カレンダー

2016
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

掲示板

掲示板の設定が行われていません

記事カテゴリ

検索



このブログを検索

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

久しぶりです

皆さん、大変ご無沙汰しています。

昨年夏から体調を崩してしまい、療養に入ってしまいました。
仕事も休んで、当然釣りにも行けませんでしたが、このところようやく回復してきました。

そこで、ぼちぼち釣りを再開しました。
まだ様子を見ながら、午後だけの釣行ですが、時々三保の浜へ出掛けてます。

今日も午後から三保に行ってきましたが、ワカナゴ2本キャッチしました。
うち1匹はイナダサイズ、久しぶりにキープして、美味しくいただきました。

クリックすると元のサイズで表示します

釣り始めは午後2時45分頃。飛行場前に降りると、沖の方でスプラッシュが。
また、比較的手前でもワカナゴらしきナブラが出て、なかなかいい感じ。

吹流しの真ん前に陣取りキャスト開始、ナブラが出たらナブラを狙い、出ない時は少し沈めて探りますが、なかなか当たりません。

ソーダっぽいナブラとワカナゴっぽいナブラの両方が途切れなく出るものの、ジグには無反応。多分シラスを追いかけているのでしょう。

あまりの無反応ぶりに少し疲れてきましたが、餌釣りの人がワカナゴを、またルアーマンがエソをキャッチしたりしているので、希望を持って釣り続けると、16時過ぎに狙えそうなナブラが発生。一投目は空振り、二投目にはナブラは消えてしまったため、少し沈めてからジャークとフォールを繰り返し速引き、すると手前にジグが来たところでコツン、とヒット!

巻き上げると急に軽くなり、あれれ?と思ったものの、魚はちゃんと付いてました。30センチ位のワカナゴ。リリースサイズなのでフォトアンドリリースしようと、魚を波打際に置いてカメラとメジャーを取りに行ったら、大きな波が来てそのままオートリリースになってしまい…残念。正確なサイズは判りません。ジグはメタリック・サーディンの30グラム、ピンクバック。

その後、ナブラは頻度が落ちてしまいましたが、まだチャンスはありそうなので、今度はボトム中心に探ります。

17時過ぎ、風が収まり水面に潮目が見え始めました。夕マズメの時合、カンパチでも釣れないかなとボトムをとってジャーク、数回繰り返して速引きすると、かなり手前でガツンとヒット!

キタ━(゚∀゚)━!これ、今年一番の強い引きです。
途中頭を降って、狙い通りのカンパチかと思ったら、その後はすんなりと寄ってきて、姿を見せたのが写真のイナダ。17時10分、すぐにメジャーを当てると41センチ。ジグはアワビ仕様のギャロップ、30グラムです。

血抜きしたりしている間に風向きが変わり、北東の向かい風になってしまいました。海面が波立ち、沖に流れていた大きな流木が多数急接近してきたため、これでストップフィッシングとしました。

ちなみにこのイナダ、持ち帰って氷水に付けたら40センチに縮んでしまいました(笑)。胃袋の中は…やっぱりシラスで一杯でした。

というわけで、久しぶりに楽しめた釣行でした。
また、体調をみて出掛けたいと思ってますので、その時はレポートします。



0
投稿者:しげ(静岡市)

2010年7月31日 複雑な気持ち

体調を崩してしまい、早起きを控えた週末、それでも午後の潮は一振りしようと、昼過ぎに三保に向った。週後半に降った雨の影響で、大谷付近の浜は水がかなり濁っている。だが、久能に入るとかなり潮が澄んできた。三保は問題なさそうだ。それよりも気になるのは南風か。久能の浜はかなり波立っている。今日も風を避けて飛行場前に入ろう、と決める。15時21分、先週とほぼ同じ位置で第1投。

と、二投目で早くもバイトがあった。ルアーはメタリック・サーディンの30グラム、ピンクバック。超定番ルアーだが、バイトがあったのは表層近くだった。それでも一通りレンジを探ってみようと、ボトムを取ってファストリトリーブする。しばらく巻き続けたところで、いきなりゴン、とヒットした。それほど重くはないが、首を振って暴れるファイトの主は、奴に違いない。今季青物第1号だ。慎重に取り込む。姿を現したのは、やっぱり小さなカンパチだった。

クリックすると元のサイズで表示します

メジャーを当てると25センチ。まあ、キープサイズではないだろう。手早くフォトアンドリリース。ゆっくりとだが、しっかり海へ帰って行った。時計を見ると、15時30分。

その後もルアーやレンジを変えて探っていく。15時55分、ルアーをラフェスタの28グラム、ROタコベイト仕様に変えて、表層を速引きすると、波打ち際で何かがヒットした。残念ながらスレ掛かりだったが、表層でアタックするところが見えたので、ルアーに反応したことは間違いない。細長い魚体は、恐らくダツだろう。全長30センチほど。即リリースするつもりが、口周りにもフックアップしてしまったので、外すついでに写真を撮る。

クリックすると元のサイズで表示します

(が、改めて写真をよく見ると、普通のサヨリのようだ…下唇が紅い。キープすれば良かったと、後悔)

16時20分、右手の餌釣りアングラーが何かいいサイズの魚をキャッチ。見ると、45センチはありそうな、丸々と太ったサバだ。ちょっと羨ましい。こちらもサバ狙いのジャークを試みるが、反応は無かった。体調があまり良くないので、休みながら釣り続けるが、潮目が何度か通過するものの、ナブラは全く発生しない。17時20分、ボトムからの速引きで再度ヒット。今度は何だろう?波打ち際で右側に走りながら寄ってきたのは、35センチのマルソーダだった。ルアーはメタリック・サーディンの30グラム、ブルーバック。

クリックすると元のサイズで表示します

手早く写真を撮ってリリースしようとしたが、砂にまみれたのがいけなかったのか、なかなか泳いでいかない。流されるように沖へ出て行ったが、そのまま息絶えてしまったのではないか?今日はあちこちにマルソーダの死骸が打ち上がっている。ルアーマンがリリースしたつもりの魚なのだろうか?だとしたら、ヒットしたマルソーダはしっかりキープして、食べてあげなければいけない。そう考えると、ちょっと複雑な心境になってしまった。18時を回ると、風向きが変わって逆風になった。ルアーの飛距離が10メートル以上落ちてしまう。18時20分、諦めて帰宅した。
0
投稿者:しげ(静岡市)

2010年7月24日(夕) ようやく1匹!

24日の朝はいまいちな結果に終わった。明日、日曜は仕事で釣りができない。ということで、夕方再び三保に車を走らせた。南風が結構強く吹いているので、風下になる飛行場前に入ることとする。駐車場から歩いて、吹流しの少し先の場所に入る。17時05分、第1投。

すると、しばらくして左手側からナブラが近づいてきた。すかさずキャスト、小さなバイトを感じるが、ヒットには至らない。

さらに10分後、手前に魚の群れが近づいた。すかさずキャスト、コンと当たり、わずかな重みが伝わる。フックには10センチほどのイワシが付いてきた。その後イワシの3連発。かなり濃いイワシの群れがいるようだが、それを追いかける魚が見当たらないようだ。18時10分までに、この繰り返しで5匹のイワシがフックアップしてきた。

クリックすると元のサイズで表示します

暗くなってきた18時50分からタチ狙いに変更する。あれだけベイトがいるのだからそれを追いかけるタチもいるだろう、と思い、イワシのレンジだったカウントダウン7から始めて、レンジを探っていく。しかし、バイトはない。

とにかく、少しでも遠く、さらにいろいろなレンジを探るようやってみる。すると、カウントダウン7から10、15と変えて探っている中、カウント15のレンジからのふわふわジャークで、ゴン、とバイトが伝わった。ついに来た!深いレンジだった。いい引きだ。手元へ寄せてくると反転して暴れている。これは間違いなくいいサイズだ。波打際から一気に巻き上げると、上がってきたのはグッドサイズのタチウオ!間違いなく指4本サイズだ。ようやくキャッチできた今シーズンの1匹目、粘った甲斐があったというものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

この後も同じレンジを探っていくが、バイトはない。20時05分に見切りをつける。キープしたタチウオはぶつ切りにして、一部を刺身でいただいた。噛むと甘味がにじみでて、大変美味しかった。
0
投稿者:しげ(静岡市)

7月24日(朝) え?こんなに?

今週末は日曜が仕事なので、釣りができるのは今日土曜日だけ。地元で安倍川の花火大会もあるが、じっくり釣りしたい心境だ。3時45分三保灯台下の駐車場に到着。北西の風が吹いている。しかし、この風は追い風になる風だ。気にせずポイントへ向かう。先週ナブラが出ていた場所が気になる。その辺りを見たらちょうど空いていたので、迷わず入る。灯台から150メートル位東側だ。

3時55分、第1投。波は静かだ。ところが…カウントダウンをしていると、10も数えないうちに早くもボトムに到達してしまった。え?こんなに浅いの?という感じだ。いくら潮が動いていないにしても、これではあまりにも浅すぎる。4時22分に早々とタチ狙いを諦め、青物狙いに切り替える。

と、4時38分、ラフェスタ28グラムのタコベイト付きを表層で速引きしていると、波打ち際に来た時、突然何者かが横っ跳びに飛びついてきた。残念ながら空振りだったが、あの姿はスリムなワカナゴか、それとも小ぶりなダツか?とにかく、表層付近に魚がいる、と判断し、その後はいつもより表層を意識したリトリーブで探っていく。

ところが…その後は全くパッとしない。ナブラも出ないし、周りでも釣れていない。先週のナブラは何だったのだろうか?先週ナブラが出た6時過ぎまで様子を見るが、やはりナブラは出なかった。6時35分、諦めて終了。
0
投稿者:しげ(静岡市)

2010年7月18日 ナブラは出るが…

昨日は管理釣り場ドットコム・エリアトーナメントに参加したため、海はお休み。3連休の最終日、今年2回目の釣行に出かけた。

一昨日とほぼ同じ場所に入る。今日も無風、だがややウネリがある。いかにも釣れそうな感じだ。3時42分第1投。今日もタチ狙いで釣り始める。が、10投ほどしたところで、キャストミスでラインブレイクしてしまう。急いでリーダーをセットしなおし、4時6分再開。しかしバイトはない。明るくなると、沖には潮目も見え、いかにも釣れそうな感じなのだが…

明るくなったところでタチ狙いから青物狙いに切り替える。しかし、まったく当たりがない。今日もダメか…と諦め半分でキャストを続けていると、6時過ぎにようやく沖でナブラが発生した。が、遠くて届かない。潮目の向こう側でしきりにナブラが出ているのだが、潮目の手前側に入ってこない。6時30分、隣の弓角アングラーにソーダがヒット、そして6時45分、私の前でようやく狙える距離内にナブラ発生!見た感じはワカナゴっぽい。すかさずキャストするが、残念ながらバイトしない。

7時過ぎにも、再度手前でナブラが出る。しかし、この時も不発だった。ナブラが収まった7時10分、諦めることとした。帰り際に灯台下まで戻ってみると、こちらではまだナブラが出ていて、アングラーがキャストを続けていた。しかし、誰にもヒットしていなかった。うーん、ベイトが違うのだろうか…? 
0
投稿者:しげ(静岡市)
1 2 | 《前のページ | 次のページ》
/2 
 
AutoPage最新お知らせ