メタボリック症候群を放置しておくことは動脈硬化へ  


メタボリック症候群の予防が恐ろしい病気の予防につながるのです。



メタボリックシンドロームの予防は生活習慣の見直しから。



歩く距離を増やす、夜食を減らす、

軽い運動をするなどの小さなことからはじめてみましょう。



健康維持のためにはメタボリック症候群解消が

必要だといわれますが、どんな理由があるのでしょう。


それは、

この症状が恐ろしい病気の予備軍になりやすいと見なされるからです。



血圧の上が130mmHg以上、または下が85mmhg以上ならば高血圧。



両方が当てはまる時も高血圧です。



高血糖は、空腹時血糖が110mg/dl以上の場合が当てはまります。


メタボリック症候群を放置しておくことは

動脈硬化へどんどん進んでいるということだと思ってよいでしょう。



ですから普段から運動不足の人や生活が不規則な人、

食生活が乱れている人、肥満気味の人はメタボリック症候群のことを

意識して小さなことからでも予防に努めることをおすすめします。


 ⇒ 詳細はこちらをクリック




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ