長崎でシーカヤック

シーカヤック長崎のブログです。

 

カレンダー

2017年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:iwana
2気室のものだと破損によるリスクは確かに軽減されますね。パドルフロートをうっかり手放した場合、(インフレータブルのように)飛ばされてしまおうと(フォーム形態のように)近くに漂っていようと荒れた海ではたいした違いはないでしょう。うっかりと手放さないようにすることが肝心ですね。
パドルフロートはけっこう高価ですから長持ちするウレタンフォームのものに軍配をあげたくなります。
投稿者:しんのじ
よくわかります。僕がトラブルに見舞われた時の一発目が、リエントリーロール失敗⇒喘息様発作でリトライ断念⇒インフレータブルパドルフロートでのリエントリー試行中にパドルフロート流失、でした。それ以来、膨らますタイプは2気室の大型のものを選び、真鍮のアイが付いたものとし、そこに太いバンジーを長めに取り付け、必ずパドルに巻き付けて使えるよう工夫しています。
浮力体入りパドルフロートも、デッキが空く時や荒れた時には携行します。たしかに腰掛や枕にちょうどよいサイズですね。スキンは丈夫だし、安心して多用途に使える点は助かります。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ