はじめに・・・  

新潟の温泉を拠点として、湯巡りと温泉研究をしています。
日帰り入浴がメインですが、仕事等も忙しく最近は宿泊してのんびり。。なんてスタイルが中心です。
2016年現在2,600湯
当ブログでは最近と過去に入湯した湯巡りからランダム的に印象に残った温泉・鉱泉を順次アップしていきたいと思っております。ブログをご覧の皆様も日本の温泉地をぜひ応援してください。
クリックすると元のサイズで表示します
8

2017/3/21

旧湯田上温泉  ユーチューブ動画

新潟県 田上町 旧湯田上温泉のレポート











0

2017/3/10

塩江温泉郷 奥の湯温泉  四国の温泉

クリックすると元のサイズで表示します
営業終了情報です。塩江温泉観光協会様に確認しました😢
塩江温泉観光協会HP
http://shionoe.jp/
【高松市 奥の湯温泉】平成29年2月27日(月)で営業終了
◆休館情報
【行基の湯】平成29年2月1日〜耐震調査の為。
足湯は入る事が出来ます。
営業時間
11時〜17時
定休日
毎週火曜日 雨天の時は休み

高松の奥座敷、山奥の秘湯でした。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/3/6

シーサイド温泉のうみ 能美海上ロッジ  山陰の温泉

広島県江田島にある能美海上ロッジに行きました。
クリックすると元のサイズで表示します
広島港から高速船で30分の島にある温泉です。道路も整備されているので、車でも行く事が出来ます。その名の通り海の上に建物が建っており、満潮時には波の音が下から響いて来て、まるで海の上に浮かんでいる様です。
クリックすると元のサイズで表示します
広島県で数少ない昔ながらの源泉掛け流し温泉です。金色の湯はナトリウム-カルシウム・塩化物強塩温泉で温まりの湯、入浴後も身体ポカポカで湯冷め知らず。
クリックすると元のサイズで表示します
宿泊者は隣接するシーサイド温泉のうみの日帰り入浴が出来ます。
露天風呂あり。(循環濾過あり)
こちらは営業は3月末迄との事です。江田島は静かで美しい島でした✨
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

詳細は能美海上ロッジHP↓
http://www.kokumin-shukusha.or.jp/annai/ken/hirosima/434173.html




0

2017/2/9

湯浜温泉 三浦旅館  宮城の温泉

携帯電話も通じない自家発電のランプの秘湯の宿、湯浜温泉 三浦旅館。
駐車場より登山道を徒歩7分。
クリックすると元のサイズで表示します
川沿いを歩いて行くと
クリックすると元のサイズで表示します
硫黄臭が漂い、よく見ると通路や川の中で硫黄が白く析出して自噴しているのを確認できます。
クリックすると元のサイズで表示します
露天風呂。着替える小屋はあるものの、登山者が通ります^^;
無色透明でツルツルの入浴感。
クリックすると元のサイズで表示します
震災後に再訪しました。
クリックすると元のサイズで表示します
夜はランプが灯ります。
クリックすると元のサイズで表示します
内湯。とうとうとお湯が流れて行きます。
クリックすると元のサイズで表示します
入湯証明書を頂きました。
クリックすると元のサイズで表示します

11月下旬から4月下旬まで冬季休業(要問合せ)

住所: 宮城県栗原市花山本沢岳山1-11
TEL :(090)8925-0204

内湯/単純硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉)
露天風呂/硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉)

入 浴 :¥500円 諸税込 AM8:00〜PM6:00(9月〜PM5:00)
宿 泊 :8,OOO円(一泊二食 諸税込)〜




 
 


0

2017/2/3

庄内町ギャラリー温泉 町湯  山形の温泉

クリックすると元のサイズで表示します
JR羽越本線余目駅から徒歩7分。旧余目温泉 梵天が有名建築家の設計でスタイリッシュにリニューアル。
日帰り入浴施設 庄内町ギャラリー温泉 町湯に再訪ですクリックすると元のサイズで表示します
加温かけ流しの温泉は薄茶褐色。茶色の湯華も見られる、ツルツル美肌の湯の単純温泉。分析書には有機質の記載はありませんが推測では薄いモール泉系の温泉です。新寒河江温泉を彷彿させます。ヒノキの湯船、浴場はヒバの木造り。中庭を囲むように設計されたモダンな露天風呂でした。カランも温泉です。驚いたのはトイレの水も温泉を利用していることでその旨も明記されています。
クリックすると元のサイズで表示します
住所:山形県東田川郡庄内町余目字土堤下35番地2
TEL :0234 - 43 - 2222 
日帰り入浴 9:00 - 22:00 (最終入館 21:20)
定休日 毎月第2水曜日
入浴料 大人\ 450 /子供\ 220

JR余目駅の前には庄内町新産業創造館クラッセがあります。
乗り継ぎ時間でカフェ「余目製パン」を利用しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/ayumi491211/11600401.html


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ