2012/3/12

誰しもが憧れるチューブライディング  

生き方を見る、サーファー木本直哉とは

こんにちは。「生き方を見る、サーファー木本直哉とは」では、サーファー木本直哉さんやサーフィンについてお話しているブログです。
今日はチューブライディングについてお話していきたいと思います。

チューブライディングはサーファーなら誰もが憧れますよね。
日本ではなかなかチューブを巻いた波など見ることはできませんが、いくつかの条件が重なればチューブを巻いた波が立つことがあります。

チューブが出来る波となるとサイズもあり、パワーもあります。
波の最もパワーがあるところに入って行くので恐怖心がありますが、目をつぶらず出口を見ましょう。間違っても初心者の方は挑戦しないでください。チューブライディングをするためには、テイクオフをどれだけ早くできるかです。テイクオフしたら積極的にチューブの中に入ります。迷ってしまったらアウトです。巻かれます。視線は常にチューブの出口を意識しましょう。

木本直哉さんもチューブライディング出来るのかな・・・

0

2012/2/15

木本直哉のサーフィンから知った波の名前  

生き方を見る、サーファー木本直哉とは

こんにちは。サーファー木本直哉さんやサーフィンについてお話しているブログです。
木本直哉さんのサーフィンについて調べていると、波の名前について知ることが出来ました。

波の名前は色々あるみたいですね。
一部ですが、以下のような感じです。

スープ
これは波が崩れた時に出来る白い泡の部分です。
波の動きが複雑かつ不安定な部分でもありますので実力が試されます。

フェイス
波の内側の斜面の事で、波に乗る基本となる部分です。
この部分を中心にライディングして加速したり方向転換したりしてキメ技へと繋げます。
フェイスの他に「ショルダー」と言う方もあります。

ボトム
波が内側の斜面を形作る前の場所です。
とても安定しているので初心者でも大丈夫かと思います。

トップ
波の最上部の部分を言います。


波というのはど素人発言だそうです!!笑
サーフィンを上達していくには、言葉も覚えていかなければいけませんね。

それでは、木本直哉さんとサーフィンについては以上になります。
さよなら!

0

2012/1/24

木本直哉とスープライディング  

大分お久しぶりです皆さん
今回の生き方を見る、サーファー木本直哉とはは木本直哉とスープライディングなので、木本直哉とスープライディングについて話していきたいと思います

波に押される感覚をつかんだら、いよいよスープライディングです。スープに押されるスピードを生かして、バランスを崩さないように立ち上がります。サーフボードに手をついて上半身を起こすまでは、「波に押されよう」のところとまったく同じです。
上半身を起こし、視線を進行方向にしてサーフボードは見ないようにします。そして、一気に左足(レギュラーの場合)をカラダにひきつけ、サーフボードの上に立ち上がります。
足の位置が前過ぎても後ろ過ぎてもバランスが崩れて不安定になります。足の位置は非常に大事なので、何度も練習して感覚を身につけましょう。


木本直哉さんの立ち方などを見ていると結構参考になりますね



0

2011/12/12

木本直哉も欠かせない筋トレ?  

こんにちは!木本直哉さんやサーフィンについてお話している「生き方を見る、サーファー木本直哉とは」です。
木本直哉さんは、結構筋肉があり体つきがいいですよね。
サーフィンするのに、筋肉はつけなければいけませんよね!ま、どんなスポーツでもそうですが。
ということで、今回はサーフィン時に使う筋肉について調べてみたんです。

パドリングで、腕をかく時に主に使う(必要な)筋肉                                
@上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)
A三角筋(さんかくきん)
B広背筋(こうはいきん)


◆@の上腕三頭筋は、いわゆる腕の“力こぶ”の反対側の筋肉で、物を押したりする時に主に使われます。
パドリングでは、とらえた水を体の後ろに持って行く(押す)時に使います。Bの広背筋よりも小さい筋肉であるため疲労度も大きく、また普段の生活では発達しづらい筋肉なので、初心者の人はここが一番痛くなるかもしれません。
逆に言うと、ここを鍛えるだけでだいぶ楽になると思います。


◆Aの三角筋は肩の筋肉で、腕を上げたり回したりする時に主に使われます。
パドリングは常に腕を回していますので、この筋肉も常に使っていることになります。


◆Bの広背筋は、腰から背中にかけて広がり腕の付け根につながる大きな筋肉で、背筋の一部です。物を引く時に主に使われます。逆三角形の背中を作る筋肉と言えば分かりやすいかもしれませんね。
パドリングでは、水を体に引き寄せて更に後ろに持って行く間、つまり腕を水に入れている間ずっと使う大切な筋肉です。
大きな筋肉であるので比較的疲れにくくまたパワーも出しやすいので、パドリングではこの筋肉を上手く使うことがポイントとなります。


※腕をかく時は胸筋も少し使いますが、それよりも広背筋を使う割合の方が大きいし、何よりも広背筋を使うことを意識しないとパドルは上手くならないため、ここには入れないことにします。
胸筋は後述のスタンドアップで取り上げています。トレーニングも、初めはスタンドアップの場面を想定して行うもので充分です。結果としてパドルの時に必要な筋肉は付きます。


木本直哉さんやプロサーファーの人達は、毎日筋トレが欠かせませんね。

0

2011/10/20

小川直久さんについてと木本直哉さん  

こんにちは!木本直哉さんやサーフィンについてお話している「生き方を見る、サーファー木本直哉とは」です。
今回は、木本直哉さんのブログでも何度か名前の挙がっている、サーファー小川直久さんについてお話させていただきますね。
以下、公式サイトからの引用となります。

---

日本を代表するレフトハンダー(グーフィー)。
ハワイのパイプラインで行われる「パイプラインマスターズ」で日本人初のパーフェクト10(満点)を記録し、パイプラインマスターの称号を持つ。
国内大会(JPSA)元グランドチャンピオンでもあり、コンテストで数多くのタイトルを総なめにしてきた。
小波から大波まで幅広く乗りこなし7年連続を含む合計8回のサーファーオブザイヤーを受賞。日本の大会では常に上位に食い込む実力派。
多くのファンからも支持され続けるベテランサーファー。

■ Profile
*出身地:千葉県 / 日本
*生年月日:1972年5月21日
*血液型:o型
*身長:163 cm
*体重: 60kg
*スタンス: グーフィー
*ホームブレイク: 鴨川、千葉
*居住地: 鴨川、千葉県
*趣 味:音楽鑑賞

スポンサー各位:
Y.Uサーフボード、ロックホッパー、シード、波伝説、アストロデッキ、SEXWAX、GUSヘルメット、ファイブスター、神戸クリニック、ザバス

■ Biography
1988年 全日本選手権ボーイズクラス優勝
1990年 プロ転向
1995年 JPSAグランドチャンピオン獲得
1996年 ASPアジアチャンピオン獲得(00,01)
2001年 パイプラインマスターズ パーフェクト10
2004年 WCTトライアル優勝

---

小川直久さんの波乗りはまだ写真でしか見れていないので、いつか生で見てみたいです。
それでは今日はこの辺で。「生き方を見る、サーファー木本直哉とは」でした!

0
タグ: 木本直哉



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ