2007/10/14

♪アジ釣り師いろいろ  ひとやすみ
 

♪かよってきた釣り場が違うから 得手不得手いなめない
 遠投の名人だったり フカセが好きだったりするのね
 ましてやルアーマンと餌師だったら すれ違いはしょうがない
 釣れて当然って言ったり 潮目横切るななんてなっちゃうね

 何がきっかけでどんなスタイルで 僕等はアジ釣るんだろう
 新しい仕掛けや初めての釣り場も
 できるだけ 試してみたいのさ

 Uh がんばってみるよ
 やれるだけ がんばってみてよ
 失敗も しょっちゅうあるけど
 つまりは単純に釣ることが 好きなのさ

 もともと十人十色だから こだわりはいなめない
 地磯が好きだったり そのわり堤防の主だったりするのね

 ポリシー曲げてまで想い抑えてまで付き合うことないけど
 ひとりじゃわからない楽しい自慢話
 少しだけ 聞かせてほしいのさ

 Uh がんばってみるよ
 やれるだけ がんばってみてよ
 うんちくも 何だかんだ言うけど
 つまりは単純に釣ることが 好きなのさ




クリックすると元のサイズで表示します
山崎まさよし「HOME」(1997)

 

  

2007/10/19  21:16

投稿者:管理人
>すったさん
おお、伝説の釣り師とのガチンコ勝負ですか!
頑張ってくださいね。
ハパネロ汁かけて戦意喪失させちゃいましょう(笑)。
で、ターゲットは何でしょうか?
もちろん、○ソ神様ですよね〜♪

2007/10/19  17:42

投稿者:すった
昔このアルバム持ってたんですが・・・

その頃つきあってた(?)彼女に別れる時に持っていかれてしまいました。

週末はびっちゃさんとガチンコマッチの予定です。
応援よろしくお願いします。

2007/10/15  19:52

投稿者:管理人
>しげおさん
あ、いやその・・・
誤解があったら困るので念のため申し上げておきますが、私はルアーマンを悪くいうつもりは全くありません。
私自身、三十ウン年来のルアー小僧(いまはオヤジ)でありますし、先釣者のルアーマンのリトリーブラインを横切るように仕掛けを流し入れるけしからん餌釣り師だって居ますからね。
大事なのは、周囲の状況をよく見て、先釣者優先の原則を守って、お互いの邪魔にならないように気を配りながら、気持ちよく釣りをすることだと思います。

2007/10/15  10:26

投稿者:しげお
これも、才能というのか、なんなのか?(爆)
昔から、この手の替え歌がお上手です。

潮崎さんが「釣り人への注意喚起ですね」と、言っていますが、ピンときました。(そんなにだいそれたものではありませんが)

私の家のすぐ前が川になっていまして、昔はよくへら釣りで賑わいました。父も休みになると朝早く起きて場所を陣取らないと、数キロにわたって釣師が埋め尽くしておりました。

私も、小学生ながらロッドケースとバックなんぞ生意気にかかえて、父の友人の手作りウキなんぞを使い、12尺のグラスロッドを振っておりました。

憧れは、へら研の帽子にトーナメントで勝ち得た「バッチ」を沢山つけることでした。

あの頃は、暗黙のルールがしっかり根付いていたような気がします。釣人のスペースの等間隔や、物音を控えるというような、今ではむずかしいことがしっかり守られていました。

いきなり割って入ってルアーをぶん投げるなんて、当時であったとしたら、ぶっとばされていたことでしょう。(笑)

しかし、なぜ最近のフィッシング界はマナーもルールも守られなくなったのでしょう。

この続きは、またいつかやりましょう。(笑)

2007/10/14  23:22

投稿者:管理人
>潮崎さん
注意喚起だなんて・・・そんな大それたことは考えてませんよ(笑)。
皆それぞれ思い思いのスタイルで自由に釣りを楽しんでいて、それはとても素敵なことだな、と。
人のタックルや仕掛けを見せてもらって、それを参考にして自分なりにさらに工夫して、それがまた別の人に伝わって、そんな風にしてどんどん進化していくんですよね。
ひとつのスタイルにこだわるのももちろんいいけど、いろんな釣法を気軽に試してみるのもいいものです。
釣りの楽しみが大きく広がります。

ちなみにKU港の白灯先端部は、現在立入禁止で入ることはできません。
それからタンク前も、混雑のため入ることはほぼ不可能となっております(泣)。

2007/10/14  21:15

投稿者:潮崎 時来
さすがは師匠!
笑いのネタかと思ったが
小さな意味での釣人への注意喚起ですね(笑

三年前のKU漁港は
あんなに混んでませんでしたね。
白灯先端も難なく竿が出せる程だったのにね(今はひどい)
・・・・・・・・
タンク前に陣取る
カメ爺の後ろ姿が思い出されます(笑

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ