HP&ブログお引っ越ししました。  イラストレーション

HP&ブログこちらに、お引っ越ししました。

HP
http://yurikokomatsu-illustration.jimdo.com/

ブログ
http://yurikokomatsu.jugem.jp/

よろしくお願いします。

0

個展のお知らせです。  展示のお知らせ

10月11日(火)〜16日(日)まで、
表参道の「ギャラリードゥディマンシュ」で初個展します。
12時から20時までです。

 いろいろあった今年の春、、、。
明るく楽しい空間をつくりたいと思っています。

 初日を除く毎日、14時過ぎ頃より在廊予定です。
お気軽にお立ち寄りください。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1

ひとつになろう日本  イベント

「頑張れ日本!東日本大震災チャリティTシャツ」の原画展示&販売

2011年5月3日(火)〜5日(木) 3日間
11:00〜17:00
※開催時間は、変更になる場合がございます。

http://www.fujitv.co.jp/gotofujitv/event/index.html

こちらのチャリティーイベントに参加させていただきました。
お時間ありましたらぜひ!!

クリックすると元のサイズで表示します
0

デザフェス  イベント

5月14,15日の2日間。
高円寺のカフェ ca*n*ow Roomの仲間たちと
デザインフェスタに参加します。
私はポストカードを数点出す予定です。

お時間ありましたらぜひ遊びに来てくださいね。

デザイン・フェスタ Vol.33

会 期 : 2011年5月14日(土)・15日(日)
開催時間 : Open11:00 - Close19:00

http://www.designfesta.com/event/index.html



0

明日で一週間。  

明日で、地震から一週間。
まだまだ、混乱は続いている。
会社の電気は、節電のため1/3くらい消していて、なんとなく暗い。暖房も加湿器も、あったか便座もウオシュレットも使用してない。

地震の前は、朝起きて、コーヒーを入れて、パンを焼き、iPodを聴きながら身支度を整え会社に行くそれが私の日常。
今、スーパーには、パンどころか何にも売っていない。
少しの食材と冷凍庫の在庫で何とか過ごす。

…被災者の方に比べたら、暖かい部屋でご飯を食べているのも、申し訳なく思う。

朝も、音楽を聴くより、テレビの地震関連のニュース。

でも、テレビは、徐々に通常の番組の放送になって、少しづつ日常生活が戻ってきている。

だけど、
あのとき、昼休みにマンションのエレベーターを降りて、自転車置き場に向かうとき、前の誰かの自転車がゆらゆらとスローモーションのように倒れ、地面が揺れていた。
揺れは、更に大きくなりゴーゴーと地鳴りの音が聞こえる。
マンションから住人が続々とでてきたけど、部屋には娘がひとりでいたので、私はマンションの駐車場から7階の自分の部屋を見上げてた。
阪神淡路大震災のとき、大きなビルやマンションがたくさん倒れてた。
揺れは長くいつまでも大きくて、みんな悲鳴をあげていた。

娘の携帯にかけようとしたけど、手が震えて押せなかった。
本当に怖かった。
揺れがおさまると、7階の廊下から娘が手を振っていた。
とりあえず降りてくるように言って、娘が駐車場に出てしばらくすると二回目の茨城の地震。
マンションの敷地内の給水設備が壊れて、水が溢れていた。
とりあえず、階段で家に戻ると家具は倒れてなかったけど、棚の中身が半分くらい落ちて散乱してた。冷蔵庫の扉も開いて何か落ちてる。お水が出なくなると思い、お風呂にお水をはり、捨てる空のペットボトルに何本かくんだ。
実家や、息子の学校、会社にも電話がつながらないので、一度会社に戻るとパソコンやシュレッダーが倒れていた。

残りの仕事を片付け、早めに退社。
余震が続くなか、息子とメールが出来たのは19時くらい。
隣町の保護者の車に乗せてもらえて、12時過ぎに息子が帰宅した。

土曜は夕方までにお水が回復。
日曜日に、予定があったので銀座に出かけた。
日曜なのに、がらからの地下鉄。
まだ20時なのに、真夜中みたいに暗い銀座。
月曜日の息子の卒業式は、一旦中止、出社すると混乱した業務に追われてくたくたになった。
火曜日、夜遅く明日のMJの授業が中止の連絡。
水曜日、会社から市を通して福島へ物資が送られた。

余震も今日は、あまりなかった。あと一週間、また一週間たてば、スーパーの棚もいっぱいになって、いつか記憶は薄れ、日常に戻ってゆくの?

コーヒーのいい香りと、たまにちょっと高いパンを焼いて食べる幸せな気持ちや、お気に入りの音楽を聴いて過ごす日常は、贅沢なことじゃなかった。

被災者へのできる限りの支援を心に置きながら、自分の気持ちの日常も取り戻して強く生きたい。
0




AutoPage最新お知らせ