2016/5/12

バルバコア  ほうげん・ひょうげん

日本語には「焼肉」というそもそもの日本語と「バーベキュー」というカタカナ語があり、同じ肉を焼くのでも味付けや焼き方が違いますよね。しかし炭火で肉を網焼きにするイメージで、両者をまとめて考えてみましょう。

バーベキューにあたるスペイン語を探すと barbacoa(バルバコア)につきあたり、焼肉にあたるスペイン語を探すと carne asada (カルネアサーダ)につきあたります。どっちも炭火で肉を網焼きにするイメージかと思います。

メキシコでは「炭火で肉を網焼きにするイメージの料理」は、carne asada と言うそうです。

しかも「barbacoaはバーベキューとはまったく異なる料理である」と言うのです。「日本人は、バーベキューのスペイン語がbarbacoaだと思い込んでいるが、それは間違いである」とまでメキシコ人は言うのです。

私は今までスペイン語圏で、確かバルバコアで通じてたと思うんですよー。

メキシコのタコスには上に載せる具が色々ありますが、「アル・パストール」といえば豚肉、「ビステック」といえば牛肉、そして「バルバコア」といえば羊の肉を使っているそうです。屋台と縁遠い私はタコスに関してド素人なのですが、バルバコアがどうやら羊肉料理らしいと今日知りました。

そしてどうも、barbacoa という単語は、スペイン語圏のそれそぞれの国で違う意味を持っているのではないか、と疑い始めました。辞書を見ると、やっぱり色々出てきましたよ。

確かキューバでは、ロフト(屋根裏部屋)のことをbarbacoaと呼んでいたのではなかったかしら。ぜんぜん違う物ですよねん。
0

2016/4/6

虫の名前  ひとくちスペイン語

先日、とある会話クラブで、なぜかテーマが「虫」になり、虫の名前について話していました。

蜘蛛:araña
タランチュラ:tarántula

メキシコには、毒を持った危険な蜘蛛で「viuda negra」と呼ばれているのがあるそうです。タランチュラとは違うらしいです。なぜviuda negra(直訳すると黒い未亡人)と呼ばれるようになったのかは謎ですが、確かに黒い、とのこと。

蟻:hormigas
白蟻:termitas

白蟻は、辞書によるとhormiga blancaという日本語直訳と同じのもありました。

ミツバチ:abeja
スズメバチ:avispa

ここで初めて知ったのは「cintura de avispa」という表現があること。上から90/60/90cmのように、(女性の)スタイルが良くウエストがきゅっとくびれている様子をこのように言うそうです。画像検索でスズメバチを見て「はは〜、なるほど」と思いました。
0

2016/2/18

Buen provecho!!  ひとくちスペイン語

スペイン語には、他の誰かが食事をしているとき、また、同じテーブルで食事をしていて自分だけ立ち去るときなどの声かけ、
¡Buen provecho! という表現があります。

日本語の「いただきます」「ごちそうさま」の表現が特有であり、ほかの言語に置き換えることが難しいのと同じように、このスペイン語を日本語にすることも難しいのですが、辞書によると「ゆっくり召し上がれ」となっています。provecho には「飲食物による益」の意味があるそうです。

¡Que aproveche!
という表現も「ゆっくり召し上がれ」という意味で使われます。こちらは aprovechar(機会などを有効に利用する)という動詞が接続法三人称現在形に活用しています。

このふたつの表現の違いがどうもよくわからなかったのですが、メキシコでは aprovechar という動詞を「ずるい方法で悪用する」「人の弱みなどにつけ込む」という意味で使われることが多いので、食事どきの声かけには buen provecho, または単に Provecho を使ったほうが良いそうです。

そういえば私が食事しているとき、「お食事を楽しんでくださいね」とメキシコ人に日本語で言われて、なんだかこそばゆい感じがしましたね〜。立ち上がるときに「どうぞごゆっくり」なら日本でも言いますが。
0

2016/2/14

トテミシモ  ほうげん・ひょうげん

メキシコ発、ハポニョールのご紹介です。

私の出身は札幌で、いまごろ雪まつりが開催されていると思うのですが(もう終わるかな)、当然2月はとても寒いです。

とても寒いです。⇒ とてもとても寒いです。 ⇒ トテミシモ寒いです。

日本語の「とても」を絶対最上級の形、totemísimo にしてみました。

これ、なぜかメキシコ人にバカ受けでした。


でも良く考えると「とても」は muy(副詞)にあたるので、-ísimo が付いて絶対最上級になるのはおかしいのかなー。

mucho は muchísimo になれるんですけど。
1

2016/1/23


朝晩寒い日が続いています。特に家の中が寒いんです。

Hace frío. (気候が)寒い。

Tengo frío. (私が)寒い。

このふたつの違いはスペイン語のテキストでも良く出てきますよね。この場合の frío は「寒さ」という名詞です。ところが昨日「あなたの家は寒いか?」と聞きあってる時に、

¿Su casa es fría? あなたの家は寒いか?

…と、SER動詞を使って聞かれたので新鮮な驚きでした。この場合、casa(家)という女性名詞に合わせて形容詞の「寒い」が fríaになっているわけですね。

¿En su casa hace frío? あなたの家では寒いか?

…というのが普通なのかと思ってたんですが。

寒いとか暑いとか話すときに、ESTAR動詞を使うのも聞いたことがあるんですが、これはどうなんでしょう。

Está fría.  …だと、壁なんかに触って冷たい、冷えてる、って感じのようです。

メキシコ人の4人の女子が口をそろえて説明してくれました。スペイン語の専門家に聞いたわけではないですが、スペイン語の「寒い」には色々あるんだなぁと今更ながら感心しました。


メキシコのひとりごとはこちらに書いています。

⇒ クエルナバカはいつも春
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ