2015/7/15

早朝ジョギングで天守台へ  diary

今朝の早朝ジョギングは、隅櫓から仙台城址への急坂を上がり、伊達政宗の騎馬像がある天守台までの往復。先日のブラタモリでも紹介された市街地の風景は、朝もやに霞んでいました。地震で崩れた石垣の修復も終わり、歩道も整備されて走りやすいコースになっていました。そのせいか、走る人やウオーキングの人が結構いるのにもびっくり。途中、中門跡の案内板を眺めたり、歴史の勉強にもなります。
0

2015/6/24

芭蕉さんが松島を案内  松島

この4月から松島の郷土史家らが主宰する「おくのほそ道」研究会に加入した。毎月1回、地元松島で定例会を開いており、毎回町内外から10人以上が参加している。ほとんどの方は、定年過ぎの年代で、現役世代は自分を含め数人しかいない。

昨年秋に町の公民館で開催された町民文化祭を見学したのがきっかけだ。仙台を訪れた芭蕉が、城下町のどのルートを実際に歩いたのか、地図上にルートを示したりなど、興味深い内容の展示だった。連絡先を書いて来たところ、定例会の案内状をいただいた。

昨年12月からオブザーバーの形で研究会に顔を出すようになり、会員の方たちとも顔なじみになるにつれて、やってみようという気持ちになったのである。代表のKさんは、60代半ばで、「おくのほそ道」ばかりでなく、松島の歴史にも詳しい。

そのKさんが、芭蕉の格好をして松島を散策しながらガイドする企画を近く始めるという。芭蕉が松島で宿泊した「熱田屋」跡地(現在は蕎麦店がある)をスタートし、雄島、瑞巌寺、天麟院、円通院、陽徳院、水主町、五大堂を巡る1時間半のコースだ。

仙台では、伊達武将隊が鎧甲冑姿で城下町を巡りながら観光案内するツアーが人気だし、NHKの人気番組「ブラタモリ」の影響からか、既存の観光コースとは一味違った街歩きが関心を集めている。ブラタモリの仙台ロケも、先週の16,17日にあったらしい。

芭蕉翁のコスプレは、どのような格好になるのか楽しみである。旅姿なのか、俳人のような恰好なのか・・・。水族館が閉館し、少々寂しくなった松島観光の新たな目玉になるか、我々研究会の会員も、第二、第三の芭蕉に扮して企画を盛り上げるか、今後の展開が楽しみだ。
0
タグ: 観光 町おこし

2015/6/15

便利になった最寄駅  松島

実家の高校一年生は、この春から電車通学になったのだが、先日実家に行った際、「新しい仙石東北ラインで通ってるの?」と聞くと、「東北線。遅い時間まであるから」だそうだ。確かに仙石東北ラインの仙台駅発最終は午後8時台、東北線の最終は午前零時過ぎまである。でも折角東北線の松島駅より近い高城町駅から乗れるようになったのに、もったいないと思った。うまい利用方法はないかと思ってネットで調べてみてびっくり。仙石東北ラインの接続線は東北線の支線扱いで、運賃計算上は塩釜駅から松島駅経由で高城町駅につながることになっているのだという。実際には東北線の松島駅よりやや塩釜駅寄りで300mの接続線を通り仙石線に繋がっているので、松島駅と高城町駅間は直接行き来出来ないのに、この区間の切符も発売される。その際は一旦松島駅から塩釜駅に行き、塩釜駅で仙石東北ラインに乗り換えて高城町駅に行くことになる。乗車距離は恐らく20キロ以上になるものの、運賃は最短距離で計算するのでわずか140円。通学定期券の場合は、高城町駅仙台駅間の仙石東北ラインを利用すれば、東北線の松島駅および本塩釜や多賀城経由の仙石線(途中下車しなければ)も使えるらしい。つまり、東北線、仙石線、仙石東北ラインの3路線すべてが使えることになる。東北線の松島駅仙台駅間の定期券では、仙石線は使えないし、仙石東北ラインで仙台駅から高城町駅まで乗ることもできないので、この違いは大きい。しかも、料金は高城町仙台間も松島仙台間も同額である。大都市圏ならともかく、田舎の小さな駅で3路線が使えるのだとすれば全国的にも珍しいのではないかと思う。ネットの情報なので正確かどうかはJRに早速確認してみよう。
※仙台駅で聞いたら、仙石東北ラインの高城町駅仙台駅間の定期券で、松島駅でも乗り降りできますとのことでした。

実は、実家の兄嫁もJRに電話して仙石東北ラインの定期券で松島駅を利用できるか問い合わせたところ、「駅名が違うので使えません」という返事だったらしい。それで姪は東北線の松島駅と仙台駅間の定期券を買って使っていた。仙台駅で聞いた時も、案内係りの人は電話でどこかに問い合わせてから「利用できます」という返事だった。JRの職員の中でも、情報が周知徹底されていないのだろう。実家の高校生は、結局高城町と仙台駅間の定期券に買い替えたという。先週末も仙石東北ラインや高城町駅には、鉄道ファンらしいカメラを手にした人たちがいた。車内案内の放送でも「仙石線の松島海岸、本塩竈方面は高城町で御乗換え下さい」と案内している。今は夏場でいいが、真冬になったら、ホームに狭い待合室があるだけの高城町駅で待つのはつらいだろう。まともな建物は改札を出た小さな駅舎だけなので、雨や雪の日は暖房もない駅舎で待つしかない。
0
タグ: 観光 町おこし

2015/5/30

仙石東北ライン一番列車  diary

今日5月30日に開業した仙石東北ライン。早速乗って来ました。仙台駅発午前6時26分の始発列車に間に合うよう、5時起きしておにぎりを作り、昼食持参で仙台駅に着いたのが6時過ぎ。取材カメラや鉄道ファンらが既に集まっていました。仙台駅ではささやかなテープカットと太鼓のセレモニーの後、見送りの人たちが手を振る中、静かに発車です。乗車したのは高城町駅までですが、普段は通勤通学客の地味な駅にも、鉄道ファンがカメラを手に待ち構えていました。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2015/5/21

ジョギング  diary

今朝は5時前に目が覚めたので、久しぶりにジョギングしました。家から西公園に入ると、市民会館裏手が広瀬川の絶景ポイント。さらに大橋を渡って仙台城の隅櫓を右折すると、地下鉄東西線の国際センター駅が見えます。建物はすっかり完成しているようで、駅前広場の整備中のようでした。県美術館と仙台二高前をさらに右折し、仲の瀬橋を渡って西公園に戻ってちょうど1時間。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2015/5/18

驚くべき密航者  canadian

先日、カルガリー発東京行きのエアカナダ機が、成田空港に緊急着陸したというニュースがあった。カナダ人カップルに機内で赤ちゃんが誕生したというのがその理由だそうだが、チリワクタイムスというBC州のローカル紙のウェブ版を見ていたら、「驚くべき密航者が世界的ニュースに」というヘッドラインで伝えていた。搭乗した時は2人だったのに、降りた時は3人になっていた訳で、赤ちゃんは当然パスポートがないから「密航者」という洒落だろう。赤ちゃんの父親になった青年は、飛行機から降りると、すぐカナダにいる母親に電話した。深夜11時に電話が鳴れば、誰でも何かあったのでは?と考える。この母親は、息子たちが日本に向かっていたことは知っており、咄嗟に「良くない知らせでは」と考えたそうだ。電話の向こうで息子が「母さん、伝えなければならないことがあるんだ」と言うと、母親は涙ぐみ、それを見た父親が、側に来て「何があったんだ?」と心配そうに聞いた。すると息子は「母さんはおばあちゃんになったよ。機内で子どもが生まれたんだ」。このカップルは、もらった航空券で日本を訪れたが、妊娠は知らず、もうすぐ成田に着くころになって、「お腹が痛い」と言い出した女性の下半身から、赤ちゃんの頭が見えたという「驚くべき密航者」の誕生だった。
0

2015/5/18

クロネコの対応  diary

仕事でクロネコヤマトをよく利用していたのだが、先月からは郵便もしくは佐川を利用するようになった。特にメール便が廃止になってからは、クロネコの営業所に行く機会がすっかり減ってしまった。

メール便が廃止されるというニュースが流れてから、クロネコの営業所で窓口の女性に「郵便局では新しいサービスが始まるようですね」と聞いてみたら、「よその会社のことはよく分かりません」というそっけない返事が返ってきた。

同じように、郵便局の窓口で「クロネコのメール便が廃止されるようですが、郵便局ではメール便に代わるようなサービスが始まるのでしょうか」と聞くと、丁寧に教えてくれた。小型小包を180円で送れるスマートレターというサービスが首都圏から順次始まるそうだ。

確かに他社のことではあるが、郵便と宅配便はライバルである。ライバルのことを知らないのでは、競争に勝てない。郵便局の窓口の女性は、クロネコメール便廃止のことも良く知っていて、「まだ仙台地区ではスマートレターは購入できませんが、出すことは出来ます。ネットで購入できます」とPRもしっかり。

スマートレターは、レターパックの廉価版のようなもので、本1冊くらいなら冊子小包より割安で送れる。仙台でも買えるようになれば、利用してみたい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ