2017/9/10

痩せ我慢  釣行記:Iその他


さて、二週間ぶりの出漁である。
前回はショアイサキがたくさん釣れたので、今回はもっと大きな魚を狙ってみよう。


クリックすると元のサイズで表示します


オリオンビールの「琉球セッション」を頂きながら、タックルの準備。
ハリスはもっと太い方がいいのかな?
妄想ばかりがどんどん膨らんでいく。
この時間が楽しいんだよね(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します


やってきたのは、今回もマイナー地磯。
ギリギリ視認できる距離に実績場のポイントがあるが、あえてその近くには入らない。
この釣りに限っては、人から教えてもらったポイントで釣っても自分で釣ったことにはならないから。

そう思うのは、かつてこの釣りの先駆者だった知人の影響。
彼は誰からも教わることなく、この釣りのメソッドとポイントを開拓していった。
そのプロセスをショートカットすると、何か大事なものを見失う気がする。


クリックすると元のサイズで表示します


4号竿にPE2号、8号リーダーにハリス6号という訳のわからない仕掛けで釣り開始。
餌はサンマの切り身。
南方系でなくても、長くなくて大きい魚なら何でもいいぞ♪


周囲に人の気配のない地磯にも、生命感は溢れている。
古いピトン穴の中には、小さなイソギンチャクが。
危うくチャランポを差して潰すところだった。


クリックすると元のサイズで表示します


大きな磯ガニ。
なんだてめえやんのかオラオラ!( *`ω´)!と威嚇してくる。
ごめんね。釣りしていいかな(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します


肝心の釣りの方だが、アタリは頻繁に出るものの食い込まない。
小さなイサキか、それともフグか。
針のサイズを落として確かめたい誘惑に駆られながらも、悶々と我慢する。

確かめたい。
確かめてどうするんだい。
また前回みたいに尺にも満たないウリ坊沢山釣って持ち帰るのかい。
いや、それでも坊主よりは・・・
何を言っているんだ。坊主が嫌ならこんな釣りやめちまえ!


そうこうするうち、それまでモヤモヤするばかりで一向に沈まなかったウキが、沖に向かって水面下をスッと走った。
よし!なんか食った!
ビシッと合わせを入れると・・・あれれ?
あまり抵抗なくするすると寄ってくる。
曲がらない竿の先にぶら下がっていたのは・・・


クリックすると元のサイズで表示します


ぴったり30cmのちびイサキ。
大きな針を飲み込んで流血していたのでキープ。


また暫くすると、回収した仕掛けの先に、ヒラヒラと何かが付いていた。
まさかのカゴカキダイだ。


クリックすると元のサイズで表示します


口ではなく鰓蓋に針が引っ掛かるミラクル(笑)。
流血していなかったのでリリースした。
ん〜、なんかポイントが違う気がするなあ・・・


そんなこんなで悶々と時間は過ぎ、次第に東の空が明るくなり始めた。
試合終了。見事にノーバイト。完敗だ。
邪魔をしたお詫びに磯ガニ達に残ったサンマの切り身を与えて、日が昇る前に撤収した。


クリックすると元のサイズで表示します


くそ。
このままでは終われない(^^;。

<つづく>


◇◇◇◇◇
「いいね」ボタンがありませんので、宜しければ代わりにこちらを ↓
にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村
タグ: 釣り

2017/9/12  18:09

投稿者:管理人
hazimeさん、こんばんは。
自分で探したポイントで、イメージ通りに
釣れたときは本当に嬉しいですよね。
今回、針のサイズは落としませんでしたが、
朝の部はなりふり構わず食材確保に走って
しまいました(笑)。

2017/9/12  17:59

投稿者:管理人
rickeyさん、こんばんは。
そうですね。
行かなきゃ何も起こりません。
行っても何も起きないのですが、それでも可能性は
ゼロではないです(^^;。

2017/9/12  8:43

投稿者:hazime
ご無沙汰しております!
自分でポイントを模索しながら釣る楽しさはすごく分かります。開拓したマイポイントで狙った魚が釣れた時は手の震えが止まらない時があります。基本的に自分も同じ考えですが、途中で針を小さくしてしまう所が違うかもしれません|ω・`)

2017/9/12  8:09

投稿者:rickey
かめやまこさん、おはようございます。

行かれていたんですね〜
しかも磯の大物狙いで(^^)
磯は私にはハードルが高くて(^^:
ケーソンの上からの釣りで色々釣ってみたいという妄想を・・・
そろそろと思うのですが、やれCMだ野暮用だと理由をこじつけて、なかなか重い腰が上がりません(^^;
そろそろ企みたいと思います。

2017/9/12  6:45

投稿者:管理人
>キャロルさん
私は「釣れない釣り」にすっかり慣れてしまって、
最近は1ダース以上の魚を捌くのが苦痛です(笑)。
真剣に釣ることと、ガツガツしないことは、矛盾
しないと思っております(^^)。

2017/9/12  0:49

投稿者:キャロル
 かめやまこさん
 釣りの楽しみは固定的なものではなく、各人それぞれ変化し、発展していくものなんですね。最近つくづく、そう感じています。先日堤防で、私のアジ釣りの師匠と偶然遭遇しました。師匠は、ご自身が得意とするてんびん仕掛けではなく、磯竿1・5号でアジ釣りをされていました。師匠は「数釣り」優先の釣りから、「釣趣」優先の釣りに変えて釣りを楽しんでおられたのです。私はまだ釣れないと悲しいので「数」にこだわりますが、このような私でも、そのうち変わっていくのかもしれませんね(笑)。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ