1月から3月までの総括  釣行

1月25日 明宏丸 
2月25日 明宏丸
3月4日 力漁丸
3月28日 力漁丸

全てヒラメ釣りでした。
 明宏丸は 5-12メータ水深が浅く比較的サイズが大きい事がある
 力漁丸は 20メートル前後、3月後半になると80メータくらいでマハタ交じりのケースがある。

  今年の釣果は、丸坊主が2回、 最高 4匹でした。 3月28日はヒラメ0 マハタ 1でした。

  3月半ばになると、魚が小型となるので、ハリスは3号又は 2.5号くらいが食いつきが良いようです。 隣で ライトタックルで釣っている人が 5枚の釣果でした。

同行した友人は、沖上がり)直前に、1キロ弱のヒラメを吊り上げ、喜んでいました。

これからは、鯛のシーズンです、こませ鯛、一つテンヤで鯛を狙いたいと思っています。

0

 

厳冬の鯛釣り  釣行

2月17日(日)東京湾保田 東丸
朝5時半集合、前日から、冷たい強風が吹き荒れ、出船を危ぶんでいましたが、船長から、出船できますという返事で、釣行グループ6名、期待を胸に保田港に集合した。
保田近くで、船長からの指示に合わせて水面から棚まで落とし
込み、あたりを待つ、を繰り返し、なかなかあたりが来なくて、きょうは、活性が悪いな、と思っていたら、竿先が軽く水面にひかれるような気がしたので、軽く合わせて、ドラッグも緩め、逆らわない様に巻き上げ、自分では時間があまりかからなかったと思ったけれど、友人に聞いたら15から20分くらいかけていたということでした。魚影が見えてきたら、赤かったので、鯛と確信した。、吊り上げたのが、この日1番の大鯛で、軽量したら3キロ丁度でした、その日は、これ1枚で、同行の友人の一人が鯛1枚、他の4人は外道のアジ、メバル、さば他にさめ3匹(リリース)でした。
鯛釣りシーズンには少し早かったので、来月下旬からのシーズンにはもっと楽しめるのではないかと期待しています。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

 

一つてんや真鯛  釣行

6月3日、8日、15日と3回、一つテンや真鯛に挑戦しました。
昨年、勝浦の鈴丸さんの午後鯛で、釣果も満足しておりましたが、船長が、腰痛のため、午後鯛は止めるとのこと、同じ港で、一つテンや真鯛専門の、良幸丸さんにお世話になりました。
6月3日は今シーズン初めて、6月だから、水深も浅いことを予想しての釣行でしたが、水深60m〜40mで潮も早く、底立ちが取れず苦戦しました。この日の釣果は、真鯛0、ショウサイフグ(ビール瓶サイズ)1、花たい2でした。

6月8日は前回の反省から、重いテンやを用意しして再度挑戦しました。海上は、うねりと風の影響で、ばたばたして釣りにくい状況でした。潮はあまり早くはなかったのですが、2枚潮とのことで、外道も全く釣りないまま、納竿となりました。

6月15日は前日、14号のかぶら(炎月)、鯛ラバー及びエビ餌を準備して、釣行しました。海況は8日より穏やかでしたが、水深は相変わらず深く、多少慣れてきたのか、底立ちは、とりやすくなってきました。しかし、外道も含めて、食いが立たず、本日も、釣果なしかと思いながら、夕まずめとなり、14号のかぶら(炎月)に替え、とうとうえさが最後の1匹になり、最後の一投、左艫から左前に15mほど投げ、丁度船の真下辺りで底立ちがとれるようになり、ゆっくりと引き揚げ、又そっと落とし込んだ所で、グーと、竿が引き込まれたので、思い切り、竿を跳ね上げ、ゆっくりと、巻き上げたところ、3.8kの真鯛でした。クリックすると元のサイズで表示します
0

 

乗っ込み真鯛釣り  釣行

久々のブログ投稿です。
4月12日、久里浜、むつ六さんで、専用竿を買ってから6年間これまで1度も真鯛を釣ったことのない竿で、こませ真鯛に挑戦しました。久里浜沖、海上は穏やか、3号10mでオキアミのダブル掛けで3投目にギューという感じで、竿に負荷を感じ、ゆっくりと巻き上げた結果、上がったのは2.3キロの真鯛でした。半日頑張って、1枚でしたが、今シーズン初めて、釣れない竿での、初釣果となり、幸先の良い釣りでした。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/6/17

のっこっみ真鯛つり  釣行

5月17日火曜日
前回の、真鯛釣りで、多少自信がつき、再び、久里浜ムツ六さんから挑戦しました。
朝3時に、到着し、場所取りをしました。今日も、海上は穏やか、久里浜沖、前回と同様、3号10mでオキアミ餌で、流し、今回は、1キロが2枚と大鯛は出ませんでしたが、楽しい釣行となりました。小さいので写真は撮りませんでした。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ