2017/3/13


情報・画像提供:ねむろトコロジストの会  
今回は、元気象庁職員で毎年流氷観測にも
協力いただいている船山様より情報提供がございました。

 3月12日午前、春国岱に規模の小さい流氷が到着しました。
11日朝、根室沖に南下した流氷の一部が潮流に乗って流れたようです。
今後、根室港に接岸するかどうかは難しいが、
今週16〜18日にかけ強い北風が吹くと
予想されているので接岸する可能性はあります。
ただし、強風で砕けてしまうこともありそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


また、根室市街地でフキノトウが顔を出しはじめていました。
3



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ