すずき・としむね★1972年静岡市生まれ。早稲田大学在学中に応援部主将(応援団長)を務める。卒業後、様々な職種を経て、2000年よりルポライターとして活動を開始。著書に『「だましだまし生きる」のも悪くない』(光文社)、『なでしこという生き方―日本女子サッカーを拓いたひとりの女性の物語』(セブン&アイ出版)、『地獄の伊東キャンプ 一九七九年の伝道師たち』(大修館書店)がある。

2015/7/11

澤地久枝さん、SEALDs(シールズ)にエール!  reportage
 ノンフィクション作家・澤地久枝さんが提唱する「7月18日(土)午後1時、『アベ政治を許さない』というメッセージを全国で一斉に掲げよう!」行動に賛同する落合恵子さん、神田香織さん、小林節さん、鳥越俊太郎さん、村田光平さん、渡辺一枝さん(順不同)が7月8日、東京・日本記者クラブで会見しました。
 この模様は翌日の新聞などで一報されていますが、質疑応答において澤地さんが以下のような熱い心情を述べられましたので、ここに報告します。

 ―いま、全国で安保法制に対する反対の声、抗議行動が起きており、ここにきてとくに若い世代の頑張りが目立つようになってきたが……。
澤地「私自身の所存で言えば、SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)をはじめ若い人たち、あるいは彼・彼女たちの子どもや孫たちのためを思って、いま命がけでやらなければいけないと思っているわけです。だからいま、若い人たちが集まって、ずいぶん勢いよくやっているのは、すごく頼もしいと思っています。70年間、日本は一人の戦死者も出していない。戦後の日本の焼け野原を見たとき、世界中の人が『やっぱり戦争はよくない』と思ったはずです。戦後の日本は世界のお手本になるべく『あの国はいい』と言われるよう努力してきた。しかしいまや、(政局は)無残なものです。この国はこのまま行くと必ず徴兵制を敷きます。そうなれば、出て行って殺されるのは、結局は名もない人たちです。いま、(賛同者)みんなが一致して、全国でこの『7・18』の行動をやろうと言ってくださっていますから、もちろん若い人たちがこれに賛同してくださることには大賛成なんです。SEALDsをはじめ若い人たちの声と、私たちも世代を超えて、すべての世代が手をつないで行かなければいけない。いましかないんです!」

クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 澤地久枝 SEALDs

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ