2016/12/2

G現谷4  三葉虫

石灰岩の風化面に化石がいくつも浮き出ている。
その一つをよく見ると、
クリックすると元のサイズで表示します

赤マル部分の拡大

クリックすると元のサイズで表示します
小さな三葉虫の尾部を発見!
Neogriffithides imbricatus(ネオグリッフィティデス・イムブリカタス )
0

2016/12/1

G現谷3  ラン

地面には、石灰岩が転がっている。
クリックすると元のサイズで表示します

石灰岩のそばにエビネ(ラン科)が生えている。
クリックすると元のサイズで表示します
エビネの開花時期に来てみたいな。

石灰岩の風化面を丹念に見ていくと、ある石を見つけた。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/30

G現谷2  サンゴ

ペルム紀の床板サンゴの管サンゴ
クリックすると元のサイズで表示します
シノポラ(Sinopora sp.)?

床板サンゴは、水平横板の床板で仕切られているが、隔壁と呼ばれる縦の仕切は発達
していない。
よって、この個体も隔壁がなく筒状になっていることが分かる
(同時代に生息した四放サンゴは筒状の殻の内側にある隔壁が 4または 4の倍数になっている)
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/28

G現谷  化石

西日本で有名なペルム紀石灰岩化石産地のG現谷(S県)に、週末に行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

斜面に落ちている石灰岩の風化面を見ていく。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/11/27

グラスジェムコーンH28  その他生物

今年はベランダ栽培になったグラスジェムコーン🌽
7月のキタカミ巡検で不在の時に、穂は出ていたが枯れてしまいました。

その後、再度、種を播き再チェレンジするも、
小さな穂は出ましたが、寒くなりうまく受精せず。

結果はこれだけ
クリックすると元のサイズで表示します
悲しい結果となってしまった。



おまけ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
Aerodactyl is a Pokémon from the age of dinosaurs. It was regenerated from genetic material extracted from amber. It is imagined to have been the king of the skies in ancient times.


図鑑ナンバー:142
日本語名:プテラ
英語名:Aerodactyl
Aerodactyl=直訳すると空中(aero)の指(dactyl)
0

2016/11/5

キタカミ再び7  ジュラ・三畳

堤防整備が進んでおり、私がここで初めてアンモを採った場所は、
コンクリートで固められていました
ジュラの浦より転石が少ないなか、なんとか小アンモを見つけ、
ジュラ坊主にはならなくてすみました。
クリックすると元のサイズで表示します
しかし、割れてしまった😵 痛々しい

ハマギク
クリックすると元のサイズで表示します

キタカミは遠くなりましたが、また再訪したいな。
今回行けなかっだジュラの岬やペルムのB沢など⛏
勿論、古生代も⚒
0

2016/11/4

キタカミ再び6  ジュラ・三畳

三畳紀の産地を切り上げて、ジュラ紀のアンモ産地へ。

まずはジュラの浦へ
クリックすると元のサイズで表示します
転石を見るも何も採れず。
この近くの場所も立ち寄りましたが、ここは草に遮らて転石がみにくく断念。

ジュラの権へ。
クリックすると元のサイズで表示します
海岸堤防工事中🚧
0

2016/11/3

キタカミ再び5  ジュラ・三畳

三畳の館で携帯を開き、Pokémon を見ると、
化石にまつわるジム発見
クリックすると元のサイズで表示します
ウタツギョリュウ

魚竜でとは同じ中生代でも生息した時代も違うが、同じく海竜の首長竜がモデルのラプラスがいた。
古生物がモデルのオムスターかオムナイトをジムに置こうかと思ったけど、
ジムの色が違うので共存できない。

ちなみに、アンモナイトが産出する三畳の館にはポケモンは何もいません。
クリックすると元のサイズで表示します
同じくPokémonをしているBさんと先日石炭の鬼で話しましたが、
こういう化石産地にこそ、オムナイトやオムスターを出すべきでは
0

2016/11/2

キタカミ再び4  ジュラ・三畳

M城県のアンモ産地は一人で訪問(HさんはI手県で三葉虫採集)

まずは、三畳の館へ
クリックすると元のサイズで表示します

転石を層理に沿って割っていくもなかなかアンモにおめにかかれない。

やっとこさでてきたのがこれ

クリックすると元のサイズで表示します
(石の端で切れているアンモの箇所の幅:3cm)
0

2016/11/1

キタカミ再び3  三葉虫

デボンの森では、まだクリーン前のものですが、幾つか三葉虫が採れました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
頭鞍に左眼

クリックすると元のサイズで表示します
カモメ
反対側もあるので、接着してクリーニングかな。
白く、この産地では珍しく殻が残っている。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ