サイコロジカルラインの見方  

サイコロジカルラインはその名の通りにサイコロジカル、psychological、心理的な線といった意味となります。

これは投資家の心理を指すもので、株価が連続して上がり続けたときには、ここまで上昇が続けば、次は下がるだろう、と言った心理のことです。
一方的に株価が動き続けてしまうことで、もうそろそろ下がるだろう(若しくは上がるだろう)といったタイミングのことを指す言葉です。
投資家にとっては自然と働いてしまう心理を利用して指標とも言えます。
サイコロジカルラインの目安とされているのは、一般的には25%と75%のラインになります。
70%を超えた時にはそろそろ下がるだろう、と言ったことで、逆に30%を切った時にはそろそろ反発して上がるだろうと言った予測をする時の参考とすることが出来るのです。
では、サイコロジカルラインの活用法はどういったものになるのかを見ていきましょう。

方法はとても単純なものだと言えます。
過去10日間において、株価が上がれば勝ち、下がれば負け、と考えたときに、7勝3敗ですと70%となります。
逆に、3勝7敗で30%となるということです。
注意しておきたいこととして、サイコロジカルラインが7勝3敗だから売り時、3勝7敗だから買い時と単純に決めつけてしまうのは危険であると言うことです。
確かに過去のデータを見ますと、東証一部に上場している銘柄であれば、サイコロジカルラインが目安となる数値を超えることは滅多にないようです。
ですが、サイコロジカルラインが10勝であっても、2勝以下であってもそれが株価の底値であるとは限らないですよね。

あくまでも目安としてとらえ、サイコロジカルラインが目安を超えるようであれば、買いを見送る、売りを見送る、くらいに捉えておくと良いかもしれません
0

株の配当  

資金に余裕がある方は、配当を狙ってたくさんの株式を購入しています。
そして、株主優待は個人投資家にとっては、株式投資をする上で大きな魅力でもあります。
0




AutoPage最新お知らせ