2016/10/9

「推し増し」といつもの肴  釣行記:Iその他
 

先日参加した「千葉の酒フェスタ2016」で最も印象に残った蔵元、一宮の稲花酒造さん。
フェスには出品していない限定品もあると蔵の方に教えて頂いたので、さっそくそのお酒を仕入れに出掛けることにした。
ついでに少し釣りもしてみよう(笑)。

深夜、タックルの準備をしながらFMラジオを聴いていると、AKBの柏木由紀さんの番組で、「推し変」「推し増し」という言葉が説明されていた。
「推し変」とは、応援するメンバーを変更すること、「推し増し」とは、応援するメンバーを変更せずに追加することをいうらしい。

なるほど。
ならば私の場合は「推し増し」だ。
これまで私は、千葉の蔵元さんの中では「鳴海」の東灘醸造さんのファンだったが、今後は稲花酒造さんのお酒もチェックしたいと思う。


◇◇◇◇◇


訪れた朝マズメの海は、強い南風の影響で荒れ模様。
吹きさらしの海面はガチャガチャだ。
根魚釣りは早々に諦め、今日はショアジギ一本勝負。
80gのメタルジグを、爆風の中でぶん投げる。
30〜40gの軽いルアーではまるでお話にならない。


クリックすると元のサイズで表示します


しばらくして、沖の中層でガツン!と青物らしきアタリがあったが、乗らなかった。
そこで、すぐさまベールをフリーにしてヒラヒラとジグをフォールさせ、攻撃されて弱ったイワシを演出。
間髪入れずベールを戻してジャークを入れてやると、再びガツン!と食ってきた。
まずまずのサイズじゃないの?とニヤつきながら寄せてくると・・・

なんと、フロントアシストとリアフックに一本ずつイナダが掛かっていた。
一つのジグを奪い合うように食ったらしい。
ランディング直前に一本外れてくれたので、どっこらしょっとゴボウ抜きでキャッチ。
ストリンガーに繋いで、穏やかな側の海面を泳がせておいた。


クリックすると元のサイズで表示します
帰宅後計測で44pのイナダくん


サイズアップを狙ってキャストを続けていると、再びアタリ。
ポンピングで寄せてくると、今度はまずまずいいサイズのイナダだった。
目測60cm弱くらいか。
抜き上げようか、タモ入れしようかと迷ってもたもたしていたら、バレてしまった。
残念。

しばらくすると、またアタリ。
今朝は鳥山もナブラも何も無いが、ステルス回遊の青物はコンスタントに回っているらしい。
今度もまずまずの重量感だったので、バレないようしっかりと追いアワセを入れて寄せてきたが、またしても目の前で外れてしまった。
うわあ、なんで?
掛かりが浅かったのか・・・。

そうこうするうち、遠くの北の空に一瞬、虹が架かった。
雨雲が近づいているのだろう。


クリックすると元のサイズで表示します


大きなヒラマサかブリでも回っていれば別だが、イナダのために雨に濡れたくはない。
既にキープしている一本で今夜の肴は十分なので、少し時間は早いが道具を片付けて撤収した。

ちなみに、「亀仙人スタイル」は強風にめっぽう弱いことが判明。
シラフなのによろついてコケそうになった(笑)。


<本日の「一見、ルアーマンぽい」タックル>
ロッド:タイドマーク・ロッキーショア・パーガトリー100/12
リール:ステラSW6000HG
ライン:PE2.5号+フロロリーダー10号
ルアー:メタルジグ80g各種



◇◇◇◇◇


公園駐車場でしばらく仮眠を取った後、本日の第二ラウンド。
いや、メインイベント(笑)。
稲花の限定品を仕入れに向かった。

お店の冷蔵ケースの中には、たしかに見たことのないラベルがいくつか並んでいた。
色々説明を聞いて、今回選んだのはこちら。
無濾過生原酒「1787(いなはな)〜息吹〜」。


クリックすると元のサイズで表示します


先日のフェスで試飲した無濾過生原酒の「絆」は、程よい酸味があって魚料理によく合いそうな印象を受けたが、この「1787」はどうなんだろう?

肴はもちろん、今朝まで元気に海を泳ぎまわっていたイナダの刺身。
活き締めしたばかりの新鮮な青物の美味しさは、食べた人にしか分からない。


クリックすると元のサイズで表示します


それでは、いよいよ頂きます。
次の週末には天候も回復して楽しい釣りができることを祈って・・・


クリックすると元のサイズで表示します


かんぱ〜い(^^♪

   
タグ: 釣り

2016/10/10  16:32

投稿者:かめやまこ
びっちゃさん、こんにちは。
私が釣りをやめても何も起きませんよ。
トランプは当選しませんし、民進党・共産党連合が政権を取ることもありません。
ブログにアップできない高級魚は、資源保護のため当面自粛を勧奨いたします(笑)。
代わりに旬の秋サワラを狙って、クール便で千葉に送って下さい(爆)。

2016/10/10  16:25

投稿者:かめやまこ
rickeyさん、こんにちは。
ダメ元で竿を振っていたら、幸いなことに魚が回ってきました。
鳥山や釣果情報ばかり追いかけていたら、この時期の青物に出会うのは難しいかもしれません。
ステルス回遊の青物は鳥山とは関係ないですし、釣果情報は、たとえ1時間前であってもすでに「過去」のものです(笑)。

2016/10/10  15:10

投稿者:びっちゃ
管理人さんが釣り止めたら大変なことになりますね(笑)
私もそろそろ青物釣りに気合入れようかな。
例のブログにUPできない魚も、もういらない!と贅沢なこと言われてますもんで。
青物1本だと道具が少なくて楽ちんなんですよね。

+

2016/10/10  13:59

投稿者:rickey
かめやまこさん、こんにちは。

行かれないかと思っていたのですが、行かれましたか(^^)流石です。
かなり濁りが出ていると思い青物は寄ってこないと思っていたのですが、ステルスで寄っていたのですね〜
美味しいお肴を召し上がったことでしょう(^^)

2016/10/10  13:50

投稿者:かめやまこ
せっき〜さん、こんにちは。
こちらこそ、コメント有難うございます。
不動ブラック、私も興味津々です。
酒々井の夜明けは、先日の甲子のブースでも案内されていましたね。こちらも気になります。
美味しいお酒に合わせる美味しい肴を調達するために、張り切って釣りに行きましょう♪(笑)

2016/10/10  13:02

投稿者:せっき〜
こんにちは、コメントありがとうございました!

お酒、早速調達したのですね(笑)

自分も鍋店の不動ブラックが楽しみです。(20日出荷だそうです)

来月は酒々井の夜明けが待っていますが、楽しみが一杯で釣りに行けないですね(^_^;)

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ