2017/1/8

異常無し  釣行記:Iその他
 

野暮用が予定よりも早く終わったので、天気が崩れる前に近場のサーフ&堤防を弾丸パトロール。


クリックすると元のサイズで表示します


雰囲気はそこそこあったけれど・・・異常なし。
海鳥も所在なさげに上空を旋回しては、どこかへ飛び去っていく。
さすがにここまで水温が下がると、ベイトの大群でも寄らない限り厳しいよね。
蟹網でも流した方が良かったかな?(^^;)


クリックすると元のサイズで表示します
http://www.agri-kanagawa.jp/suisoken/kaikyozu/KantoTokaiIZ.asp?n=3より引用


深追いはせずにさっさと切り上げ、晩酌の肴を調達。
限られた時間は有効に使おう。
漁協の直売所で、地物のハマグリを1kg大人買い。


クリックすると元のサイズで表示します


観光客相手の売店で買うより2割ほど安い。
今夜はハマグリ尽くしじゃ♪


クリックすると元のサイズで表示します


鮮魚では、外房沖で揚がったという良型の「レア青物」が沢山並んでいた。
水温の高い沖合いにはまだ群れがとどまっているらしい。
イワシの群れが接岸すれば、ショアで釣れるチャンスがあるかも・・・

なんてことを妄想しながら、「いわし資料館」なる施設を初めて覗いてみた。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


この水槽のイワシを泳がせて、フィッシュイーターを狙いたい。
ついついそう思ってしまうのは、私だけだろうか(笑)。

初釣りはしたいけれど、青物の気配が無いとテンションが上がらない。
それも私だけ?(爆)


◇◇◇◇◇◇


さて、新年最初の料理編。

大粒の九十九里産ハマグリの一番美味しい食べ方(注:個人の感想です)は、直火ホイル包み焼き。
別名「タモさん焼き」。


クリックすると元のサイズで表示します


何も足さない、何も引かない。
ハマグリ本来の味を楽しむことができる。


クリックすると元のサイズで表示します


そしてもう一品。
ニンニクを効かせた酒蒸しもわが家の定番。


クリックすると元のサイズで表示します


さらに、家族のリクエストに応えて・・・

先月釣ったワラサの切り身を解凍して、ワラサ大根。
ワラサの身がパサパサにならないよう、先に大根だけをだし昆布とワラサのアラと一緒に十分に煮て、切り身を入れてからは煮込み過ぎないのがコツ。
昼間のうちに作り、数時間置いて味を馴染ませ、頂く直前に再び軽く温める。


クリックすると元のサイズで表示します


生姜を効かせた「りゅうきゅう」漬け。
ああ忙しい忙しい(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します


お酒は、成田の「不動」純米大吟醸。
限定品の「新酒しぼりたて生原酒」。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


うん!美味しい(^^♪

    
タグ: 釣り

2017/1/10  22:40

投稿者:かめやまこ
rickeyさん、こんばんは。
とうとうストック食材も底をつきました。
そろそろ何か釣って帰らないと晩酌の肴がありません。
ヒラツメガニ、沢山獲ってカニ飯作りたいですねえ。
(^^♪

2017/1/10  9:13

投稿者:rickey
かめやまこさん、おはようございます。

新年初調査は各海域は異常なしでしたか。
異常がないのは・・・う〜ん・・・
すぐに気分転換するあたり流石です。
しかもストック食材も合わせての豪華食卓
お見事でございます。
私もストックしておける位釣ってみたい(^^)
新しい発見楽しそうです。
そろそろヒラツメ蟹も時期ですね〜(笑)

2017/1/10  6:14

投稿者:かめやまこ
びっちゃさん、おはようございます。
漁港のそばに新しくできた施設です。
天然ガスは沸いてないと思います(^^;

2017/1/10  6:12

投稿者:かめやまこ
キャロルさん、おはようございます。
釣れないときは、あちこち散策して帰るのも
ありですね。
色々と新しい発見があって面白いです。

2017/1/9  23:51

投稿者:びっちゃ
イワシ資料館って、爆発しませんでしたか?

釣れなきゃ釣りじゃない!
私も同じですが、当然です(キリッ)

+

2017/1/9  12:03

投稿者:キャロル
 かめやまこさん
 いわし資料館は、楽しそうですねえ。これまでの釣りでは、余裕なく外房に通っているので、地域のそういう施設にはまったく関心がありませんでした。年が改まり、来年には赤いちゃんちゃんこだと家族から突っ込まれ、「赤い釣りの防寒着を新調してください」と切り返したら無視されたんですが、そろそろ地域の文化も楽しむ、のんびりした釣りも人生に必要かも、と思いました。 

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ