いのかもしれません。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ