2008/2/19

魔王(BS朝日版)12話  魔王

ヨンチョルの、12年前の記憶・・

オスたちを殺してやろうと、ナイフを用意していたヨンチョルを、テフンが止めて、
そのナイフを預かったのね・・
自分のナイフで、テフンが刺される一部始終を、ヨンチョルは見ていた・・
「恨みを晴らしてやる」って、泣いてます・・

ソクジンに写真が送られてきたが、これまでのパターンによると、
被害者には必ずタロットを送る。
殺人に利用した者には凶器を。

ソラを車で送るスンハ
「オンマにとっても会いたい」って、ソラが言った時、
自分もオンマに会いたい、って思ったのかしら・・・

12年前の事件の後、テフンの弟テソクが、オスアボジを訪ねてきたことがあった。
「覚えていてください。いつどこにいても僕があなたの息子と家族を見ていることを。
そして、再び会いに来ることを」

ソラがヨンチョルを知らないと言ったので、捜査は振り出しに戻った
でも、実は、ソラは「悪い人たちに聞かれたら、おじさんのことを知らないと言う」と、約束していたのでした

図書館で話しているオスとヘイン
以前ヨンチョルがオーストラリアにいる間にも、チョドンソプに手紙が送られていたので、第2の人物がいる、とオスは言い、
自分に送られてきた高校時代の写真と手紙を見せた
手紙に書かれていた文は、「神曲」の一節で
地獄の始まりを知らせる言葉だった

「犯人に利用されている恐れがあるから、残像を見るのはやめにした方が」とヘインは言うが
オスは「たとえそこが地獄でも犯人に会えるなら」って・・
ここのシーンで、地獄の門を見上げるスンハ、またまた怖い〜〜
でも、怖いスンハ見るのがくせになりそう〜〜

ソンジュンピョにも宅配が届いた
タロットカードと12年前の記事だった

スンハは、オスに、ソン記者がかぎ回っていることを知らせる

ヘインが見た残像は、図書館の本の分類番号だった
「イタリア文学」の書架には「神曲」そこにはさまれていたのは赤い封筒・・
「この地獄から逃れる唯一の道は自分を守ることだけだ」という手紙と
「月」のタロットカード
今は夜だから、明るくなるまで待て
もし焦って動くと、赤いサソリに刺されるという意味なんだって・・


スンハは花束を手にヌナを訪ねてきた
ヌナは視覚障害の上、体も悪いのね・・
「寂しさもストレスの一因です」とお医者さんがスンハに説明しています

ソラが「オンマ マニマニ ポゴシッポヨ」って言ったので、スンハ、ヌナに会いに来たのかしら・・
ヌナはスンハにとって大事な家族なのね・・

ソンジュンピョは叔父を訪ねる

スンハは窓辺で花を見ながら思い出している・・
花屋の前で一人の少年が、もう一人に
「すごくいいにおいなんだ
だから姉さんも好きみたいだ」
・・スンハは、花の香りを嗅ぐんですが〜
この時のしぐさがすてきでした
私も黄色いフリージア好きですぅ〜〜〜
クリックすると元のサイズで表示します
0



2008/2/21  0:24

投稿者:えみま

よこりちゃん〜
そうかもしれないですね〜
私も頭がぐるぐる〜〜@@

2008/2/20  22:41

投稿者:よこり

殺人に利用した者には凶器を送るのは、テフンを刺したナイフが刺した人のものでも刺された人のものでもないってことと関係あるんでしょうか。何だかいろいろ考えすぎて頭がぐるぐる〜 @o@

2008/2/20  8:34

投稿者:えみま

じゅーこさん〜
>自分がソラちゃんをそういう風にしてしまってる罪の意識

じゅーこさんの解釈が当たってると思います〜^^

2008/2/20  1:42

投稿者:じゅーこ

えみまさん、kanmamaさん、あんにょん♪

私もフリージアの花の香り、大好きです^^
kanmamaさんから、ご主人に送られたんですね^m^

スンハにヌナ?えっ?どういう事?…確かに初めて見た時に、思いましたね^^

今日のツボは、ネタばれにも書きましたが、
ソラちゃんが「マニマニ ボゴシッポヨ」言った時に辛そうにしてたスンハ(自分がソラちゃんをそういう風にしてしまってる罪の意識?と私は解釈して、スンハ辛そう…キュンって思ってます(^^ゞ)、あとヌナを見上げるスンハですね♡

2008/2/19  23:02

投稿者:えみま

kanmamaさん〜
ご主人にkanmamaさんから花をプレゼントしたんですか?
私は主人に花をあげたことはないなぁ〜〜

>この回のシナリオをもらったときに「おっ!スンハにヌナが・・・」と思ったんですね。

そうでしたね〜笑

2008/2/19  19:15

投稿者:kanmama

このお花 フリージア 本当にいい香りです。私が主人に初めてプレゼントしたお花なんですよ^^
こんなに沢山あったら、結構部屋いっぱい
いい香りで充満しますね〜〜。
もう少しすると、沈丁花のいい香りがあちこちで香りますね。この回のシナリオをもらったときに「おっ!スンハにヌナが・・・」と思ったんですね。(by 横浜)


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ