2008/11/16

結婚おめでとう  ほうげん・ひょうげん

「結婚おめでとう」ってスペイン語で何ていうの?

これで検索して当ブログにたどり着く方もよくいらっしゃいます。
実は私自身も、先日検索して、「あれ?これ私のブログじゃん」ということになりました(汗)。「結婚おめでとう」というテーマでは今まで書いてないのですが、「お誕生日おめでとう」のコメント欄にあれこれ書いていたんですね〜。

そこで、それを含めてまとめてみますと。。。

ペルー人に聞きました。
¡Felicitaciones (por su matrimonio)!

コスタリカ人に聞きました。
¡Felicidades (por su matrimonio)!

スペイン人に聞きました。
!Felicidades! または ¡Enhorabuena!

一般的な「おめでとう」は ¡Felicidades!(←これ一番簡単)
なにかやり遂げた(成功)には ¡Enhorabuena!
結婚の場合はどっちでもOKなんですね〜。そうか「やり遂げた」のかぁ、、。

「結婚おめでとう」とつけたいときは、後ろに por su(tu) matrimonio とか por su(tu) boda とかつければ良いでしょう。

またスペインの若者の間では、結婚式に新郎に、
¡El choche está en la puerta!
と言うらしいですよ。直訳すると「車が門にある」、要するに、車を出口に用意してあるから逃げ出したいならどうぞ、という冷やかしのようですね。

ところで、メキシコ人に聞いたら…、
風変わりな伝統の1つに、「友人や親戚が、毛布で新郎を胴上げする」というのがあると教えてくれました。地方の村では、結婚のお祝いが1週間続くところもあるそうです。

結婚式については、日本でも多様化しているし、スペイン語圏ではどうなのか調べたらキリがなさそうなので、この辺で退散します! 
5



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”