2012/7/23 | 投稿者: glrlれ

合を聞いた。都合の好

いも悪いもなしにただぶらぶら古い家の中に寝起
ねお
きしている私に、こんな問いを掛けるのは、父の方が折れて出たのと同じ事であった。私はこの穏やかな父の前に拘泥
こだわ
らない頭を下げた。私は父と相談の上招待
しょうだい
の日取りを極

めた。
 その日取りのまだ来ないうちに、ある大きな事が起った。それは明治天皇
めいじてんのう
のご病気の報知であった。新聞紙ですぐ日本中へ知れ渡ったこの事件は、一軒の田舎家
いなかや
のうちに多少の曲折を経てようやく纏
まと
まろうとした私の卒業祝いを、塵
ちり
のごとくに吹き払った。
「まあ、ご遠慮申した方がよかろう」
 眼鏡
めがね
を掛けて新聞を見ていた父はこういった。父は黙って自分の病気の事も考えているらしかった。私はついこの間の卒業式に例年の通り大学へ行幸
ぎょうこう
になった陛下を憶
おも
い出したりした。



 小勢
こぜい
な人数
にんず
には広過ぎる古い家がひっそりしている中に、私
わたくし
は行李
こうり
を解いて書物を繙
ひもと
き始めた。なぜか私は気が落ち付かなかった。あの目眩
めまぐ
るしい東京の下宿の二階で、遠く走る電車の音を耳にしながら、頁
ページ
を一枚一枚にまくって行く方が、気に張りがあって心持よく勉強ができた。
 私はややともすると机にもたれて仮寝
うたたね
をした。時にはわざわざ枕
まくら
さえ出して本式に昼寝を貪
むさ
ぼる事もあった。眼が覚めると、蝉
せみ
の声を聞いた。うつつから続いているようなその声は、急に八釜
やかま
しく耳の底を掻

き乱した。私は凝
じっ
とそれを聞きながら、時に悲しい思いを胸に抱
いだ
いた。
 私は筆を執

って友達のだれかれに短い端書
はがき
または長い手紙を書いた。その友達のあるものは東京に残っていた。あるものは遠い故郷に帰っていた。返事の来るのも、音信
たより
の届かないのもあった。私は固
もと
より先生を忘れなかった。原稿紙へ細字
さいじ
で三枚ばかり国へ帰ってから以後の自分というようなものを題目にして書き綴
つづ
ったのを送る事にした。私はそれを封じる時、先生ははたしてまだ東京にいるだろうかと疑
うたぐ
った。先生が奥さんといっしょに宅
うち
を空

ける場合には、五十恰好
がっこう
の切下
きりさげ
の女の人がどこからか来て、留守番をするのが例になっていた。私がかつて先生にあの人は何ですかと尋ねたら、先生は何と見えますかと聞き返した。私はその人を先生の親類と思い違えていた。先生は「私には親類はありませんよ」と答えた。外人 出会う先生の郷里にいる続きあいの人々と、先生は一向
いっこう
音信の取

り遣

りをしていなかった。私の疑問にしたその留守番の女の人は、先生とは縁のない奥さんの方の親戚
しんせき
であった。私は先生に郵便を出す時、ふと幅の細い帯を楽に後ろで結んでいるその人の姿を思い出し
0

2012/7/23 | 投稿者: teacup.ブログ 運営担当

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ