篠沢潤一&とほかみえみためのうつ病迷走日記

『おわら風の盆 再び八尾へ』

篠沢潤一のペンネームで文芸社より刊行中

 

カレンダー

2017年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

最近のコメント

掲示板

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:あきりん
2016/9/18
「ノートPC&マックスバリュ扶桑の周りの閉店&無くなって気づく有難さ」の記事にコメントさせて頂いた あきりんです。

コメントの補足です。

マックスバリューや周辺店舗等、一帯の地主はA社です。約20年前、A社と複数の店舗が『20年間 値上げナシだが、20年間借り続けること』とする契約し、ビバリータウンが出来ました。

が、景気・大型店進出などの環境の変化から、事業縮小を決めた店舗は撤退。

撤退する店舗は、地主A社と契約した都合上、20年間は借りていなければならないので、撤退する店舗会社がが建てた空き店舗を他店に来て貰って貸し、撤退した会社が地主であるA社に払っています。

地主であるA社は、最初に契約を交わした複数の店舗(会社)から受け取っているだけ。
最近まで経営していた周辺の店舗は、地主と直接 関わっていない事になります。

よって地主が強欲だから次々店舗が出ていった わけではありません。

それと、現在 工事をしている一帯は 貴方が書いておられた『マンション建設』ではなくマックスの建て替えだそうです。

マックスはそのうち撤退する と言われていましたが、貴方の見解=『地主が強欲だから』なら、なおのこと建て替えてまで続ける決定はしなかっただろうと思います。

ビバリータウンに今後、どんな店が入るかは テナントミックス次第だそうです。

間違った情報で誹謗中傷はよろしくないかと。
乱文 失礼しました。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

今見てる人

ジオターゲティング


ジオターゲティング

NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

降水短時間予報

アマゾン

RSS

eBOOK・OFF(販売)

eBOOK・OFF(買取)

ワインショップ エノテカ

Wine Shop ENOTECA

はやぶさ2嘆願署名

メッセージBOX

ロイターRSS配信

薬事日報社RSS配信

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ