2012/3/21

中古ダンプの買取してもらった【新明和・三転ダンプ紹介】  中古ダンプの買取

先日、中古ダンプを買取って貰いました。
かなり年季の入ったものでしたが、予想以上の高値で買取って頂けました。

この買取業者さんを見つけるまで、
かなり色んな業者さんに見積りを依頼したりとしていたのですが、
最終的に良い業者さんに巡り会えて良かったです。

お話を伺ったところ、かなり古い車輌でも買取を行なっているようですので、
これから中古ダンプを売ろうと思っている方には良いと思います。

参考までに載せておきます。⇒中古ダンプ買取業者


さて、古いダンプを買取って頂いたので新しいダンプを購入しようと考えています。

次は三転ダンプが欲しいと考えて居ます。


三転ダンプとはその名の通り、三方向にダンプ出来るものです。


クリックすると元のサイズで表示します




今日は新明和の三転ダンプを紹介したいと思います。


三転ダンプトラック
業界初の「リンク式ダンプ機構」を搭載したことにより、排出性能をいかんなく発揮させました。
右に、左に、後ろに、自在にダンプ。 よりスムーズな作動と高い信頼性で、
ダンプ作業の効率が大幅に変わります。


狭い工事現場や交通量の多い道路でもスムーズなダンプ作業で活躍している新開発の三転ダンプ、
先駆の高性能ダンプ機構を搭載して生まれ変わりました。
リヤダンプ並のスムーズなダンプアップ作動に、まずは驚くことでしょう。
操作性、作業性にも新明和ならではの気配りを満載。
働く人の身になって考えられた“業界をリードする”三転ダンプトラックです。


特長

(1)先駆のリンク併用単筒シリンダの採用で、排出性能・メンテナンス性を向上
  シリンダにはリンク併用単筒シリンダを採用。ダンプ時のショック、上昇スピードの変化を解消しました。
  分割降ろしやビリまき作業も容易になりました。
クリックすると元のサイズで表示します
(2)土砂をスムーズに排出するため、開口高を60mmアップ。開口幅を34mmとワイド化
(3)ダンプ方向切換えレバーの小型化で、キャブ内の快適な居住性を実現
(4)大きな角度で一気に排出、後方最大ダンプ角55°
(5)ボデーをがっちり支えるカプラ式ヒンジロック
(6)業界初のケーブル式(特許)の採用で、ヒンジコントロール装置の信頼性を向上
(7)床面高が50mm低くなり、手積み作業も容易
(8)建機積込み時のボデー浮上防止性が向上



新しい車輌の購入も、買取でお世話になった業者さんに依頼しようかと考えて居ます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ