2017/12/11

アドバイス罪というものがあるらしい  つぶやき

本業の世界でも、アマチュア・オペラの世界でも「あるある」な話し。

特に平均年齢の高い男性が多い本業の世界は顕著だが、アマチュア・オペラの世界の方がセクハラ&同性同士の何か的なものも含まれる分タチ悪そうな気がする。

何がといえば、相手がその人に何も求めていないのにアドバイスをしようとする人たちのこと。
アドバイスを他人に求めるのであれば、自分の事情とやりたいができないことを話すはずであるば、そうでなくアドバイスする人というのはどこか的外れなのである。

●いきなり上から目線
「アドバイス」の殆どが上から目線になる。だから自己紹介は大切なんだよね。アマチュア・オペラの世界はそれをすっ飛ばす人が多いわけだが。本業の世界は、一応名刺交換があるからまだマシなんだろうな。

●求めるものが違う
「コンサート」としてやる、というのに、デュエットでは濃厚な演技をするべきとか。これを言う人自身は自分の歌の稚拙さを下品な演技で誤魔化そうとしているようにしか見えない。
それは置いておいて、最近は濃厚な演技による演出も増えてきているが、直立不動で手をみぞおちの前に組んだまま歌っている一昔前のイタリアオペラのようなものを懐かしむ人だっているわけなので、これは舞台芸術か本人だけが決めるものであろう。もっとも、それで客が離れたり、考えの合わない舞台監督や主宰者から認められなくなっていくのは仕方がないとは思うが、小手先のことだけで喜ぶ客は本当に自分に必要なものか考え直す必要がある。

●その人自身、あるいはそのアドバイスを受けた人が信頼できない
じゃあ、何が「信頼できるの」というのが難しいのだけど。人柄?コミュニケーション?経験?
中学時代のクラスメートが、やたら自分の通っている学習塾を勧誘していた。今思うとその学習塾が生徒にクラスメートを勧誘するようにしていたのだと思うが、その学習塾に通っている人の成績が自分よりも悪かったので、行きたいとは思えないかった。オペラでも、主宰者が引き立てていた人を観て、どんなに謙虚に見ても、また友達のように親しくなっても、とてもあんな風になりたいという気持ちにもなれなかった。

●ダメ出しはできるが、具体的改善策がない
自分でダメな所を自覚して、その改善策は、私がプロ歌手に高額なレッスン料を払ってお願いしていることではあるのだけど、やっぱり見出せなくて悩んでいる。それをあえて先生でも何でもない人が指摘しても、単なるダメ出しだけになってしまうので役に立たない。

う〜ん、私自身も、考えさせられる。自分が同じようなことしていないかって、思う。
これが「意見交換の場」であるとするのであれば、大丈夫なのだと思う。
数字が正しいとか誤っているという話ではないし、正しいことを言っても信頼されない人はいるし。「タワマンに引っ越しました」的な金持ち自慢も、「社会のために無報酬でやっているから、あなたも」的な貧乏自慢も苦手。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1

2017/12/7

近々、発表会  声楽(レッスン)

今年3月から9月まで地獄のように続いた本番。本番なしの月が1、2、10月だけ。
おそらく今年は、一生のなかで最も本番があった年になっただろう。

先日は何か国語も得意なL先生のリサイタルで合唱のサポート、来週土曜日には、バリトンの先生の音楽教室の発表会。
今度の発表会は私はスカルラッティの「私の死の栄光を(Se tu della mia morte)」「すみれ(Le violette)」、ベッリーニの「カプレーティとモンテッキ」の「ああ、いくたびか(O quante volte)」。
バリトンの先生はイタリアでも評価されているというだけあって、イタリア語の発音は特に深い。日常生活に馴染んでいる感がある。
レパートリーは日本語もドイツ語もあるようだけど、この先生からイタリア語以外の曲を習うのは勿体ないような気がする。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1

2017/12/5

しっかり断れたらな  声楽(レッスン)

絶対手出ししない!と決めていたのに、結果として手出しせざるを得なかったことが最近多い。

●バッハ:
聞くのは嫌いではないけど、最初についた先生が「オペラを歌いたいなら、バッハはやめろ」と言っていたので。
⇒これ以上は、聖域に手出ししたくない感じ。
●フランス物:
イタリア語、ドイツ語、日本語だけで精一杯だと思う。前は語呂で歌詞を覚えられたけど、今は文法も含めて意味がわからないとダメ。
⇒とりあえず、ドイツ語、イタリア語と併せてフランス語も独学で勉強することにした。
●オペレッタ:
基本的にブッファって、登場人物の関係が複雑でドタバタを楽しんでいるようなところがあるから苦手。解説書を読んでもすぐにわからなったりする。それに歌手はダンスとか側転・バク転を伴ったりするよねぇ。ムリムリ。
⇒ドイツ語学習経験&バレエ経験あるから、側転・バク転以外は努力次第かも

が、いずれも今年は手出ししてしまった。
あと、アンサンブルもやってみたらこんなに嫌なものだと気付いた。パートナーとの関係がというより、単に譜読みの完成度を上げるのが遅いという理由で。

「数分間だけチャレンジさせてやった」的なオペラアリアが永久禁止になることよりも、ヴェーゼンドンク歌曲集を全曲歌えない方が恨めしいな。

毅然と断ることができたら良いなとは思うのだけど。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1

2017/12/2

作曲家が嫌いと言うこと  声楽(レッスン)

地域の音楽祭の委員会で、忘年会をやるので、クリスマスソングを有志4人で歌おうという話になった。その中には賛美歌の他にモーツァルトの「アヴェ・ヴェルム・コルプス」までやることに。

以前、私は「るりこんのオペラハウス」というサイトで「おすすめではないオペラ」というコンテンツを作っていた(当然「おすすめのオペラ」とものもあった)。
例えば、「夫婦でベートーヴェンの『フィデリオ』は観てはダメ」とか・・・
これはあくまでも鑑賞者目線。

そして、歌う側の目線になった今は、あえて歌い手目線で「好きなオペラ作曲家」「嫌いなオペラ作曲家」というのを挙げてみようと思う。
これも「怪しからん」みたいなこと言う人はいるかもしれないけど、あくまでも好き嫌いのことであって、エチュードや基礎固めとしてやっておくべきとか、難易度云々とか、あるいは舞台経験を積む機会という視点とは別の話。

あくまでもオペラに限定した話で、宗教曲とか器楽曲とはまた別

好きなオペラ作曲家
●ロッシーニ:私のような高音が得意ではないソプラノには有難い。
●ヴェルディ:ブンチャカチャカブンチャって、とにかく自主練の伴奏が楽!声種差別もないのが素晴らしい!
●ワーグナー:他にやる人がなかなかいないので、比べられる必要なし

嫌いなオペラ作曲家
●モーツァルト:本当に合唱がつまらなさすぎ!無駄に時間を拘束させるくらいなら、カットでも良くない?
●ベッリーニ:オペラは素晴らしいけど、歌曲は明らかに手抜き?
●ドニゼッティ:この私がこんなに難しいコロをやる意味って?

けど、なかなか「ワーグナー嫌い」という人は許されても「モーツァルト嫌い」という人は許されないのだよね。
まぁ、クラシック全体でも、「マーラー嫌い」は許されても「バッハ嫌い」とは言えない。「現代音楽嫌い」は良くても「バロック嫌い」は言えない。
古い作曲家はそれだけ長い間、消えずに済んだという価値があるって、ことなのだろう。
けど、バロックオペラの公演回数はモーツァルトオペラを上回ることはまずない。

単なる「個人的な好き嫌い」レベルの話なのでねっ!

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1

2017/12/1

なぜ「幸せ」という言葉は女性のものなのか  つぶやき

誰もが欲しいとは思うだろうが、それはどのような状態を示すのか曖昧になりがちな「幸せ」という言葉。
女性向けの本、あるいは女性が書いた本にはやたら「幸せ」という言葉が多用されている。
Googleで「女性 幸せ」という言葉を検索してみると、15,200,000件。一方で、「男性 幸せ」で検索すると 12,000,000件だが、「男性が幸せにしたいと思う女性」「女性を幸せにする」といった表現で、「幸せになりたい女性」が読むことを前提とした内容であり、男性自身が主体的に幸せになることを目指していない表現であることがわかる。

逆に男性の場合は、「目標を実現する」「事業で成功する」とか明確に結果がわかるものを求めているような感じ。
最近は、イクメンという言葉も出てきて、SNSで良い父親であることをアピールする知人男性も増えてきたけど、それもどこか、誰かの目線を意識したもので、何かしらの戦略があるような気がする。奥さんは職場から白い目で見られながら時短使っているのに、ご主人は「子供のため」と言って定時退社するとか(笑)。すくなくともこのこと自体を本人が幸せと思ってやっているのかって、ところだねぇ。

あるコラムで「幸せ女子と不幸女子の違い」というので、お金の使い方と貯金が上手な人が「幸せ女子」そうでない人が「不幸女子」って、なんだか変なのと思った。「幸せ」「不幸」と言う言葉ではなくて「お金のやりくりが上手・下手」という言葉で良いのではないのかね。

「有名大学行ったって幸せになれるとは限らないし」「出世 or 高収入だけが、幸せじゃないし」「子供がいなくても幸せな人はいる」とか、なんだかこの「幸せ」という言葉で、女性の向上心に水を差しているようなニュアンスを感じるんだよな。「酸っぱい蒲萄」のような合理化に使われているような言葉。

クレオパトラとかメアリー・スチュアートみたいなダメ男と関わって堕ちた女性は論外として、歴史上、政治力のある女性を見ると、エリザベス1世や、エカテリーナ2世のような苦労しながら這い上がって地位を築いたタイプにこの「幸せ」という言葉は似合わない。もともと時代と環境に恵まれていて、なんとか戦略性で地位を保ったようなビクトリア女王とかマリア・テレジアには「幸せ」という言葉は似合う。

「野心」と「幸せ」はあまり両立しないのではないかと。そして、女性は後者を選ぶように、周囲から求められ、自分でもそれを望むように知らないうちに洗脳されているのではないかという気もする。

すっかりこの「幸せ」という言葉が苦手になってしまった。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1

2017/11/28

両親と再会  

両親と再会することになった。
母曰く、父は定年後、芸術活動が中心の生活になったが、審査員という立場では、褒めてばかりだという。
父は「褒められたら誰でも励みになるもの。励みになって続けてくれれば、団体の会費収入だって入る」と答えた。
テストで100点取れないと殴った父と同一人物とは思えないな。

子供の頃、もう少し褒められてみたかったと思う反面、大人になったらこんなに違うのかと思った。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1

2017/11/24

モーツァルトのオペラの合唱  オペラ(鑑賞)

来年はドンナ・エルヴィーラをやるので、ドン・ジョヴァンニのヴォーカルスコアをパラパラと見ているが、合唱の出番がものすごく少ない。確か「魔笛」も少なかったな。そして、蕁麻疹レベルのつまらなさだと思えた。
歴史的な天才にこんなこというのはどうかと思うけど、モーツァルトのオペラって、テノールだけではなく合唱に対してもお粗末だと思う。

市民オペラの演目を見て感じるのは、やたらモーツァルトが多いということ。
「モーツァルトは基礎」という指導者もいるし、ソリストの男女比もイタリアオペラほど偏っていないためかと思う。

あくまで合唱目線でいくと、ヴェルディのオペラの方が、出番は多いし、立場も「村人」ではなくて、ドレスを着て貴婦人のような服装をさせてくれる、しかもソリストに緊張感を与える役目まで果たしているではないか。
けど、モーツァルトのオペラ合唱は、ほんの少しの大して楽しくもない出番ために、名前を覚えられることさえなく、時間を拘束されて・・・
モーツァルトのオペラ合唱をやったこともないソリストが「オペラ楽しいよ!」って、本当にイラっと来るのだ。合唱相手にドヤ顔するヒマあれば、「さすがソリスト!足元には及びません」という歌が歌えるように努力すれば良いのだ。
これで、「敬愛するソリスト様のために雑用や運営のお手伝いをして、同じ舞台に出れる誇りを・・・」なんて思うのは、まるで●隷のような・・・、あまりにも素直で謙虚な心根の方であろうと思う。もっとも動機は人それぞれだと思うから、他の人をディスる気はないけどね。

何度も本番を公演している演目の譜読みばかりずっと繰り返しても、何の進歩もないでしょ。
どうせ合唱をするのなら、合唱曲専門の合唱団の方がずっと面白そう。宗教音楽とか第九とか合唱組曲とか・・・


しかしながら、原語でオペラを演奏する複数のアマチュア団体の合唱を渡り歩いている人も存在するということを知った。同じ演目を色々な団体で歌う、練習は直前だけ、ということらしい。
なるほど、オリジナルオペラの団体にはいないタイプですな。
オペラ合唱は、すごく自宅から近くて、かつ原語でやらせてくれ、さらに時間的・労力的余裕があるのなら考えても良いかも。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1

2017/11/23

ホロストフスキー様、死去  オペラ(鑑賞)

ロシアのバリトンのホロストフスキーが亡くなったというので、すごくショック!
まだ55歳だというのに!

「戦争と平和」を見るために、ニューヨークまで行ったのは、すごい思い出。

ホロストフスキー様だったら、散々、弄ばれてボロボロに、されても良いとさえ思ったものだ(笑)。

それにしても、カレーラスはまだ歌い続けいているのが、本当にすごいな。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
2

2017/11/22

忙しいと言うこと  つぶやき

私が本業の仕事をしている中で、このような仕事は断ろう、と決めたことがある。
それは「他の人が忙しくてできないというから、私にお願い」ということ。
はっきりと「忙しくない人なんて存在しません。その人にとっての優先順位が低いということだと思います。ヒマ人に見える私だったらやってくれそう、とでも思っているのですか?」と言うことにした。
ケガや病気とか家庭事情の人の代わりのピンチヒッターとか、私ではないとできないこととか、今後の何かに繋がりそうとかいうのはOkだけどね。

L先生と旧知のご婦人が、L先生は「素晴らしい歌手」と持ち上げつつ、私には「もっと良い先生を探しては?」なんて言っている。
そんなことを言いつつも、私がL先生からレッスンを受けている所を観に行きたい、でも今年は沢山色々な人のコンサートを見て疲れたからL先生のリサイタルには行けない、というので、ムカついた。

まぁ、優先順位が低いってことなのではないの?
忙しかろうが、どうしても行きたかったら無理するでしょ。
本当に私がL先生から素晴らしい指導を受けていると思うのなら、わざわざ私のレッスンの見学などしなくても、自分から飛び込んで教えて下さい!とL先生に言うでしょ。

私が許容できる優先順位といえば、
自分自身の健康>仕事=家族>趣味>その他
という認識なので、気が乗らない趣味の誘いは「仕事が忙しいから行けません」と言えば済む問題。
でも基本的には、先約優先。
ただ、「親が倒れた」とかどうしても緊急な場合は、例外になる可能性もあるだろう。

仕事を断るのに、他の仕事が途中で入ったからキャンセル、というのは言語道断だと私は思う。
こういう人とは二度と一緒に仕事をするべきではない。

趣味の誘いを断るのに、他の趣味が忙しいから、というのもなんだか失礼だと思うので、そういう人は誘うべきではないと思う。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1

2017/11/19

ホセ・カレーラスのリサイタル  声楽(鑑賞)

ホセ・カレーラスのリサイタルに行ってきた!
三大テノールを生で聞いたのは、メトでのパヴァロッティ「トスカ」、NHKホールでのドミンゴ「サムソンとデリラ」から、約20年ぶり。
サントリーホールのP席で、真後ろから聞いたのだけど、最初は名前でしか価値がないのかな・・・という気がしていた。もしも先日の地域の音楽祭のステージで幕を閉めて、歌い手の名前やプロフィールを知らないまま同じ歌を聴いたとしても、「これは三大テノールの歌だ!」とはっきりわからないだろう。歌だけを聞いて、現在のプロテノールの卵たちが、「こんな風に歌えるようになろう」という目標にしてくれるものなのだろうか?とちょっとモヤモヤしていた。
ところが、アンコールになってから、この上品な老紳士に対する見方がぐ〜んと変わった。
何も知らないカンツォーネを聞いて、全然歌詞がわからなくても、なぜか感動させられるものを思わしめられたのである。どういうわけか、涙が出た。

自分がオペラファンになり始めた頃から歌い続けている歌手であり、しかもイタリア物では断トツなパヴァロッティやオールマイティなドミンゴと比較して、カレーラスは重病をしたこともあって、三番手という印象であったのだけど、心が動いた。

「歌詞の意味ガ〜」なんて、言っているのが本当に視野の狭い人の感覚であることが、思わしめられたのであった。(あ、別に歌詞の意味がわかるように歌うことは、大切であることは否定していないです)

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1

2017/11/17

次の予定  声楽(レッスン)

同じ日に3か所で延べ20曲も歌った地域の音楽祭。
この音楽祭に、出たことのある人も読んでいる可能性があると思うので、誤解を防ぐために言わせていただくと、会場の数は多いが、時間帯や音響、環境、ピアノの有無などによって、人気にバラツキはある。
だから、平日のピアノのない会場、というのは非常に狙い目なのだ。3か所で全部で150分演奏し続けることになる。

来年はどうするのかな。今年と同じメンツが揃うわけでもないだろうし。
駅ビルでやった会場は、8人の編成では狭すぎる、という会場担当者のコメントをもらったこともあるし。
 
今後の予定はこんな所。
この間に、以前優秀賞をもらったコンクールをまた受けてみたいなとか、またオーディション受けてみたいな、とか思いつつ、やっぱり「ヴェーゼンドンク」全曲を歌う場をなんとか探しい、と迷い中。
あと、来年の1月か2月には、独学で復習していたピアノを人前で演奏もしてみたい。
  

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
12/16(土) 不明
会場:Mサロン
A.スカルラッティ作曲:すみれ、あなたが私の死の栄光を
V.ベッリーニ作曲:「カプレーティとモンテッキ」ああ幾たびか
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
4/中旬 開演時間 不明
会場:S公会堂 小ホール
入場料:3,000円
J.シュトラウス 「ジプシー男爵」ミラベラ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
6/24(日)開演時間 不明
会場:Hホール
入場料:無料
モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」ドンナ・エルヴィラ2幕
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
7/29(日)開演時間 不明
会場:不明
入場料:無料
シューベルト「魔王」
ガーシュイン「ポーギーとベス」サマータイム
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1

2017/11/13

地域の音楽祭終了!  声楽(レッスン)

本業繋がりで運営を依頼され、営業なんだかボランティアなんだかわからない地域の音楽祭4日間が終了した。

1日目:教会で、古楽器コンサートの写真撮影。ジブリと古楽って、不思議な組み合わせだけど、違和感なし
2日目:銀行2箇所、駅ビルの3か所で室内楽伴奏で演奏。ファゴット氏が指を骨折して、ピンチヒッターが来たけど、ソツなく演奏してくれた。
3日目:博物館にて、管楽器3グループのステマネ。去年はワケがわからず、大変で、色々な人に聞きながら進めたのに、今年は一人で運営。
4日目:午前中は別の地域のイベントを手伝った後、移動。午後はプロオケ拠点のホールにて、2公演のステマネ。そのうち1公演は影アナ。

特に、2日目は、喉の調子が全然よくならない状況だった。なぜか本番10日〜1週間前って、喉の調子が悪くなるんだよな。
なのに、3か所で歌って、重複した曲も考慮すると、延べ20曲歌った。
夫に言わせると「尋常ではない」と言われた。
音響は今一つだけど、それは最初から期待してはダメだろう、と思った。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1

2017/11/4

久々にバレエ  つぶやき

入会金なし、1レッスン2000円のバレエ教室に行ってきた。
以前も何度か行っていたけど、再開発のため遠回りをして、心霊スポットを通らないとそのスタジオに到着できないために足が遠のいてしまったのだけど、もうその必要はなくなって、スタジオの建物もすっかり綺麗になった。
しっかりストレッチできるのは良い。最近はストレッチ中心のリラクゼーションサロンとかできているけど、それよりは安いのではないかな。

レッスンは、「見本を見せるから、真似してね」という感じで進めていくのだけど、最初に習った先生のように厳しいことは言わない。バレエはほんのちょっとした角度でかなり印象が変わるのに、1人1人直していく、という感じがしない。

単発レッスン歓迎ということで、使い易いなと思っていたけど、定期的に通うには発表会がない点で動機付けになりにくいな、と思っていた。しかし、来月には発表会をすることになったらしい。衣装は手作りとのこと。だったら、「アンタ、太っていて入る衣装がないから発表会に出さない」と言った前の教室の発表会のような事態にはならないわけか・・・
発表会の様子、観に行こうかな。

それにしても、もう10年以上使っているバレエ用タイツ、大分クタクタになっているのに、まだ穴が開かなくて使える状態。普段のストッキングにバレエタイツを見習えって言ってみたい。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1

2017/11/3

会場下見のつもりが・・・  声楽(レッスン)

来週の地域の音楽祭の会場下見へ行ってきた。
・・・なんだか雰囲気としては事務所の中で歌うみたい。多分、音響も微妙な感じ。セキュリティもガチガチだし、あまり非日常的な感じがしない。けど、すごく丁重に対応してくれた。
「絶対に、貴重品を盗まれるということはあり得ません!」なんて断言していたのは、流石。


にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1

2017/10/29

演奏会のパートナーを考える  室内楽

コンサートを自主企画すると、悩むことがある。それは集客のこと。
本当は連作歌曲集かモノオペラでリサイタルをやりたいと思うのだけど、殆どのお客様は、自分の知人が中心になるだろう。
そこで厄介なのは、終演後はお客さん同士を紹介する必要が出てきたり、交友関係が丸見えな状態にはなるし、良く言えばアットホームだけど内輪同士の甘さが出てきて、マナーも微妙だったり・・・
最悪、「まぁまぁ、るりこんちゃん、そんな難しそうな歌はもう良いから、こっちにきてお喋りでもしようや」なんてことになりかねない(そう言ったのは夫である)。

なので、「誰か」と合同でということになるのだけど、それがまた問題なのである。

ギャラを払ってプロに頼むと、演奏会全体のクオリティは高くなるし、こちらの要望にはイヤな顔しないで引き受けてくれるが、そのプロが集客してくれることは期待できない。そして、「プロ歌手に失礼」という理由で、ある程度の金額の有料演奏会にした時のプレッシャーが半端なかった。
では、アマチュアのベテランで、伴奏者だけプロを頼む場合、ベテランのアマチュアはオペラのアンサンブルをやりたがってしまい、私の「連作歌曲集をやりたい」は、プログラムのコンセプトが合わなくなってしまうのである。
では、管楽器とか弦楽器のアマチュアは?と思うと、どうも彼らはソリストとしての技量を上げることより、ある程度音が出るようになったら、アマオケで活動したいと考える人が多い様子。少人数でやろうと思っても、知らないうちに他の器楽の人を勧誘していたりする事態になっていたりする(笑)。そして、室内楽だらけの曲目の中、自分だけ歌+ピアノで出る時の居心地の悪さといったら・・・
悩んだ結果、ピアノのような独奏楽器で1人でリサイタルやれるだけのレパートリーがあるアマチュアと組むのが良いのでは?と思った。問題はどうやって探すかだね。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1
タグ: 楽器



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ