2011/12/31

感謝して。  オーノさんもろもろ。

タイトルを書いたら、急にSMAPの同名ソングが聴きたくなり、
YouTubeを検索してしまいました。

SMAPも売れまくっているころの曲しかしらないけど、
いい曲があるよね。

さて、今年も終わりです。
あまり定期的に更新できなかったけど、
今年も嵐さんたちに、元気や安心や癒しをもらいました。

私は元旦生まれなんですが、
今年の大野さんのバースデーメッセージがとても素敵で、
それに励まされてスタートしました。

3.11があり、水害があり、
そうでなくても、世界にはさまざまな紛争があり、
それは人が起こしていることだったりもして、
一体何を信じたらいいのか、
自分は何ができるのか、と、
ただ不安になることが多い年でもありました。

でも、そんな中でも、
嵐さんたちは、間違いなく、いつもの場所にいてくれた。
あんなにバーチャルなはずの人たちが、
ものすごく存在感をもって、確かな温度を持って、
一緒にいるよ、と、自分たちもみんなと同じように思っているよ、と、
示してくれていた。今も、示し続けてくれている。

トップアイドルで、時間的にも、物理的にも、
大変な制約がある中で、TV画面に映る姿に、ラジオから聞こえる声に、
雑誌のインタビューでの言葉の選び方に、
いつも、誠意を感じさせてくれた。

それは、多分、彼らが常に持ち続けているファンや仕事に対する誠意と、
同じ根っこにあるものに違いないのだけど。

そのことに、そんな人たちを好きになったことに、
誇りをもてたし、感謝したい1年だったと、
今、しみじみと思います。

今年が終わっても、多くのとてつもない問題は変わらずあって、
何の区切りがつけられるわけでもない。
でも、2011年が終わる最後の日の“国民的番組”を
嵐さんたちの人柄で、あたたかく良いものにしてほしい。
新しい年を迎えるまでの数時間、
まるで、非日常の“ハレ”のような、
素敵な時間となりますように。

皆さま、良いお年を。
そして、2012年が、皆さまそれぞれにとって、
佳き1年となりますように。
感謝!
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ