国民新党のマニュフェストは政党の中でも難しいのでは?  

色んな政党があるから、それぞれが日本を良くしようとするマニュフェストも異なる。

どれもマニュフェストを見るといい事を言っていますが、実行に移す事って難しいと思います。

政党マニュフェスト国民新党の財政・税制は、消費税は上げずに日常生活品目はゼロ税率です。

消費者の私としてはとっても嬉しい話。

ただ日本の現在の状況から、日常品の税率ゼロでは難しいのではと思います。

税率を上げればいいって問題でもないと思うけど、ゼロにすることで何処からこの分の費用を工面するのか。

また所得税が上がるなどでは、どんなに税率を下げたとしてもお金を出す人が減ってしまうと思います。

給料が下がると自然と節約に走る。

そうさせたのもこれまでのツケのようにも感じます。
子育て・教育に関しては、高校教育の無償化。

また仕送り減税を創設です。

高校は何かとお金が掛かり、義務教育ではないので絶対行かなくては行けないということはありません。

でも不況の今、高卒でなければ就職先が見つからない。
ニートが増えたり犯罪者が増えたりと、デメリットが多くなります。

そう考えると高校の無償化は、今後の為にも役立つマニュフェストだと思います。
0

今利用しなくても予備の為に  

今すぐカードローンを利用しなくても急なまとまった出費や困った時にと予備の為に持っていてもいいですよね。

そう思って以前にカードを申し込み持っていたので先日遠くに住んでいる身内が急に亡くなり余分なお金がなかった為にカードローンを利用することになりました。

そもそもカードローン自体あまり良いイメージを持っていないので利用することに抵抗ありましたが何かあったときに予備としてカードを持っていたのが役に立てて良かったです。

そのお陰でお葬式に参列できた上に最後のお別れも出来て、なんせ遠いので普段こんな時しかなかなか会えない親戚にも会えることが出来たのですから。

お葬式となると香典や供物モチロンのこと色んな細かいモノまで出費が多い上交通費もバカになりませんよね。

それに遠いので暫く親戚のみんなとゆっくりしたいので1週間ほど滞在してましたのでお金も余分に持っていくに当たってカードローンで利用することになったのです。

とはいえ、カードローンを利用しすぎると個人信用情報に傷がついてしまうので、こういうときでなければ、あまり利用しすぎない方が良いんだろうなーなんて思っています。
(個人信用情報について知らない人は「個人信用情報って何?」を参考に)

過去の利用履歴とかが大きく影響しますからね。こういうことを考えると、カードローンって便利ですけど使い方は慎重にしないとなーと思いますよね。

でも、まぁ、最後のお別れも出来て悲しみを共にしながら親戚と思い出話もできて良かったです。
0




AutoPage最新お知らせ