2010/4/23

正当な理由  

(3)法第21条第1項第1号、第2号及び第6号に規定する「正当な理由」とは、個別の事実関係に即して判断すべきものであるが、例えば、以下のようなものが該当する可能性が高い。
・法第21条第1項第1号
 @債務者等の自発的な承諾がある場合
 A債務者等と連絡をとるための合理的方法が他にない場合

・法第21条第1項第2号
 @債務者等の自発的な承諾がある場合
 A債務者等と連絡をとるための合理的方法が他にない場合
 B債務者等の連絡先が不明な場合に、債務者等の連絡先を確認することを目的として債務者等以外の者に電話連絡をする場合。なお、この場合においても、債務者等以外の者から電話連絡をしないよう求められたにも関わらず、更に電話連絡をすることは「人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動」に該当するおそれが大きい。


動画のファイル01
動画のファイル02
動画のファイル03
動画のファイル04
動画のファイル05
動画のファイル06
動画とコーデック01
動画とコーデック02
動画とコーデック03
動画とコーデック04
動画とコーデック05
動画とコーデック06
0

2010/4/23

違反行為  

@反復継続して、電話をかけ、電報を送達し、電子メールを送信し、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は債務者、保証人等の居宅を訪問すること。
A債務者、保証人等の居宅を訪問し、債務者、保証人等から退去を求められたにも関わらず、長時間居座ること。
B債務者又は保証人(以下3−2−6において「債務者等」という。)以外の者に取立てへの協力を要求した際に、協力に応ずる意思のない旨の回答があったにも関わらず、更に当該債務者等以外の者に対し、取立てへの協力を要求すること。

資産分散01
資産分散02
資産分散03
資産分散04
資産分散05
資産分散06
取立て行為の規制01
取立て行為の規制02
取立て行為の規制03
取立て行為の規制04
取立て行為の規制05
取立て行為の規制06
0

2010/4/23

法律の規定  

(2)法第21条第1項各号の規定は、「人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動」の例示であり、取立て行為が同項に該当するかどうかは、当該規定に例示されているもの以外のものを含め、個別の事実関係に即して判断する必要がある。当該規定に定める事例のほか、例えば、次のような事例は、「人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動」に該当するおそれが大きい。

@反復継続して、電話をかけ、電報を送達し、電子メールを送信し、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は債務者、保証人等の居宅を訪問すること。
A債務者、保証人等の居宅を訪問し、債務者、保証人等から退去を求められたにも関わらず、長時間居座ること。
B債務者又は保証人(以下3−2−6において「債務者等」という。)以外の者に取立てへの協力を要求した際に、協力に応ずる意思のない旨の回答があったにも関わらず、更に当該債務者等以外の者に対し、取立てへの協力を要求すること。



“ひとつの籠に盛って全てを失うより、時間や籠の数など数回に分けて盛れば、全てを失うことはない” ということを意味しており、投資の場合は一つの銘柄で損失を出しても、他の銘柄の利益でカバー出来る、または、全損せずにすむ。ということになります。

預金に対しても同様のことが言えます。例えば、一つの金融機関に資産を全て預けておくと、その金融機関が破綻した時に全損になってしまう恐れがある為、資産を分散して、幾つかの口座で管理しておくことで、全損をせずに済む、ということになります。

このような状況にそなえ、国では「ペイオフ」という制度を設けています。

しかし、この制度は、上限1,000万円の元金と、その利息にのみ適応になっており、それ以上の資産については補償していません。

この為、多くの預金者が1,000万円以上にならないように分散預金を行い、結果的に預金高が減ってしまうという自体になってしまったことがありました。

複数の金融機関に預金をすることで「分散預金」とするのも良いですが、通常の預金よりも効率良く資産運用する方法があります。
0

2010/4/23

脅迫的な行為  

@暴力的な態度をとること。
A大声をあげたり、乱暴な言葉を使ったりすること。
B多人数で債務者、保証人等の居宅等に押し掛けること。

おいしいレシピ01
おいしいレシピ02
おいしいレシピ03
おいしいレシピ04
おいしいレシピ05
おいしいレシピ06
株式と為替01
株式と為替02
株式と為替03
株式と為替04
株式と為替05
株式と為替06
0

2010/4/23

威迫にあたるかどうか  

(1)法第21条第1項の「威迫」に該当するかどうかは、個別の事実関係に即して判断する必要があるが、例えば、貸金業を営む者又は債権の取立てについて貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者等が、債務者、保証人等に対し次のような言動を行う場合、「威迫」に該当するおそれが大きいことに留意する必要がある。

@暴力的な態度をとること。
A大声をあげたり、乱暴な言葉を使ったりすること。
B多人数で債務者、保証人等の居宅等に押し掛けること。



葬儀の服装01
葬儀の服装02
葬儀の服装03
葬儀の服装04
葬儀の服装05
葬儀の服装06
料理01
料理02
料理03
料理04
料理05
料理06
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ