2012/11/4

讃岐決戦  

褪色したみたいな武州を出した大阪展が終わり(←それでも関東の皆様には色が濃いと評判だったのですが・・・)、火曜日(30日)ぐらいから「輝くオレンジの武州」が咲き始め・・・なかなかうまく行かないと思うのと同時に、週末の讃岐決戦への期待がふくらみました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


急遽、1本花クラスのステム4本に今季初の「枝直し」をかまして待ったものの、一向に咲く気配無し。この品種、寒くなると急に「お地蔵さん」しますが、武州4本のためだけにハウスを閉め切るのもアホらしいので、ホット神崎と手児奈を温存する作戦に変更。バラ展3日前から適度に咲いたものをため続け、チビッコが近づく可能性が少なくて涼しい階段で保管しました。特に下の娘は要注意です。いろんなものをかじります。(完全無農薬なので食べても大丈夫ではありますが・・・)

下の写真は決戦前夜のものです。
クリックすると元のサイズで表示します


で、当日朝の写真です。前夜に魅惑ゴールド作戦(お湯に浸けるだけ)を敢行する暇はありませんでした。ホット神崎18本、手児奈14本、魅惑3本を持参。ユートピアとメルヘンもありましたが、上記3品種で十分なので置き去りの刑です。(笑)
クリックすると元のサイズで表示します


まずは魅惑を3本花に・・・。最初は1本花に出そうと思いましたが手児奈に変更しました。

左翼に使った魅惑は左後ろの弁を少し後ろに倒せば1本花に使えそうでしたが、発色が悪かったのでパスです。これはドレッシング前の写真。芯がとても良い花でした。
クリックすると元のサイズで表示します


で、右翼花は発色も花形も良かったですが、花首が少し曲がってました。センターは発色は抜群でしたが、花首が曲がっていて、まっすぐに見える方向は花の正面ではなくトホホです。でも、だんだんゴールドが乗ってきて・・・。
クリックすると元のサイズで表示します


この後1日半経過しても芯が止まったままでした。たまにこういう花が咲きます。(結果は後ほど)
クリックすると元のサイズで表示します


で、盛り花はホット神崎15本で揃えました。全てロージーにパラサイトしたものですので、2月にはまたロージーに戻ります。(爆)
これもドレッシング前の写真ですが、右手前方向から生けていたら少し右上がりになってしまっていたため、この後で4花の位置を変えたり回したりしました。
クリックすると元のサイズで表示します


最終的にホット神崎3本と手児奈13本が余ったわけですが、会員さんにプレゼントしようと思っていたところ、事務局長より「スペースが空いているので参考出品で出してくれ」との依頼。投票まで時間がなかったので5分でぶち込みました。(←さぬきばら会では審査ではなく、参加者全員による記名投票で決めます。)
クリックすると元のサイズで表示します


それでも手児奈が3花余ったので、間際に浮き花にたたき込み、結局全花使うことに・・・。こんな事は初めてです。
ここまでを整理すると、1本花に手児奈、3本花に魅惑、盛り花にホット神崎15本と、参考出品としてホット神崎&手児奈連合軍、浮き花に手児奈を出しました。結果は後ほどです。(2度目)


で、夜帰ってみると、手児奈と魅惑の色がいいのがそれなりに咲いていたので収穫。2日目はコンテストはありませんが、何かに使えると思い・・・
クリックすると元のサイズで表示します


今朝持って行きました。朝日を浴びて輝いていました。新宿決戦が開催されているのに、今日は会場でバラ作りの講習会を引き受けていたため・・・それと表彰式もあるため参戦不可です。哀れな娘たちです。
クリックすると元のサイズで表示します


せっかくですので、新人さん達を集めて臨時生け込み講座を開催しました。今年は手児奈の外れ年かと思いましたが、色抜けしていたのは最初の1花だけで、その後咲くのは全部使えます。色はいいし、ボテッとしていないし、芯は高いし・・・。この花、小さく見えますが、結構でかいんです。上の三角袋に入っている写真を見ていただければ分かると思いますが、花弁下支えしています。

こうやって写真を見てみると、センターがあと5ミリ左、1センチ手前、右翼花は今の位置で時計回りに10度ですね。私は正三角形に生けるのはやめて、右翼か左翼をほんの僅か下げるようにしています。どちらを下げるかは花弁の向き次第で、センターとの兼ね合いで決めてます。この時点では固めですが、この後良くなったんじゃないかな?
クリックすると元のサイズで表示します

余った花は新人さん達にお持ち帰りいただき、家で1本花の生け込みの練習と経過観察(採花のタイミングを計るため)をしていただくことになりました。

さて、お待ちかねの結果ですが、4冠でした。盛り花に農林水産大臣賞が付きました。
この賞は6年に1度なんですが、実は私、前回2006年を知りません。私がさぬきばら会に入会して12月で丸6年・・・コンテストに初めて出かけたのが2007年秋の大阪ですから、現時点でまだ入会していない人が次回の大臣賞を獲るかも知れないんですよね〜。

この5年で関西、関東の方から多くのことを学びました。あとはさぬきばら会の人にどう還元していくか・・・です。
クリックすると元のサイズで表示します


今年を振り返ってみますと、台風も来なかったし、気温も平年通りで「超、典型的な秋」でした。
下の画像、クリックで拡大しますが、青が平年値、赤が今秋の平均気温の推移です。
クリックすると元のサイズで表示します


剪定から開花までの積算温度も極めて標準通り。濃色が開花のピークです。
クリックすると元のサイズで表示します


実は9月に知り合ったメーカーの方から、切り花延命剤のサンプルをいただいています。ちょいと実験したいんですが、幸い全品種1本花クラスのステムが残っているので、これから残花を有効利用します。
14

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ