2017/1/18  22:41

雪の悠久山  

 今日は予想外の好天でしたが、先週末は雪・雪・雪でしたね。
 遠出する気にもなれなかったので、スノーシューを履いて悠久山公園をぐるりと回ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

 春になれば満開の桜と屋台が立ち並ぶ公園も、今は静かに雪に埋もれています。
 この時点で積雪深は1.0〜1.2m程。

クリックすると元のサイズで表示します

 長岡の幕末の偉人である河井継之助の石碑。

クリックすると元のサイズで表示します

 このような雪の中でも、蒼紫神社には参拝客が訪れていました。
0

2017/1/16  22:55

2016年のダイビングを振り返って 4  ダイビング

 昨年は、特に特筆すべき珍しい種類の生物は見かけませんでしたね。
 死滅回遊魚も不作でしたし・・・。

 ネンブツダイとキンチャクダイが例年並み程度。
 若干ゴンズイ、アオハタ、オヤビッチャを観察。
 キハッソク、ソラスズメダイ、アイゴ等は全く見られず・・・といった感じでした。

クリックすると元のサイズで表示します

 ホシノエソを撮影できたのと

クリックすると元のサイズで表示します

 ヨソギを見ることができたのが、多少珍しかったでしょうか。
0

2017/1/14  22:06

2016年のダイビングを振り返って 3  ダイビング

 佐渡以外でのダイビングですが、あと1か所は串本。

 ダイビングを始めたころからいつかは行ってみたいと思っていた場所ですが、昨年相次いだ台風のせいでただの和歌山旅行状態となったのは先日書いたとおり。
 そのうち、リベンジに行かないといけないとは思っているところです。

クリックすると元のサイズで表示します

 数少ない串本で撮影した写真の家の1枚。
0

2017/1/13  22:32

2016年のダイビングを振り返って 2  ダイビング

 2016年に佐渡以外で潜ったのは2か所。
 そのうちの1か所は親不知です。

クリックすると元のサイズで表示します

 北陸自動車道の直下にある道の駅がダイビングのベース基地。

 春先にビーチエントリーで2本潜りましたが、ボートポイントもあるようですし、もしかすると海底での翡翠探しもできるのかもしれません。
 機会があればまた潜ってみたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

 小さめのミズダコ。
 当たり前ではありますが、生物相は佐渡と大きな違いはなさそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

 ダイビング後のごちそう。
0

2017/1/11  21:53

2016年のダイビングを振り返って 1  ダイビング

 今更感はありますが、特に新しく書くこともないので暫くの間振り返ってみたいと思います。

 2016年のダイビング本数は30本。
 ここ数年の平均的な本数といったところでしょうか。

 うち、佐渡で潜ったのは24本。

 エリア別でみた場合、二ツ亀が6本で一番多かったですね。
 あとは、北小浦5本、虫崎4本、小木4本、姫津2本、水津2本、見立1本・・・といった感じ。

 北小浦では赤岩が2本だけ、長手は1本も潜らずという感じで、漁礁の存在感が増していますね。

 ほかには、水津に12年ぶりに潜ったり、初めて虫崎のヘビ岩に潜ったりとポイントの分散化の傾向が見られます。フリーウェイが配慮してくれているのでしょうか?

 なお、話を少し戻して赤岩ですが、あと2本潜ると赤岩でのダイビングが100本となります。
 それは、今年中に達成しておきたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

 かつての赤岩のボスである弁慶。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ