2016/7/3

自己記録更新  釣行記:Iその他
 

さて、久しぶりの釣行である。
渡船屋さんのHPやソルトルアー系ブロガーさんの記事によれば、ショア青物が相変わらず好調に釣れているという。
週の半ばに出撃した知人も、イナダ〜ワラササイズを爆釣したらしく、出勤途中に迷惑LINEが入ってきた。
ん〜、うらやましい!
情報の後追いで釣れたためしなど無いが、アホな私は懲りもせずに青物狙いで出撃した。


霧の中、まだ暗いうちに足場の良い回遊待ちポイントに到着し、タックルをセット。
本日用意した青物用ロッドは2本。ロッキーショアの100/12と100/13。
ウエイトの異なるルアーを使い分けるためである。
スマホで気象情報などチェックしながら、のんびり腰を下ろして夜明けを待つ。

辺りが薄明るくなってきたところで戦闘開始。
ラインにコツコツと小魚が当たる感触はイワシだろうか。
これがイワシならもはや勝ったも同然とニヤニヤしていたら・・・


クリックすると元のサイズで表示します


残念。小サバだった。
でも、何もベイトが居ないよりはましだ。
生命感のある海って素晴らしい。


そうこうするうち、射程距離外の沖合いで鳥山トルネードが発生。
何か居るぞ。
青物か?それとも市バス?


クリックすると元のサイズで表示します


市バスは要らない。食べ飽きた。
足元には、相変わらず小サバの群れが右往左往している。
あの鳥山、こっちに近づいてこないかなあ〜と思いながらジグを泳がせていると・・・

ドスン!

突然、すぐ目の前の足元で何かが食いついた。

フルベンドするロッキーショア。
リールのドラグがジージーと音を立てる。

うおおお、何じゃこりゃ!
もしかしてあれか?
カゴサビキに掛かった大事なアジを横取りしていくあの悪いUMAか?

愛用のロッドが、これまで見たことのない美しいカーブを描いている。
ああ、なるほど。このロッド(100/13)は本当はこんな風に曲がるんだね。
イナワラを掛けてもティップしか曲がらないので知らなかった。

魚が動けば、しなやかにティップが追従する。
急な突進もバットがしっかり受け止めて、ロッドを伸される不安を全く感じさせない。
竿尻をへそ下に当ててロッドを立て、ためているだけで魚がじわじわ浮いてくる。
イナワラサイズでは1ミリもラインの出ないいつものドラグ設定も、今回はドンピシャだ。
魚が突進したときだけ絶妙にラインを送り出し、ラインへの負荷を和らげてくれている。

先代のロッキーショアから愛用し、オーバースペックと笑われ続けていったい何年経つだろう。
初めてこのタックルが本領を発揮する魚に出会ったかもしれない(笑)。

道具に助けられ、程なくして姿を現したのは・・・


クリックすると元のサイズで表示します


じゃじゃーん!
正確に測ってはいないが、90cm超えのデカマサ♪
しかも太い!一瞬ブリかと思った。
ショアマサ自己記録を一気に更新だ。
やったね♪

ストリンガーに掛けるのも一苦労。
強度が心配だったので、左右の鰓に一本ずつフックを通した。

ラインに目立った傷は無かったが念のため予備スプールに交換し、柳の下の2本目のマサを狙ってキャストを再開。
でかくて悪い奴がまだその辺をうろついているかもしれない


しかし、その後はイナダサイズが2本ヒットしたのみ。
デカマサを獲った後では小さなワカシにしか見えず、即リリースした。

干潮の潮止まりになると小サバの群れも抜けてしまった。
魚の気配が無くなったので、ストリンガーに繋いでおいた獲物をナイフで血抜きして撤収。
途中の酒屋さんで乾杯用の地酒を仕入れて帰宅した。

次はこのくらいの奴を釣りたいな・・・。
ウソウソ(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します


【本日のタックル】
ロッド:タイドマーク・ロッキーショア・パーガトリー100/13
リール:ステラSW6000HG
ライン:PE2.5号+フロロリーダー10号
ルアー:主にメタルジグ80g

ロッド:タイドマーク・ロッキーショア・パーガトリー100/12
リール:ステラSW6000HG
ライン:PE2.5号+フロロリーダー10号
ルアー:主にメタルジグ60g、プラグ



◇◇◇◇◇


さて、料理編である。
シンクからはみ出す巨体と格闘して作ったのは・・・


クリックすると元のサイズで表示します


まずは新鮮な刺身。これは文句なく美味い。
ブリやカンパチとは違う味だということに、奥さんと子供達もすぐに気づいた。


クリックすると元のサイズで表示します


続いてカマ焼き。一番美味しいところ。
塩を振っただけのシンプルな味付けだが、上品な脂が最高。


クリックすると元のサイズで表示します


そして、巨大なかぶと煮。
どうぞ好きなようにつついてくださいな(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します


お酒は大原の「木戸泉」で。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


乾杯♪

  
タグ: 釣り

2016/7/5  18:28

投稿者:かめやまこ
豚さん、ありがとうございます。
100%正真正銘のまぐれですが、嬉しいです(^^)♪
刺身も本当に美味しくて、家族も喜んでくれました。

2016/7/5  12:29

投稿者:豚
完全無欠の一切合切誰に何のケチもつけられようがない
最強完璧なデカイのヒラマサおめでとうございます!!!

写真に隠せないお刺身のネッチョリ感に身悶えてしまいます。

2016/7/5  6:35

投稿者:かめやまこ
キャロルさん、ごめんなさい。
返信を飛ばしてしまいました。
m(_ _)m
「サケみたいな」の例えが最初は???でしたが、よく見たら顔が似てますね。
さすがでございます(^^)。

2016/7/4  18:23

投稿者:かめやまこ
pigretさん、ありがとうございます。
良いか悪いかは別として、確かに普段から場違いな剛竿を振り回していたおかげで獲れた魚だと思います。
イナワラ仕様のライトなタックルでは獲れなかったかもしれません(^^;;。

2016/7/4  14:16

投稿者:Pigret
おめでとうございます。やはり普段の行いですよねぇ。。
あ〜、たまにはドカンっっ!って来ないかなぁ・・・

2016/7/3  23:04

投稿者:かめやまこ
kiyonoさん、ありがとうございます。
昨日まで釣れていても今日はさっぱり釣れないとか、
今日は釣れなくても明日は爆とか、良くあるお話です。
次回に期待しましょう♪

2016/7/3  22:57

投稿者:かめやまこ
びっちゃさん、ありがとうございます。
仰る通り、足元に寄ってからも下へ下へと強烈に突進するんですね。
腰を落としてひたすらこらえました。
多分、5年分くらいの運を使い果たしたと思います。

2016/7/3  22:53

投稿者:かめやまこ
シーバカさん、ありがとうございます。
ヒラマサは美味しいですね。
家族も喜んでいました。
これ一本、魚屋で買ったらいくらになるんでしょうね。

2016/7/3  22:50

投稿者:かめやまこ
オヤジ2号さん、ありがとうございます。
正真正銘のまぐれですよ。
狙って出会えるサイズではありません。。
晩酌は美味しかったですが(笑)。

2016/7/3  22:48

投稿者:かめやまこ
rickeyさん、ありがとうございます。
タックルのスペック、大事です。
無い腕をカバーしてくれます(笑)。
これがもしシーバスタックルやライトショアジギングタックルだったら、私の腕では一瞬で切られていたと思います。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ