燃費トップ36.4`|自動車(新型フィットHV)

2013/9/4 
ホンダは7月19日、9月に全面改良する主力小型車「フィット」のハイブリッド車

の燃費がガソリン1g当たり36.4`を達成したと発表した。

トヨタ自動車の「アクア」(35.4`)を抜き、プラグインハイブリッド車を除く

国内トップの性能となる。

ホンダ独自のハイブリッドシステムを刷新。「燃費も走行性能も大幅に進化させた」

(ホンダ)自信作で”打倒トヨタ”を目指す。

変速機を従来の無断変速機(CVT)から「デュアル・クラッチ・トランスミッショ

ン」(DCT)に切り替え、高性能リチュウムイオン電池を採用。エネルギーを回収

する効率などを高め、燃費は従来よりも38%向上。モーター出力を高め、加速性能も

増加した。排気量は1500cc。

この記事だけではわからないが、「アクア」が大ヒットしたのは価格(最低価格169万

円)と見た目がそんなに小さく見えないことも原因と管理人は考えます。

価格が安く、燃費も良い。しかも見た目が安っぽく見えない。これがベストだと思い

ます。


自動車|保険のお話が多いサイトです・・・

こちら〜

0

「仕事優先」二年連続の減

2013/8/1 
今春の新入社員に仕事とプライベートのどちらを優先にした生活が良いかを

尋ねたところ、仕事を選んだ人は前年より3.0ポイント減の51.3%で、二年

連続のマイナスとなったことが就職情報会社「マイナビ」の調査で分かった。

調査は2011年から始め今年で3年目になる。仕事が終わった後(アフターファ

イブ)は、会社以外の人との付き合いを望む人が74.0%を占めた。

マイナビは「若者の間でワークライフバランスの意識が浸透し、仕事と私生活

を切り離して考える人が増えているのではないかと分析。

仕事と私生活のどちらかを選ぶかでは、「仕事優先」が1.3ポイント減の7.0%で、

「どちらかといえば仕事優先」が1.7ポイント減の44.3%。両方合わせても仕事

優先羽は51.3%だった。

プライベート優先は7.4%、どちらかと言えばプライベート重視派計46.3%と1.7

ポイント増えた。

調査は3月下旬から4月上旬にかけて実施し、1803人から回答を得た。
0



AutoPage最新お知らせ