2018/9/15  7:40

内輪だけのコンサート  声楽(レッスン)

ドイツリートのコンサートの翌日、L先生門下での内輪だけのコンサートを開いた。
L先生は、「内輪だけの」というのが、とても好きなんだけど、皆暗譜しないし、どうもお互いに甘さが見られる。合唱だけで活動していた人にソロになってもらおう、という時点でのハードルを下げようという主旨なのだろうと思うけど。

プログラム作成と会計は私が担当♪印刷代ももらって、ものすごくリーズナブルに参加できた。
(実は歌うことよりこういうの方が好きだったりする)

私は「世界のうた」のプログラムに。選曲自体が楽しかった。
@トスティ:セレナータ(La serenata)
A中田喜直:髪
Bサティ:ジュ・トゥ・ヴ(Je te voux)
Cシューベルト:魔王(Der Erlkonig)


終ったら近くのファミレスで打上げをやったが、また年明けにでもやりたいね〜、と言っていた。
現代音楽に強みがあって何十各国語も歌えるL先生には、とにかく「古今東西」で!

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1

2018/9/14  7:30

ドイツリートのコンサート  声楽(鑑賞)

「ジプシー男爵」でヒロインをやった知人が、何人かでドイツリートのコンサートをするというので行ってきた。他の団体で何度か共演した音大教授の弟子でもある。
「ジプシー男爵」のメンバーって、身近に目標になりそうな感じの方が多いのだけど、その分、こういう誘いも多くなって・・・「勉強になる」って思うようにしよう。

作曲者はシューマンとシューベルトに分けていた。
歌はその知人がダントツに上手い。他の人は今一つ。プロフィールを見たら俳優らしい方もいたけど、海外で活動しているという音大出身者が一番下手だった。
「有料演奏」というのだけど、最後に主宰者が、「プロとアマチュアが揃ってのコンサートでした」。う〜ん、有料でそれはないでしょ?費用負担と集客のためにアマチュアを利用したようにしか見えなかった。
別に音大出身ではなく、本業が俳優さんでも有料で歌ってお金貰っても良いとは思うよ。でも、それをあえて言う主宰者って一体なんだろう。

長い間お世話になった団体のメルセデスさんとバッタリ再開。
ジプシー男爵の主宰者や共演者ともお会いした。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
0

2018/9/12  10:35

今の歌声は(Una voce)  オペラへの取組み

これを始めたのはわりと初期の頃。「セヴィリアの理髪師」の有名なアリア。当時の先生が勧めた曲だったのだけど、私にとっては結構なチャレンジだった。
けれども、これを歌うアマチュアって意外と多いのではないかなと思う。
ソプラノでもメゾでも歌う曲で、メゾ用の楽譜だと最後はHまでいくが、途中はそれほど音域が高いわけではない。
ロッシーニの音域は、五線の一番上の線にかかるくらいのEかFくらいの音域が一番苦手な私にもありがたい。

最初に歌った頃は「メゾでもいける」と言われて、本当にコロラトゥーラメゾを目指そうかななんて思っていた。

1年前くらいにバリトンの先生のレッスンでこの曲持っていたら「音域が低い。ソプラノ向きの調になっていない。家に帰ったら借りて来るから」といって、奥様が使っている調が1つ上の楽譜を持ってきた。
ベルカント系の日本人歌手の中では代表的なプリマが使っているということで、すごく恐れ多い楽譜だと思った。
「これを歌っていた時って、メゾでも大丈夫とかって言われていたんですけど」と言ったら、「それはない。ソプラノでしょ」とアッサリ。

単純に調が違うっていうわけではなく、カデンツァの種類も違う、ということは要注意。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
0

2018/9/10  16:51

団体活動の「やらされ感」を考える  つぶやき

よく中学時代に聞いた「合唱の目的は集団行動の大切を学ぶこと」。
集団行動といえばオーケストラだってそうだろうけど、中学生がすぐに音を出せるといえば、リコーダーか歌になるな。といえ、小学校の時は打楽器があったのに、中学生になったら無くなったのが寂しい感じだが。

確かに合唱ならではの作品というのはあり、個人的に好きな作品ならいくつか挙げられるが、なかなか「その曲の本番終了後即解散」というところが「第九」くらいしか思いつかず。
好きな歌を歌合唱団に入るのではなく、合唱団に入って曲をあてがわれる、という感じなんだろうな。

そこで、「一体誰が何のために?」と思うのだ。(安定収入があるプロ合唱団の場合は事情が違うと思う)

これはアマオケでもそうなのかもしれないけど、アマチュアの楽器演奏家というのは、迫力を求めてオケに入りたがるようだった。

器楽でも歌でも「やらされ感」のあるアマチュアほどつまらなくみじめなものもないが、わがままなプリマのように断られないのもアマチュアならではの色々な事情なのだろうな。


にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
0

2018/9/9  23:02

トスティ:セレナータ(La Serenata)  歌曲への取組み

トスティのセレナータは大人になって声楽の勉強を再開して1年くらい経った時に当時に先生に勧められた曲だった。
けど、実はこの曲はもっと前から知っていた。高校時代、ネリー・メルバのCDを買ってもらった時に、この曲を知ったので。レコードの音からCDにしたせいか録音が今一つなのか、当時の歌手って、オペラ史に登場する人でも高音はキンキンとしている。発音も、「セレナータ」じゃなくて「セリナータ」って歌っているように聞こえたが、これは英語圏出身のせい?
女性歌手が歌う「セレナータ」だったら、リッチャレッリが良いのではないかと思う。
やっぱり昔に知った曲って、その時の頃思い出して懐かしい気持ちになる。

そして、近いうちにまたこの曲を歌うことになった。
「セレナータ」は夜に恋する女性の家の前で歌う曲で、楽譜もピアノで入り、最後もピアニッシモで終わるから、そんなイメージで歌おうとした。少なくとも以前の私あったら、フォルテで"Vola"と歌っただろう。どっちかといえば甘い感じに歌えれば良いのではないかなとは思ったのだけど。
そして、L先生は「テンション低い。もっとアマチュアらしく、下手でもいいからこの歌歌っているのが楽しい、というのを見せられない?イタリア人の男が好きな人の家の前で歌おうという感じに見えない」

う〜ん、言われてみたら、リアルに夜中に人の家の前で歌う人って、見た事がない。
強いて言えば、妹の元彼。家の前で待ち伏せして、新しい彼氏に車で送ってもらって帰ってきた妹に対して家の外から怒鳴り散らした。母親は呆れ、父親はその人の言い分を聞いてやったが後で面白がっていた。まぁ、これは「セレナータ」とは呼ばない。

ちなみに、自分が憧れるアマチュアはこれまでにもいたけど、「下手でもいいからこの歌歌っているのが楽しい」という人で、自分もそうなってみたいと思ったことのあるアマチュアもいない・・・。だからこういう人もイメージできない。

バリトンの先生のレッスンでルチアが楽々歌えた次の日の出来事だったからガックリ。
「難しい曲されていますね〜(意訳:基礎がなっていない)」の呪いから抜けられないことを悟り、クラ〜い気持ちになった。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
0
タグ: 歌曲 レッスン

2018/9/8  6:59

「好きな歌」とは何か  声楽(レッスン)

基礎を見てもらえない、というのは深刻な悩みであるけど、基礎を重視する指導を受けることで失うものもありそう、と感じるのが難しい問題。
「しばらくイタリア古典歌曲だけやって基礎作りしていろ」という真摯で発声の基礎を重視する先生について、他のオファーも全部断るとしよう。けど、一旦断った人にまた何度も声をかける、ということはしずらいものである。そして他の人にそれができたとしても、自分自身が基礎が固まるかどうかは不明だし、本当に自分がそうなったとしても、その頃にまたチャンスがあるとも限らないのである。(実際「もっと上手くなったら入ろう」と思っていた団体が休止してしまった。長いことお世話になった団体も主宰者は「大分良くなった」とは言ってくれたものの運営体制が変わってしまった)

これまでに自分が定期的に個人レッスンを受けた先生は5人。
そのうち3人が「好きな歌持ってきて」と言っている。
言わないのは、高校時代の受験対策の先生とバリトンの先生だけ。
ただバリトンの先生も、大曲歌う予定がある、といえば、その曲を見て下さる。
 
でも、あまり私自身、時代とか国などで「好き嫌い」というのがあんまりない。
強いて言えばスーブレットが苦手というくらいで、「嫌いな曲」がない代わりに「好きな曲」もない。例えば「フレンチ・バロック・オタク」とかにはなれない。
で、「何がお勧めですか?」と聞けば、大曲・難曲ばかり挙げられてしまう。
そして、外部の人にそれを聞かせる機会があれば「難しい曲に取り組まれていますね〜」と言われてガッカリ。

結局、「好きな曲」=「難曲」「大曲」というわけでもないと思う。
よく「昔流行った曲を聞けば、当時のことを思い出して懐かしくなる」というけど、そういう意味では、歌を始めた中学時代を思い出させるコンコーネ50の1番は「懐かしい曲」でもある。

私が歌って上手く聞こえるばかりでなく、私自身を引き立ててくれる曲。これだったら「好きな曲」と呼べるかも(そんな曲あるかどうかわからないけど)。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1

2018/9/7  20:47

楽々歌えたルチアにびっくり!  声楽(レッスン)

バリトンの先生のレッスンで「ランメルムーアのルチア」から「あたりは沈黙に閉ざされ(Regnava nel silenzio)」を勉強している。
「ルチア」は作品としては好きなのだけど、コロラトゥーラソプラノの役だからまず私は歌わないだろう、と思っていたのただけに、この曲をやるようにと言われた時は驚いた。
もっとも、「カヴァティーナ・カバレッタ形式のアリアを歌う」というのは、「オペラアリアを歌う」が達成された次の目標の1つでもあった。それから色々より道はしたけどね。

けど、カデンツァの細かいミスとか音程のズレはともかく、すごく歌いやすいので驚き。
少なくとも、「道化師」の「鳥の歌」よりは全然楽。

更に驚いたのは、帰宅途中に録音を聞いてみたら、去年の今頃だったら、固く割れたような音色になっていたはずの高音部が、改善していた。
スピントやドラマティコの歌でも、そうならずに済むとは思えないけど、もしかするとカデンツざの音などに神経を集中させて、「声を聞かせなくては」という意識がなくなり力まなくなったためなのかと思う。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
2

2018/9/6  6:41

11月の曲が決まった  声楽(レッスン)

11月上旬に私が委員をやっている音楽祭で、クラシック演奏が趣味の同業者によるグループが演奏することになった。人気がない平日昼間とその翌日の夜にかけて、4回本番がある。

さて、私が歌う曲目も決定した。

R銀行
@サティ「あなたが欲しい」
Aモーツァルト「フィガロの結婚」より 「恋とはどんなものかしら」
Bトスティ「可愛い口元」

M銀行
@弘田龍太郎「浜千鳥」
A弘田龍太郎「叱られて」
B平井康三郎「平城山」
C團伊玖磨「亜細亜の隅」
D成田為三「かなりや」
E海沼實「里の秋」

駅ビルL
@ヘンデル オペラ「セルセ」より 「オンブラマイフ」
Aサティ「あなたが欲しい」(銀行とは別の編曲)
Bロイド=ウェバー「エビータ」より「アルゼンチンよ、泣かないで」
Cディズニー「星に願いを」

A教会
@バッハ「主よ、人の望みの喜びよ」
Aビゼー「神の小羊」
Bヘンデル オペラ「セルセ」より 「オンブラマイフ」

去年より1曲増えているし・・・
このうち、これまで全然手を付けていなかった曲が4曲くらい。
あとは殆ど本番に出した曲。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1

2018/9/5  8:26

椿姫(La traviata)  オペラへの取組み

中学生の時にオペラファンになったきっかけの作品は「魔笛」だったけど、自分に影響を与えた作品といえばこの「椿姫」と「エウゲニー・オネーギン」かな。
中高時代は、田舎で暮らしていたけど、この2つの作品に感銘を受けて、原作も何度も読んだ。
「エウゲニー・オネーギン」はロシア語の壁が厚いので、自分が取り組むにはハードルが高いけど、「椿姫」は「乾杯の歌」と3幕だけは通したので。
コペンハーゲン歌劇場でも、F歌劇団でも、また知人のプロ歌手が出演するのでも、アマチュア団体のも入れると4回ほど生で観ている。

私が3幕を通したのは、新たに参加しはじめた団体でであったが、本当にいきなりのチャンスに驚いてしまった。
その団体で「椿姫」ハイライトをやる、と聞いていた時点では、「乾杯の歌」の合唱でも手伝えれば良いかな、くらいに思っていたので。

う〜ん、いつか全幕歌えたら良いな〜とは思うけど、多分実現させるのであれば、お金と人脈をたっぷり得られるようになって自主企画、というのが妥当かなぁ。
ヴィオレッタという役は、リリコソプラノだけではなく、コロラトゥーラソプラノとも競争しなくてはならないので、他のソプラノの役とは違うと思う。

バリトンの先生に「諦めるのは10年取り組んでからにしろ」と言われて、確かにそれだけの価値がある作品と役だとは思った。
次は1幕のアリアをやらなくてはね。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1

2018/9/4  17:56

音楽に寄す(An die Musik)  歌曲への取組み

レパートリーというのは、レッスンで勉強したり発表会などの本番として出すだけではなく、急に必要になった場合にすぐに歌える曲、という定義もあると思う。
今回は、私にとってのそんな曲を挙げたい。

シューベルト作曲の「音楽に寄す(An die Musik)」。
ページ数は3ページくらいのシンプルな曲で、初心者の時から歌っているけど、イタリア古典歌曲やベッリーニ歌曲のような練習曲っぽさがない。作曲者がきちんとした芸術歌曲として書いたというのが伝わって来る。

この曲は、男性歌手も女性歌手も歌うことが多い。歌曲の中でも、声質も性別関係ないユニセックスな感じのする曲である。

大雑把に言えば、オペラアリアといえば感情を吐き出してテンポの動きも激しく、歌曲といえば譜面に忠実に歌うもの、というイメージがあるけど、歌曲はどんな声質の人が歌っても良ければ性別も問わない曲もあるという意味では歌曲の方が「自由」と呼べるものかもしれない。
どんな人からどんな声質と呼ばれても、動じずに粛々と取り組める曲だと思う。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1
タグ: 歌曲 レッスン

2018/9/2  22:35

負け癖は怖い  声楽(レッスン)

数年間関わったオペラ団体とは距離を置き、別の団体で「椿姫」、「ジプシー男爵」、「ドン・ジョヴァンニ」で出演した後、ちょっとぽっかり穴が開いた気分。
仕事は相変わらず忙しいし、年内は門下の内輪だけのコンサート、地域の音楽祭を予定しているけど、これまでにやった歌曲が中心。他には、第九の合唱もあるけど、本当はコンクールやオーディションなどを受けたくて仕方がない。

けど、「負け癖」がまたついてしまうのかな、というのは怖い。
一見成功しているように見える人だって、本当はそれ以上の沢山の失敗もしているのかもしれない。
これを防ぐには小さな成功を積み重ねることだというけど、歌に関してその「小さなもの」とは何か?
強いて言えば、2年くらい前に受けたコンクールの録音が残っているので、また同じ曲で挑戦して結果はともかくまた受けて(これが負け癖の原因になりそう)、聞き比べてみようかな。
なんか負のループが続きそう。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1

2018/9/1  7:52

魔笛(Die Zauberflöte)  オペラへの取組み

元々オペラが好きになったきっかけの作品ではあるのだけど、色々複雑な思いもある。
いかに音楽関係のお偉方が何といおうと、モーツァルトのオペラ合唱は趣味として歌うにはツマラナイ。公演機会は多いだろうけど、「アマチュアは観客が苦しくても自分が楽しむこと、プロは自分が苦しくても観客を楽しませること」ということにあまりにも反しているというか。

全幕で歌ったことがあるのは侍女3。前回は日本語であったが、来年にはドイツ語で歌う予定。
しかし、どうして「侍女3で」、と言われてしまうかなぁ。
前回の団体はレジェロ以外はソプラノとして認めない、という雰囲気だったから納得はいく。リリコソプラノなのにマルチェリーナとかメルセデスとか歌っている人もいたし。

来年は「ジプシー男爵」を公演した団体で、あまり人の出入りは少ない。そこで「ジプシー男爵」のメゾの役をトリプルキャストで貰ったけど、「魔笛」はダブルキャストになるので、同役の他のキャストはおそらく侍女3ではなさそうな感じ。

一応、パミーナのアリアはレッスンで歌ったことはある。
夜の女王は絶対に今後もレッスンでさえも歌うことはないだろう、とは思うものの、これまで「絶対手を出さない!」と決めていたものもやらされたりしたので、「100%ありえない」とは言えないかもしれない。コロラトゥーラやるのならベルカント系が先ではないかな。。
本当はパミーナよりもパパゲーナやりたいなぁとは思うけど、ミニスカートでお姫様ダッコがOKな小柄で演技が上手いスーブレットがやるっていうイメージが強すぎて、頼まれることはまずないだろう。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1

2018/8/31  8:09

母の教え給いし歌(Als die alte Mutter)  歌曲への取組み

今回は「初めて取り組んだドイツ歌曲」ということで「母の教え給いし歌(Als die alte Mutter)」。
チェコの作曲家だから、チェコ語の歌を誰かがドイツ語に訳したんだろう、と思われがちだけど、ドボルザークは実はドイツ語の歌詞にも自ら作曲した、ということはあまり知られていない。
当時、チェコはハプスブルク家の下にあったから、ドイツ語が得意なチェコ人なんて沢山いたはずではと思うのだけど。
現代の話をすれば、私の出身大学のチェコ人教授もドイツ語教えていたし、チェコに行ってみたらドイツ語話せる人沢山いたし。

この曲のレッスンは「初めてのドイツ語の歌」で、大人になって歌を再開して2年目くらいのことではなかったかな。・・・と思ったら、もっと後だった。
知名度も高いことだし、久しぶりに同業者コンサートでヴァイオリンのオブリガードをつけて、最近本番で歌ってみたけど、こんなに難しい曲だったけ?と思った。
苦手な音域が多い曲だけど、声の量を半分にして歌ってみようと心掛けた。
そうすると、ぐんと良くなったような気がする。

この歌は「ジプシー歌曲集」という歌曲集の中の1曲なのだけど、全曲歌える場があれば良いな。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1
タグ: 歌曲 レッスン

2018/8/30  7:07

9月の曲  声楽(レッスン)

L先生門下で、「ミニ発表会」のようなものをやろうかという話が出て、さあ、曲を決めなくては、ということになったが、ようやく決まった。

@トスティ「セレナータ」
A中田喜直「髪」
Bサティ「ジュ・テ・ヴ」
Cシューベルト「魔王」

あえてこれまでに歌った曲だけにして「世界の歌」って感じにしておいた。
今回は1人15分以内にしているから4曲なのだけど、あとはノルウェー語とかスペイン語、ロシア語なんかも入れたりして、1曲1言語でこういうテーマのコンサート開いてみるのも面白いかもと思ったりする。

発声の基礎に拘るタイプの先生は言語も絞る傾向があるから、それは難しいのではないかという気持ちもある。結局、「上手くなりたいか」「好きな事したいか」のジレンマになってしまう。最悪、「上手くならず変なクセだけついて好きな事もできない」というリスクも頭に浮かぶのである。
L先生はご自身が数十か国語も歌えて現代音楽に強みがあるということもあるから、言語も時代も関係なく好きにさせてはくれるが。

結局、今まで自分がついた先生が悪い、というより自分自身にも迷いがあるってことだろう。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1

2018/8/29  22:58

エウリディーチェ失えり(Che faro senza Euridice)  オペラへの取組み

声楽の初心者がいきなりオペラアリアを歌うということは、趣味の生徒でもあまりないのかな・・・と思うので、ずっと自分が最初に歌うオペラアリアは何になるのだろう?と高校生の頃からずっと考えていた。「好きな曲持ってきて」と言われるよりも「何を勧められるのだろう」というワクワク感はあった。

大人になってから再開した時の最初の先生は、始めのうちはイタリア古典歌曲、トスティ、ドナウディ・・・といってそれからオペラアリアを勧めてくれたが、それまでには1年かかった。

初めて解禁となったオペラアリアがこの曲。
このブログも「オペラアリアが解禁になったら始めよう」と思っていたのだった。

グルックの「オルフェオとエウリディーチェ」の「エウリディーチェ失えり(Che faro senza Euridice)」が、私の生まれて初めてのアリアとなった。ただ、これは本番に出す機会がなく、3回くらいのレッスンで終わったような覚えがある。
訳の仕方によっては「いとしのエウリディーチェ」「エウリディーチェを失って」とかと呼ばれる場合もある。

この曲はアルトかメゾソプラノ向けの曲だと思うけど、当時の先生は「メゾでもいける」と言っていたので。あまり華やかさはないけど、リリコメゾのアリアとしては、まあ良い曲じゃないのかな、と思っていた。
でも、今後、このオペラアリアを本番に出すことは、まずありえないのではないかと思う。
オペラ全幕で歌ったのは全部メゾかアルトの役ばかりなのだけど、正当な発声に拘るとこれは捨てないといけないかもしれない。けど、それは単に「高音が出ないから」というより、多くのプラノが苦手とする低音域が私の「強み」と言う声もあるから、複雑。
ヒロイン役しかないリリコソプラノで競争するくらいなら、本物のメゾに生まれたかった。
それにしてもどうしてグルックのオペラって最後に愛の神が全て解決してハッピーエンドなんだろう。

にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ