<収録作品は『こころ』などです> 夏目漱石全集(8) [ 夏目漱石 ](取扱:楽天ブックス)  小説

ショップの商品ページ⇒夏目漱石全集(8) [ 夏目漱石 ]


■目次
こころ/道草


■青空文庫から『こころ』を一部抜粋


 私(わたくし)がその掛茶屋で先生を見た時は、先生がちょうど着物を脱いでこれから海へ入ろうとするところであった。私はその時反対に濡(ぬ)れた身体(からだ)を風に吹かして水から上がって来た。二人の間(あいだ)には目を遮(さえぎ)る幾多の黒い頭が動いていた。特別の事情のない限り、私はついに先生を見逃したかも知れなかった。それほど浜辺が混雑し、それほど私の頭が放漫(ほうまん)であったにもかかわらず、私がすぐ先生を見付け出したのは、先生が一人の西洋人を伴(つ)れていたからである。


■『こころ』などの著作権が切れている作品は青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)でも読むことができます。



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ