2018/6/6  23:01

守門岳に行ってみた 4  植物

 守門岳(大岳)山頂までの登山道では、様々な花が咲き誇っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

 セリバオウレン。
 生薬の一種。遊歩道脇には、花が咲き終わった株も含め、オウレン畑ともいえるような密度では得ている場所もありました。

クリックすると元のサイズで表示します

 ショウジョウバカマ。
 猩々の名のとおり赤い色の花ですが、ここまで赤みが強い個体は初めて見たかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

 チゴユリ。
 林床でよく見る小さなユリ。地味かもしれませんが、愛らしい花です。

クリックすると元のサイズで表示します

 ナエバキスミレ・・・でしょうか?それとも、ただのオオバキスミレ?
 山頂付近で群落を形成していました。
0

2018/6/4  21:56

守門岳に行ってみた 3  

 そして、山頂に登ったからこそ見ることのできる雪渓。

クリックすると元のサイズで表示します

 更に、もう1枚。

クリックすると元のサイズで表示します

 ここまで来たら、更に足を延ばし青雲岳を目指そうかという気持ちも少しありましたが、今回はここまでで満足することに。

 この大岳山頂では、ニッコウキスゲを見ることもできるので、1月ほど後に再度アタックしようかなと思っています。

クリックすると元のサイズで表示します

 おまけで、雪渓の端。
0

2018/6/3  21:00

守門岳に行ってみた 2  

 山に登ると、自然にすれ違う方とあいさつを交わしたりします。
 今回も、13歳の犬を連れて登山を楽しむ年配の女性と出会ったり、「雪渓がきれいでしたよ」と男性の方から情報をいただいたりしました。

クリックすると元のサイズで表示します

 その雪渓が大量に残っていた不動平。

クリックすると元のサイズで表示します

 最初は登山道を見落としてそのまま雪渓を直線的に上ってしまいましたが、低木の間に登山道がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

 コブシのアーチを抜けて更に登っていくと・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 守門岳は、大岳(1,432m)、青雲岳(1,510m)、袴岳(1,538m)の3つの頂の総称。
 その、守門岳の大岳の山頂につきました。
 せっかくなので、山頂の鐘を鳴らしてみると、やや低めの美しい音が鳴り響きました。
0

2018/6/2  22:06

守門岳に行ってみた 1  

 数日前に、ふと、週末に登山をしようと思い立ちました。
 最初は、八石山位の低山をのんびり〜と登ろうかなと思っていたのですが、色々調べていると守門岳の保久礼登山口からなら2時間で山頂までたどり着ける!・・・ということで、雪渓が残る守門岳山頂を目指しました。

クリックすると元のサイズで表示します

 ちょっとした野暮用があったので、駐車場に到着したのは10時ころ。
 それにしても、ナビの地図に何も表示されない細い道をひたすら進むというのは少々心細いものがありますね。

 ひらひらと羽ばたいていたギフチョウに見送られて登山をスタート。

クリックすると元のサイズで表示します

 登山口で登山カードに必要事項を記入し、擬木の階段を登り始めます。
 ただ、粘土質の土は滑りやすく、階段状になっていても登りずらかったですね。

クリックすると元のサイズで表示します

 登り始めて1時間ほど経過。
 最初はブナやミズナラといった高木に覆われていたものが、いつしか3m程の低木に変わっています。

クリックすると元のサイズで表示します

 振り向くと眼下に広がる眺望。
0

2018/5/29  21:45

カキドオシ  植物

クリックすると元のサイズで表示します

 人里の身近な場所で見られるカキドオシ。
 いわゆる「雑草」としてひとくくりにされる植物の一種かもしれません。

 花をアップにすると意外に毛が生えていて、ちょっと違った感じがしますね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ